八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

昨年、GPS(全地球測位システム)対応の…

 昨年、GPS(全地球測位システム)対応のデジタル地図の一部が、石垣島ほかの離島でズレを生じていると書いたが、先日チェックしたところ、正確な位置を表示した▼人工衛星を使って自分の位置を知るこのシステムは、カーナビや携帯電話などで普及している。見知らぬ土地で、目的地を探すのに便利だが肝心な地図位置が正確な位置を表示しなければ役にたたない▼地図販売会社や国土地理院に問い合わせたところ、国土地理院から一部民間会社で251メートルのズレを生じており、日本地図調製業協会へ業界としての対応を検討するよう指導した、という回答が返ってきた▼GPS地図の位置ズレは世界共通の「世界測地系」に基準が統一されたものの、一部会社が日本独自の「日本測地系」を使い、補正していなかったためだった▼国土地理院によると、ズレは石垣島のほか竹富町各島、与那国だと248メートル、多良間島は実に560メートルの誤差があった。これだけ誤差があると、目的地にはなかなかたどり着けない▼国の指導で業界もこの問題を改めて認識したというが、補正がどれだけ進んでいるのかは分からない。ただ、正確さが基本の大手地図販売会社の一部で、数年間も不正確な商品を販売していたことには問題が残ろう。(黒島安隆)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム