八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

会計処理ミス? 市内2事業所、年金保険料を満額納付せず

50代男性に影響
 石垣市内の事業所2カ所が合わせて9年余りの間、50代の男性従業員1人から源泉徴収した年金の保険料を満額納付せず、源泉徴収分と実際の納付分の差額合わせて数十万円を男性に返還していたことが分かった。  差額分を年金の給付額に反映させる期限はすでに過ぎており、男性は適切に保険料を納付した場合よりも低い年金しか受け取ることができない。男性は「私と同じような状態になっている人がいるのではないか」と話している。  事業者は、石垣社会保険事務所に報告する給与の金額を、実際に支払った金額よりも低くするなどしていたため、年金保険料の事業者負担分も低くなり、源泉徴収分と実際に納付した保険料の間に差額が生じた。  調査を行った石垣社会保険事務所では「会計処理が間違っていたようだ」としている。  同事務所によると、期限までに納付していない保険料を年金の給付額に反映させるには、納付期限から2年以内に納付しなければならないが、今回の問題はいずれも発覚から2年以上経ぎており、年金の給付額を改めることができない状態になってしまった。  男性は「年金保険料の支払い方法を根本的に改めてほしい。私以外にも、同じような状態になっている人がいるのではないか。保険料の納付状況を確かめるうえで給料明細は大切。保管しておいてほしい」と話している。
  • タグ: 年金
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム