八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

田中照代選手も石垣入り 北京パラリンピック日本代表

 北京パラリンピック車いす女子短距離日本代表の田中照代選手(48歳)=岐阜県出身=が28日に石垣島入りし、合宿を行っている。  田中選手は車いす女子800メートルの元世界記録保持者だったが、世界レベル大会の競技縮小で中距離種目がなくなったため、2007年に急きょ短距離に転向。パラリンピック陸上競技元日本代表監督でアスレチックトレーナーの三井利仁さん(43)=石垣市名蔵=に指導を仰ぐため、石垣島を合宿地に選んだ。  すでに100メートルと200メートルのA標準記録を突破している田中選手は「出場するからには金メダルを目指すが、まずは世界記録を塗り替えることを考え、練習に励む」「短距離は中距離と違って呼吸やタイミングのバランスが難しいので、この合宿でしっかり技術練習をしたい」と語った。  石垣島の印象について「とても暖かく、競技場も練習しやすい環境。体をほぐしてモチベーションを上げていきたい」と笑顔を見せた。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム