八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「JAおきなわ」の検索結果は以下のとおりです。

返礼品の発送を開始 石垣牛CFプロジェクト

支援者向け発送される石垣牛商品。関係者が拍手で見送った=1日午後、担たん亭支援者向け発送される石垣牛商品。関係者が拍手で見送った=1日午後、担たん亭
総額1789万4338円を確保 JAおきなわ
 インターネット上で支援金を募り、返礼としてJA石垣牛を贈るJAおきなわの石垣牛クラウドファンディング(CF)プロジェクトは6月21日で終了し、1141件1789万4338円が寄せられた。JAおきなわ八重山地区畜産振興センターは1日、生産者からの感謝のメッセージを動画で伝えるQRコード付きの礼状も添え返礼品の発送を開始した。  支援は山形、鳥取、高知を除く都道府県からあった。多い順に関東50...
本文を読む

求む支援、返礼は石垣牛 JAおきなわ

JA石垣牛のクラウドファンディングをPRする関係者たち=29日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラJA石垣牛のクラウドファンディングをPRする関係者たち=29日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ
CF展開「買って消費を」
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、需要が落ち込み消費が減ったJA石垣牛の販路を広げるため、JAおきなわは29日、クラウドファンディング(CF)を活用して全国から支援金を募り、返礼品として石垣牛を提供する取り組みを始めた。関係者は「買って消費して支援してほしい」と協力を求めている。  同日午後、実施主体のJAおきなわ、協力組織の石垣市、JA石垣牛肥育部会、JA石垣牛セリ購買者、石垣島和牛改...
本文を読む

平均70万円台に回復 子牛売り上げ総額64億2339万円

昨年の初セリで73万円の平均価格をつけた八重山家畜市場の子牛セリ。年間では71万円台となった(資料写真)昨年の初セリで73万円の平均価格をつけた八重山家畜市場の子牛セリ。年間では71万円台となった(資料写真)
2019年八重山・黒島家畜市場
 JAおきなわが運営する八重山、黒島家畜市場で2019年中に取引された子牛の平均価格はそれぞれ71万8595円、72万103円となったことが速報の集計で分かった。平均価格は八重山で前年比3万3684円、黒島4万1399円増となり、ともに前年を上回る高値。平均価格は2年ぶりに70万円に回復した。両市場の売上総額は64億2339万9660円で、前年比で約2億6000万円増となった。  全国的な素...
本文を読む

生産量1005㌧の豊作 18年度実績

期米の生産増で1005㌧の豊作となった2018年度水稲=2018年5月24日、川平前岳ふもとの水田期米の生産増で1005㌧の豊作となった2018年度水稲=2018年5月24日、川平前岳ふもとの水田
販売額は2億6199万円
JA八重山水稲生産部会
 JAおきなわ八重山地区水稲生産部会(黒島良雄部会長、部会員186人)の2018年度実績が一期米の生産増で前年度より66㌧増の1005㌧となり、2年ぶりに豊作を記録した。販売金額も、県内市場の好調な売り上げを受け、前年度より3850万円増の2億6199万円に達した。市内のホテルで17日夜、開かれた2019年度通常総会で報告された。今年度は地域ブランドを強化しながら販売量1000㌧、販売金額2億4...
本文を読む

園芸作物875.5㌔を出荷

島産の新鮮な園芸作物がトラックに積ま込まれ、初出荷を万歳三唱で喜ぶ関係者ら=8日午後、JAおきなわパイン集荷場島産の新鮮な園芸作物がトラックに積ま込まれ、初出荷を万歳三唱で喜ぶ関係者ら=8日午後、JAおきなわパイン集荷場
地区園芸協が初出荷式
本年度計画 野菜類396㌧、花卉類120万本
 石垣島産の新鮮なオクラやゴーヤ、花卉(かき)などの園芸作物875.5㌔が8日午後、市内磯辺のJAおきなわパイン集荷場から初荷として出荷された。今年度は野菜類396㌧、花卉類120万本の出荷を計画している。JAおきなわ八重山地区園芸協議会(兼浜秀雄会長)ら関係者は全国へ届けられる石垣島ブランドの作物に自信を見せた。野菜集荷場では、農家が正月休みを返上して2日からゴーヤ、3日からインゲン、ピーマン...
本文を読む

