八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「JAおきなわ」の検索結果は以下のとおりです。

総販売額2億2236万円 JA園芸協議会

2017年度総会で表彰を受ける優良農家ら=2日午後、大浜公民館2017年度総会で表彰を受ける優良農家ら=2日午後、大浜公民館
16年度計画達成率88%
総会で兼浜会長を再任
 JAおきなわ八重山地区営農振興センター園芸協議会(兼浜秀雄会長、6部会159人)の2016年度取扱実績は、野菜類で334㌧2億1772万円、花卉類で11万4077本、464万円となり、総販売総額は2億2236万円となった。2億5200万円の計画に対し88%の達成率となったが、出荷シーズンを通してみると、前年度より増加しているという。17年度は2億8250万円を計画する。2日、大浜公民館で開催さ...
本文を読む

パイン出荷量、過去最高に

優良農家の表彰を受けたJAおきなわ八重山地区パイン生産部会会員ら=14日午後、市内ホテル優良農家の表彰を受けたJAおきなわ八重山地区パイン生産部会会員ら=14日午後、市内ホテル
優良農家5氏を表彰 JA八重山
 JAおきなわ八重山地区パイン生産部会(部会員74人、知念辰憲部会長)は、14日午後、市内のホテルで本年度の出荷反省会を行い、3品種の出荷量が合わせて51万2167玉(販売額約1億8108万)の過去最高を記録したことを報告した。知念部会長は「数年前から増産に向け取り組んできた成果だ」と述べた。  需要期と出荷のピークが一致したことと、県外販売が好調だったことが要因。県外への出荷数は約30万玉...
本文を読む

八重山肥育センター 石垣牛を増産へ 新たに牛舎1棟増設

八重山肥育センターで飼育されている石垣牛=21日午前、石垣市白保八重山肥育センターで飼育されている石垣牛=21日午前、石垣市白保
来年度着工、17年度に完成 100頭の飼育可能に
 JAおきなわは石垣牛の増産を図ろうと、八重山地区本部畜産振興センターが直営する八重山肥育センター(石垣市白保)の牛舎を現在の7棟から8棟に増やす計画を進めている。2016年度に着工し、17年度内に完成させる予定。増設される牛舎の面積は約1400平方㍍で、100頭を飼育できる。石垣牛は認知度の高まりで需要が伸びているため、現在の飼養頭数約450頭から約550頭に増やして対応する考えだ。  肥...
本文を読む

「ぴぃてぃし」(八重山代表)が3位 

JAおきなわの第7回キッズ野菜料理コンテスト決勝大会で優秀賞を受賞した「ぴぃてぃしチーム」の上地瑞姫さん、加屋本明華さん、坂東篤磨君、赤嶺丈次君(左から)=6日午後、県学校給食会JAおきなわの第7回キッズ野菜料理コンテスト決勝大会で優秀賞を受賞した「ぴぃてぃしチーム」の上地瑞姫さん、加屋本明華さん、坂東篤磨君、赤嶺丈次君(左から)=6日午後、県学校給食会
キッズ野菜料理コン決勝大会
 【那覇】「大切な人に食べさせたい思いやり料理」をテーマにした第7回キッズ野菜料理コンテスト決勝大会(JAおきなわ主催)が6日午後、那覇市の県学校給食会で行われ、八重山代表の「ぴぃてぃしチーム」が3位の優秀賞となった。  メンバーは登野城小学校6年の上地瑞姫さんと加屋本明華さん、白保小学校6年の赤嶺丈次君と坂東篤磨君。4人は、石垣牛と島野菜のからし菜などを使い、「石垣島のマーハムムヌ(おいし...
本文を読む

「新米おいしいよ」 「食味値」80点

6日から販売がスタートした日本一早い新米「石垣島産ひとめぼれ」=6日午前、ゆらてぃく市場6日から販売がスタートした日本一早い新米「石垣島産ひとめぼれ」=6日午前、ゆらてぃく市場
日本一早く販売
 日本一早い1期作の新米「石垣島産ひとめぼれ」の販売が6日、JAおきなわファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」で始まった。7日からは市内の量販店などにも並ぶ。  2014年産の1期米は、ご飯にした時のおいしさの基準となる「食味値」が80点と高い数値を記録。味、品質とも高いレベルになっている。  ゆらてぃく市場で同日午前9時から行われた新米販売セレモニーで、JAおきなわ八重山地区...
本文を読む

カボチャの拠点産地に 県農水部

カボチャの拠点産地認定を喜ぶ竹富町の川満栄長町長(前列中央)と生産農家の皆さん=26日、県庁カボチャの拠点産地認定を喜ぶ竹富町の川満栄長町長(前列中央)と生産農家の皆さん=26日、県庁
竹富町に認定書 県外市場で高値取引
 【那覇】県農林水産部(山城毅部長)は26日、竹富町を農林水産戦略品目「カボチャ」の拠点産地に認定し、県庁で山城部長が川満栄長町長に認定書を交付した。竹富町の拠点産地認定は2008年のパインアップルに続くもので、野菜の品目は今回が初めて。認定に川満町長は「西表東部地区の生産農家の地道な努力とJAの指導のたまもの。これを契機に行政もしっかりサポートし、カボチャの産地に取り組みたい」と決意を述べた。...
本文を読む

生産量は994トン 1等72%、品質良好

 石垣島と西表島の今年の1期米生産(ライスセンター搬入)実績は、玄米ベースで約994トンで前期を8トン上回った。格付けは前年に1等がゼロだったのに対し、今年は全体の約72%が1等と格付けされ、品質の良さが目立った。  このうち、石垣はライスセンターへの搬入量(玄米)が846トン。前年を21トン(2.6%)上回った。格付けは1等が73.3%、2等18.7%、3等8%。前年が1等ゼロ、2等77....
本文を読む

岩手大槌中にパイン送る JAおきなわ労組支部

 JAおきなわ労働組合八重山支部(前津圭辰支部長、42人)が19日、10個入りのパインアップル50ケースを岩手県の大槌町立大槌中学校(鈴木利典校長、生徒267人)に送った。  組合員の中から「被災地のために何かできないか」との声が上がり、石垣市とかけはし交流が続く岩手県にパインを贈ることを決め、岩手・沖縄かけはし交流協会(福岡会長)を通して、同校を紹介された。  大槌中では、昨年3月の東日...
本文を読む

年間目標の3億円突破 延べ約22万人が利用、生産者会が事業報告会

JA「ゆらてぃく市場」
昨年4月~今年1月実績
 昨年4月9日にオープンしたJAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」(幸喜英信店長)は、今年1月末で販売実績が3億739万円と年間目標の3億円を突破した。同ファーマーズ生産者会(大島正嗣会長、会員413人)が8日午後、大浜公民館で開いた「事業報告会」で報告された。今後は会員農家からの預託率を高め、地産地消を推進するとともに、会員農家の所得向上を図ることにしている。  同市場の昨年...
本文を読む

JA石垣牛過去最高の652頭 11年販売実績、販売額は約5億円

1頭平均74万円、枝肉重量増が課題
 JAおきなわ八重山地区畜産振興センター畜産部がまとめた「JA石垣牛」の2011年の販売実績(税込み)は、頭数が652頭(前年比25頭増)、販売額が4億8428万円(同545万円減)で、頭数が過去最高を記録したものの、販売額は前年を下回った。1頭当たりの平均価格は74万2765円で、前年を4万2000円(5.36%)下回ったものの、依然として高値を維持した。  平均枝肉重量は約405キロ。前...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム