八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ケガをしない体つくりたい 大嶺祐太投手

 大嶺祐太投手は30日夕、「最近まで石垣島にいたが、しっかりやらないといけないう気持ちになった」と空港に降り立った際の心境を語り、「石垣島は暖かく、小さいころから野球をやっているところなので1番投げやすい場所。投げ込みをしっかりし、ケガをしないよう体をつくりたい」と意気込んだ。  空港では祖父母の出迎えを受け、セレモニーでは約3000人の熱い視線を集めた。大嶺が2番目に紹介されると、ひときわ大きな歓声が拍手が起こり、花道で握手攻めに遭うなど、熱狂的な歓迎を受けた。  セレモニー終了後、大嶺は「こんなにたくさんの人が来るとは思わなかった」と驚いた様子をみせ、自身にかかる期待の大きさを実感したようだ。  市民へのメッセージを問われると、「石垣島ではこれまでプロ野球のキャンプを見る機会がなかったが、子どもたちに見てもらって野球の楽しさを知ってもらいたい。1日でも多く球場に見に来てほしい」と呼びかけた。

ページ移動

キーワード検索フォーム