二期米の販売開始 ゆらてぃく市場

販売開始されたひとめぼれの二期米。11日までキャンペーン価格で提供される=9日午前、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場販売開始されたひとめぼれの二期米。11日までキャンペーン価格で提供される=9日午前、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場
11日までキャンペーン
 石垣島産ひとめぼれ二期米の販売が9日、JAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」(山根聡店長)で始まった。JAおきなわ八重山地区本部水稲生産部会(黒島良雄部会長)が10月21日から収穫を行っている新米。11日まで5㌔1880円(通常価格2080円)、3㌔1150円(同1250円)のキャンペーン価格で提供される。  二期米の作付面積は50㌶。部会員の34人が12月初旬まで収穫を続け...
本文を読む

市内でパイン栽培習得へ

石垣市のパインアップル農家に派遣されるファン・ティエン・ズンさん(右)とチャン・アイン・ズンさん(左)=16日午前、宜野座村のJAおきなわ教育研修所石垣市のパインアップル農家に派遣されるファン・ティエン・ズンさん(右)とチャン・アイン・ズンさん(左)=16日午前、宜野座村のJAおきなわ教育研修所
外国人実習生、初の受け入れへ
ベトナムの青年意欲
 【宜野座】農業技術伝達による国際貢献と県内農業経営の安定化を図ろうとJAおきなわが2017年から導入している外国人技能実習制度の第2期生の開講式が16日、JAおきなわ教育研修所で行われた。2期生はベトナム人17人。今回、初めて八重山での受け入れが実現、2人が石垣市内のパインアップル農家の下で栽培技術を学ぶことになっている。実習生は2月9日までの約1カ月間、研修所で日本語や生活、交通安全などの指...
本文を読む

大道さんが最優秀賞 家の光大会

JAおきなわ家の光大会で最優秀賞に輝いた大道晴子さん=11日午後、同JA八重山支店JAおきなわ家の光大会で最優秀賞に輝いた大道晴子さん=11日午後、同JA八重山支店
ボランティア活動を発表 来年2月に全国大会へ
 【豊見城】総合家庭雑誌「家の光」の記事を活用した体験を発表する2017年度第62回JAおきなわ家の光大会(県農業協同組合主催)が7日、豊見城市立中央公民館であり、「『家の光』とボランティア活動」の演題で発表した八重山支店女性部の大道晴子さん(67)=石垣市白保=が最優秀賞に輝いた。大道さんは来年2月13日から15日にかけて横浜市で開かれる全国大会に県代表として派遣される。  大会では、記事...
本文を読む

総販売額2億2236万円 JA園芸協議会

2017年度総会で表彰を受ける優良農家ら=2日午後、大浜公民館2017年度総会で表彰を受ける優良農家ら=2日午後、大浜公民館
16年度計画達成率88%
総会で兼浜会長を再任
 JAおきなわ八重山地区営農振興センター園芸協議会(兼浜秀雄会長、6部会159人)の2016年度取扱実績は、野菜類で334㌧2億1772万円、花卉類で11万4077本、464万円となり、総販売総額は2億2236万円となった。2億5200万円の計画に対し88%の達成率となったが、出荷シーズンを通してみると、前年度より増加しているという。17年度は2億8250万円を計画する。2日、大浜公民館で開催さ...
本文を読む

パイン出荷量、過去最高に

優良農家の表彰を受けたJAおきなわ八重山地区パイン生産部会会員ら=14日午後、市内ホテル優良農家の表彰を受けたJAおきなわ八重山地区パイン生産部会会員ら=14日午後、市内ホテル
優良農家5氏を表彰 JA八重山
 JAおきなわ八重山地区パイン生産部会(部会員74人、知念辰憲部会長)は、14日午後、市内のホテルで本年度の出荷反省会を行い、3品種の出荷量が合わせて51万2167玉(販売額約1億8108万)の過去最高を記録したことを報告した。知念部会長は「数年前から増産に向け取り組んできた成果だ」と述べた。  需要期と出荷のピークが一致したことと、県外販売が好調だったことが要因。県外への出荷数は約30万玉...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム