八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大嶺祐太が児童ら激励 ロッテ杯・大嶺旗学童野球

 第2回千葉ロッテマリーンズ杯・第1回大嶺祐太旗学童軟式野球大会(主催・八重山郡学童野球指導者会)が19日から2日間の日程で開幕し、市営球場で行われた開会式で大嶺投手が始球式を務めた。  大会は、八重山商工高校出身の大嶺祐太投手が入団した千葉ロッテマリーンズが石垣市との交流を深め、少年野球の技術向上に寄与することを目的に開催した。  開会式では優勝旗が大嶺投手から、実行委員長の大濱明彦さんに手渡され、来賓の大浜長照石垣市長らがあいさつした。  選手宣誓では、少年オリオンズの上江洲安志主将が「僕たちは野球が大好きです。僕たちに野球をやらせてくれるいろんな人たちへの感謝の気持ちを忘れず、正々堂々と元気よくプレーすることを誓います」と力強く宣誓した。  プロ野球選手として、市営球場に戻ってきた大嶺投手は児童らに「しっかりと目標を持って、野球を楽しみ、けがのないよう頑張ってください」と激励、児童らは元気よく「はい!」と返事した。  始球式後、大嶺投手は2月から始まるロッテの石垣島キャンプについて「選手の顔や名前をしっかり覚え、キャンプを盛り上げて成功させて下さい」と話した。

ページ移動

キーワード検索フォーム