八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山のモデル校に

 県内初の自転車マナーアップモデル校となった真喜良小学校。筆記試験や実技講習など独自の取り組みはこれまた県内でも例を見ないとのこと。自転車通学が許可されている児童らもヘルメットを着用するなど徹底されている。自転車のマナー向上、ルール順守が真喜良小から八重山地域全体へとつながるよう期待したい。  クルーズフェリー「飛龍」「飛龍21」を所有する有村産業(那覇市)の6月5日での航路運休は、郡内に大きな衝撃を与えた。郡内では航路継続に向け、議会での議決や市町会での要請行動に加え大浜長照市長が新会社での運航継続の模索に「岸壁使用料の免除や財政支援の可能性」についても言及し、全面的に支援する考えを示していた直後だけに、運休はまさに「寝耳に水」。  自転車競技の新城幸也選手がツアーオブジャパンなどで活躍しており、北京五輪代表選手の有力候補となっている。新城は父親の知人で日本を代表するロードレーサー福島兄弟の誘いを受け、高校卒業後、自転車競技の本場・フランスへ留学。みるみると成長を遂げてきた。ふだんは明るい気さくな若者で、とても世界で戦っている選手に見えないが、レースでの気合は違う。この調子で八重山初の五輪選手に。

ページ移動

キーワード検索フォーム