八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「またきょうも雨か」「きょうは晴れて良かった」と…

 「またきょうも雨か」「きょうは晴れて良かった」と市民1人ひとりが毎朝、わがことのように天気を心配した約3週間の千葉ロッテの石垣島初キャンプも終わり、やれやれと思っていた矢先に、妙な話が聞こえてきた▼それは市長が球場などの施設使用料を無料でもいいとキャンプが始まる前にロッテ側に約束したらしいというものだ。もしそれが事実とするならそれはいかがなものかと思い他の市町村も調べてみた▼その結果、県内では12球団のうち9球団がキャンプを張っているが、これらの市町村はすべて球場のほか屋内練習場やサブグラウンドなども施設使用料を徴収していることがわかった▼そのうちヤクルトの浦添市と阪神の宜野座村は最大の5割、オリックスの宮古島市が3割、楽天の久米島町、中日の北谷町もそれぞれいくらか減免しているが、残りの横浜の宜野湾市、広島の沖縄市、日本ハムの名護市は100%徴収し、宜野湾市は600万円ほどの収入があるという▼その後石垣市も他の市町村同様、使用料を徴収するようにしていることがわかったが、それは当然だろう▼財政が厳しい中で施設整備にも多額の予算を投入しており、いくらプロ野球のキャンプ効果が大きいからといっても、無料では市民の理解は得られにくいだろう。(上地義男)

ページ移動

キーワード検索フォーム