八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

離島住民は悲鳴

 ガソリン税の暫定税率の期限切れが秒読み体勢となり、消費者はガソリン価格の大幅引き下げを期待していることだろう。だが、石油元売りが、復帰特別措置法が適用されている沖縄には同税率廃止後も現行税率価格での出荷を予定しているという。さらに、同税率廃止が適用された場合は、離島への海上輸送費補助が無くなり、その分が価格転嫁される可能性があり、離島では、どこに転んでも、ガソリン価格は安くなりそうもない。  はしかの予防に向けて、八重山福祉保健所が積極的な姿勢を見せている。26日には、沖縄本島での流行について八重山の報道機関に情報提供を行った。はしかへの対応では、去年5月、患者が石垣市内の医療機関を受診してから保健所側に連絡が来るまでに3日間かかったという苦い経験がある。年度末年度始め、春休みで、沖縄本島と八重山の間を移動する人が増える期間。はしかに関心を持ち続けたいところ。

ページ移動

キーワード検索フォーム