八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「風景計画」の検索結果は以下のとおりです。

国内外に情報発信 川平の景観を守る会

川平の景観を守る会の活動内容などを紹介する橋爪千花会長(前列左から2人目)とメンバーの吉田健吾さん(同左)と翁長理恵子さん(同左から3人目)=23日午前、川平農村集落センター川平の景観を守る会の活動内容などを紹介する橋爪千花会長(前列左から2人目)とメンバーの吉田健吾さん(同左)と翁長理恵子さん(同左から3人目)=23日午前、川平農村集落センター
公民館の活動支援
 石垣市の風景計画・景観地区変更手続きをめぐり、川平景観地区の高さ制限緩和の撤回を求めている川平公民館(高嶺善伸館長)の活動をサポートしようと、住民3人が9日、「川平の景観を守る会」(橋爪千花会長)を立ち上げ、ウェブサイト上で内外に情報を発信するとともに署名活動を展開している。今後、ネット上で不特定多数から寄付金を募るクラウドファンディングを実施して裁判費用に充てるなど、公民館の撤回運動を支援す...
本文を読む

「住民無視した原案」 景観地区公聴会

市風景計画・都市計画景観地区の変更原案の公聴会には多くの市民が集まり、公述人12人が賛否意見を述べた=20日午後、市役所会議室市風景計画・都市計画景観地区の変更原案の公聴会には多くの市民が集まり、公述人12人が賛否意見を述べた=20日午後、市役所会議室
強く撤回求める
観光・防災面で賛同も
 石垣市風景計画・都市計画景観地区(川平・観音堂)の変更原案に関する公聴会が20日、市役所会議室であり、公述人12人が意見を述べた。川平、観音堂両地区から公述した住民計4人は「住民を無視した原案だ」と作成過程を厳しく批判、「原案だと高さ制限がなくなり、景観は守れない」と撤回を強く求めた。残る8人は、市が変更の理由とする「国際観光都市の確立」「防災」に賛同、「有効な土地利用で地域経済の活性化を」と...
本文を読む

市、作成資料を非公開

風景計画・景観地区変更原案
「意思決定に著しい支障」
 石垣市は18日までに、条例に基づき情報公開請求のあった風景計画・景観地区変更原案決定にかかる資料について、非公開とする決定をした。情報公開条例第7条を根拠に、事業の公正・適正な意思決定に著しい支障が生じるおそれがあると判断、原案を審議する都市計画審議会の答申以降に公開できるとしている。これにより、審議会が答申するまで、どのような経緯や議論を経て原案が作成されたのか明らかにされないことになる。 ...
本文を読む

川平公民館が反対決議 景観地区変更原案

市の風景計画・都市計画景観地区変更原案の見直しと撤回に向け、「頑張ろう」を三唱する参加者=16日夜、川平公民館市の風景計画・都市計画景観地区変更原案の見直しと撤回に向け、「頑張ろう」を三唱する参加者=16日夜、川平公民館
現行堅持を要求、県に直訴へ
 石垣市がまとめた風景計画・都市計画景観地区(川平・観音堂)の変更原案に対し、景観地区の高さ制限を現行維持するよう求めている川平公民館(高嶺善伸館長)は16日夜、同公民館で原案の見直しと撤回を求める反対集会を開いた。川平の景観を守ろうと、地区内外から約140人が参加。地域の代表者ら6人が「原案見直しは断固反対」などと声を上げ、現行堅持を要求する反対決議を採択した。公民館側は18日、翁長雄志県知事...
本文を読む

「地元の意見無視された」 風景計画・景観地区

川平湾の写真を使い、高級リゾートホテルが計画されている場所を示す高嶺善伸館長=6日午後、川平公民館川平湾の写真を使い、高級リゾートホテルが計画されている場所を示す高嶺善伸館長=6日午後、川平公民館
市が変更原案の縦覧開始
川平公民館、撤回活動展開へ
 石垣市は6日、風景計画・都市計画景観地区(川平・観音堂)変更原案の縦覧を開始した。景観地区の現行高さ制限を維持するよう求めている川平公民館の高嶺善伸館長ら役員は同日、公民館で会見し、3日夜の住民説明会で安里行雄建設部長が「いただいた意見を持ち帰って整理し、上司に伝えたい」と発言していたことに触れ、「原案にがくぜんとした。本当に上司に報告して内部で検討したのか。地元の意見が無視された。遺憾の意を...
本文を読む

「高さ制限」ポイントに 風景計画見直し

良好な景観の創出を目的に作成された風景計画。見直しでは高さ制限がポイントとなる(写真は川平石崎=2010年5月31日)良好な景観の創出を目的に作成された風景計画。見直しでは高さ制限がポイントとなる(写真は川平石崎=2010年5月31日)
市民検討会議が発足
 2017年度で風景計画などの見直しを予定している石垣市は1月31日、市民検討会議(議長・漢那政弘副市長、委員15人)を立ち上げ、課題や解決方法の検討を開始した。2月までに3回の会議を持ち、検討結果を中山義隆市長に報告する。市の風景計画は、2007年のスタートから10年が経過。この間、新石垣空港の開港や東日本大震災など社会情勢の変化に伴い、宿泊施設の充実、津波対策などが求められており、高さ制限の...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム