八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

夏休みの生活体験を発表 東部地区学力向上対策委

 【西表】東部地区学力向上対策推進委員会(屋宜靖会長)主催の夏休み生活体験発表会が8日、町離島振興総合センターで開かれた。  会場には古見小、大原小、大原中の児童生徒と父母、地域住民らが集まり、児童生徒代表8人の体験に耳を傾けた。  発表者は豊原子供会の桑原明日香さん(大原小6年)、小橋川共希君(大原中1年)、大富子供会の安里祐羽子さん、仲宗根佳乃さん(大原小6年)、中川海南さん、金城真央さん(大原中1年)、古見美原子供会の中沢優喜君(古見小6年)と同育成会の屋宜加陽子さん、大原子供会の玉盛結さん(大原中1年)と同育成会の新操さんら。  西表の海に魅了された転入生の中沢君や美しい海で目にしたゴミから環境問題を考えた安里さん、仲宗根さんらは祭りなど地域体験での達成感と、キャンプなど楽しい体験を支えてくれた人々への感謝を述べ、地域の一員としての誇りと子供会リーダーの自覚を感じさせた。  育成会の屋宜さんと新さんは子どもたちと共にした体験の喜びを語り、「地域と育成会は応援団。みんなの夢や目標をいくらでも応援するから頑張って!」とエールを送った。(山城まゆみ西表東部通信員)

ページ移動

キーワード検索フォーム