八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島ロケ スタート 社会派映画「KIZUKI」

 社会派エンターテイメント映画「KIZUKI」(監督・瀬木直貴、脚本・松本稔)のロケが市内で行われており、海岸清掃シーンのエキストラを募集している。  作品は南の島を舞台に、サンゴの白化現象や赤土問題など地球環境を題材にしたドキュメンタリードラマ。これまで人間が「築き」あげてきた文明のなかのほころびに「気づき」、これからの未来を「築いていく」という思いを込めてタイトルを「KIZUKI」としたという。  出演者は子役の中村大地君をはじめ、ドラマ「ちゅらさん」でおなじみの藤木勇人、そして中嶋朋子、鶴見辰吾、峰岸徹、遠藤久美子、奈美悦子、EIJI、若村麻由美、野口健、大桃美代子、王理恵さんら豪華陣。撮影は「老人と海」などの作品でも知られる清水良雄氏。  瀬木監督は「この作品を見終わったあと、皆さんが地球環境の危機を理解し、自分に何ができるかを考え、小さなことからでも行動してくれたらうれしい。作品と似た環境にある八重山の人たちに対し「島の皆さんの周りには豊かな自然があふれ、当たり前の環境と思っているかもしれないが、とても恵まれている環境ということに気づいていつまでもこの自然を守り続けてほしい」と話し、藤木さんは「自然に関して包み隠さず描いた作品なので、この作品を見た人たちにはいろんな視点から環境について考えてもらいたい」と語った。  海岸清掃エキストラの人員は200人で、参加者にはTシャツと軽食が準備されている。持参するものは軍手とタオル、帽子。  同シーンは3月8日の撮影で、エキストラは午前9時に東運輸バスターミナルから貸し切りバスで移動。撮影は午後5時までを予定しているが、午後1時のメーン撮影以降は自由参加。  申し込み・問い合わせは制作委員会事務局(古賀さん、奥園さん、0942-51-6111)まで。

ページ移動

キーワード検索フォーム