八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「ANA」の検索結果は以下のとおりです。

ANA、新型機が就航開始 座席数、約1.2倍に

羽田—石垣線で14日から運航を開始したANAの787—9型機(手前)。従来機より座席数も貨物量も拡大している。羽田—石垣線で14日から運航を開始したANAの787—9型機(手前)。従来機より座席数も貨物量も拡大している。
羽田—石垣 観光客131万人達成に期待
 従来機より約1・2倍の座席数、搭載貨物量を誇る全日本空輸(ANA)のボーイング787—9型機が14日、羽田—石垣線で就航を開始した。観光のトップシーズンとなる夏休み期間の8月末まで定期運航する。期間中の提供座席数は前年同期比17.9%、5880席の増。観光業界は、昨年以上の送客で入域観光客数131万人の目標達成に期待を寄せる。  9型機は、現行8型機の胴体を延長したモデルで、細長くすらりと...
本文を読む

石垣ー羽田線に新型機 ANAが夏休み期間中

夏休み期間中、羽田—石垣線で投入されるボーイング787—9型機=2016年10月22日午前、南ぬ島石垣空港(AN石垣支店提供)夏休み期間中、羽田—石垣線で投入されるボーイング787—9型機=2016年10月22日午前、南ぬ島石垣空港(AN石垣支店提供)
4~10月 福岡便、運航再開へ
 ANA(全日本空輸)は19日、日本で初めて受領したボーイング787—9型機を、7月14日から8月31日までの夏休み期間中に羽田—石垣線の定期便機材として投入すると発表した。これにより、2往復4便の同線の座席数は前年同時期に比べて17.9%(5880席)の増加、関東方面からの観光客の入域増が期待できそうだ。期間運休していた福岡—石垣線も4月28日から10月28日までの間、1往復2便の運航を再開す...
本文を読む

ANA、羽田石垣線で座席数拡大

羽田-石垣路線に投入され、初めて南ぬ島石垣空港に到着したANAの最新鋭中型機、ボーイング787-9(手前)=22日午前、同空港羽田-石垣路線に投入され、初めて南ぬ島石垣空港に到着したANAの最新鋭中型機、ボーイング787-9(手前)=22日午前、同空港
最新鋭787—9型機が初就航
 全日本空輸㈱(ANA)は22日午前、国内で初めて導入した最新鋭の中型機、ボーイング787—9型機(座席数395席)を羽田—石垣路線に初就航させた。  同機は、787—8型機の胴体を延長したモデルで、同8型機から座席・貨物ともに約1.2倍拡大。燃費性能も23%向上するなど高い運航性能を備えている。  機内は新テクノロジーの採用で客室内湿度や耳への気圧負担を軽減、窓の大きさを広くするなど快...
本文を読む

ANA、石垣就航25周年 増便・大型化「今後も対応

職員らに見送られた滑走路に向かう石垣発那覇行のANA機=22日午後、南ぬ島石垣空港職員らに見送られた滑走路に向かう石垣発那覇行のANA機=22日午後、南ぬ島石垣空港
1路線2便から6路線26便に」
 全日本空輸(ANA)は22日、1989年7月22日に石垣空港に就航してから25周年を迎えた。石垣那覇便の1路線1往復2便から、現在は県外直行4路線を含む6路線13往復26便に増強している。南ぬ島石垣空港では当時の発着時刻の午後2時前後に合わせて記念式典があり、内薗幸一常務取締役は「新空港の開港以降、客も貨物も需要が高いので、今後の動向をみながら積極的に増便や機材の大型化に対応したい」と述べた。...
本文を読む

離島割引の適用保留 スカイマーク参入7月10日以降

 離島住民の交通コストを軽減するため、県が航空会社に補填(ほてん)して航空運賃を引き下げている離島住民等交通コスト負担軽減事業は、スカイマーク社が参入する7月10日以降、石垣~那覇間では適用されない見通しだ。離島住民が当日利用できる運賃に差が生じるためで、県は自由競争の妨げになるおそれがあると判断、事業の適用を保留している。  スカイマークは7月10日、石垣~那覇、石垣~成田、石垣~神戸の3...
本文を読む

ANA31日から東京直行便再開

コンテナ搭載中型機で運航
 全日本空輸(ANA)営業センター長の志岐隆史氏、浅田康夫販売計画部長が8日、本社を訪問、「今月末には東京直行便を再開する。話題性もあり、アピールして大勢のお客さまを運びたい」と語った。  志岐センター長らは夏場の送客に向けた関係宿泊施設との懇談会で来島したもので、「八重山はこれまで輸送力が細かったため、多くの人が本島へ行っていたが、新空港が開港して都市圏と直接つながった。星空もまったく違う...
本文を読む

石垣を中心にアジアへ ANAの大橋会長、国際線運航に期待

 全日空(ANA)の大橋洋治会長は2日午後、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートで報道各社のインタビューに応じた。その中で、新石垣空港の今後の展望について大橋会長は「石垣を中心にしてアジアに飛ばせるような(新石垣)空港にすればいいのではないかと思っている」と述べ、アジアに開かれた空港として国際線の運航に期待感を示した。  国際線の運航に大橋会長は「那覇空港をアジアの玄関口にしたいといって...
本文を読む

1月は好調な出だし 石垣発着航空3社輸送実績

ANA、20%の大幅増
 日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアコミューター(RAC)、全日空(ANA)の航空3社は7日までに2013年1月の旅客輸送実績(速報値)をまとめた。  それによると、主要路線の石垣那覇はJTAとRACが4万6023人と前年同月に比べて7.9%増。ANAは4万6087人と同20.3%の大幅増となり、好調な出だしとなっている。  JTAの羽田石垣は9380人で同21.3%増。関西石...
本文を読む

ANAの名古屋便就航 石垣発午後5時15分

「新空港に弾み」と観光業界
 全日空(ANA)は8日、名古屋~石垣路線で運航を開始した。これにより石垣空港はANAの名古屋、関西、季節運航の福岡、日本トランスオーシャン航空の東京、関西の本土主要4都市と直航便で結ばれたことになる。地元観光関係者は「新空港の開港に弾みがつく」と喜んでいる。  名古屋路線は午前9時50分の名古屋発、午後12時25分の石垣着、午後5時15分の石垣発、同7時30分の名古屋着の1往復2便。  ...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム