八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「障がい者」の検索結果は以下のとおりです。

障がい者共学 重要性強調

ハンディを持った者が自分らしく生きるためのメッセージを発信した高良翔大さん=22日夜、大浜信泉記念館多目的ホールハンディを持った者が自分らしく生きるためのメッセージを発信した高良翔大さん=22日夜、大浜信泉記念館多目的ホール
高良さん、共生社会実現訴え
生涯学習講演会
 障がい者が自らの障がいを乗り越え活躍できる共生社会を目指すため石垣市教育委員会は22日夜、大浜信泉記念館で生涯学習講演会を実施。先天性骨系統疾患による四肢体幹機能障害の高良翔大さん(29)が講師を務め、自身の経験談を交えながら、学校などで障がい者と健常者が共に学ぶインクルーシブ教育の重要性を説いた。参加者へ「障がいを持つ僕にできて皆さんにできないことはない」と強調し、共に助け合う社会の実現につ...
本文を読む

障がい者の力作ずらり 日用雑貨や島野菜販売

石垣島で初開催のナイスハートバザール。障がい者の手作り製品に人気が集まった=16日午前、マックスバリュやいま店駐車場石垣島で初開催のナイスハートバザール。障がい者の手作り製品に人気が集まった=16日午前、マックスバリュやいま店駐車場
ナイスハートバザール
 障がい者が手作りで製造・加工した製品を即売する「りゅうぎんプレゼンツ第1回ナイスハートバザールin石垣島」(主催・沖縄県セルプセンター、特別協賛・㈱琉球銀行)が16日から2日間、マックスバリュやいま店駐車場で開催されている。市内の就労継続支援事業所12団体が出店。店頭には、事業所の利用者が丹精込めて作った日用雑貨や島野菜が並び、アロマトリートメントのブースも設けられ好評を博した。  同バザ...
本文を読む

グループホーム2戸確保 市営新川団地

建て替えが計画されている市営新川団地。新団地では障がい者のグループホーム機能が確保される=14日午後、同団地建て替えが計画されている市営新川団地。新団地では障がい者のグループホーム機能が確保される=14日午後、同団地
障がい者の住環境整備
小人数で生活可能
 石垣市は、障がい者の住環境整備として、建て替えを計画する市営新川団地に小人数で生活可能なグループホーム2戸を確保する。今後、運営する委託業者の公募を2020年度に行い、障害者・老人福祉施設で発生している入所待機の改善と、高まっている入所ニーズへの対応に乗り出す。新川団地の着工は20年1月、入居は21年度を予定している。石垣市健康福祉センター視聴覚室で14日開かれた「石垣市障がい者自立支援協議会...
本文を読む

市の支援専門員が不足 障がい者・児 

説明▽相談支援員の人材確保について話し合う委員たち=28日午前、石垣市健康福祉センター2階視聴覚室説明▽相談支援員の人材確保について話し合う委員たち=28日午前、石垣市健康福祉センター2階視聴覚室
相談件数の過重な負担 人材の確保が急務
 障がい者・児の相談に応じて、助言や連絡調整など必要な支援を行い、サービス利用計画を作成する相談支援専門員が石垣市で不足している。現在、相談支援事業所に勤める相談員は13・5人(管理者などは0・5人でカウント)に対して、サービスを利用する障がい者・児は600~700人。本来、相談員1人が担当する適正件数は40件前後だが、市では多い人で60~80件を担当。「過重な負担で相談員自身がつぶれてしまう」...
本文を読む

新庁舎に多機能トイレ完備 石垣市

来年度から施行される第5期障害福祉計画・第1期障害児福祉計画について協議する委員ら=3日午前、市健康福祉センター来年度から施行される第5期障害福祉計画・第1期障害児福祉計画について協議する委員ら=3日午前、市健康福祉センター
障がい者支援協会議で報告
福祉計画3月答申へ
 石垣市は、2018年4月ごろに着工予定の市役所新庁舎(3階建て)の各フロアに多機能トイレを完備する。3日午前、市健康福祉センターで開かれた地域の障がい者の支援策などについて話し合う市障がい者自立支援協議会(小倉隆一会長、委員15人)の2017年度第1回会議で報告した。中山義隆市長から第5期障害福祉計画(18~20年度)・第1期障害児福祉計画(同)に向けた計画策定の諮問もあり、同協議会は今後、実...
本文を読む

障がい者の意見反映へ 石垣市やさしいまちづくり目指す

福祉のまちづくり条例に適合した証として交付される適合証(写真右上が石垣市、下が県の適合証)=2月15日、南ぬ島石垣空港国内線ターミナル入り口福祉のまちづくり条例に適合した証として交付される適合証(写真右上が石垣市、下が県の適合証)=2月15日、南ぬ島石垣空港国内線ターミナル入り口
事前審査に福祉総務課も
 誰もが安心して出かけられるやさしいまちづくりを目指す福祉のまちづくり条例に基づき、高齢者・障がい者らが利用する公共施設や一定規模の民間施設の建設を前に事業者と行う事前協議について、石垣市は、福祉分野を担う福祉総務課が直接審査を行えるよう規則改正の準備を進めている。現行窓口は都市建設課。これを福祉総務課に換え、事前協議の段階から障がい者ら当事者の意見を反映させていく考え。4月から適用する予定だ。...
本文を読む

障がい者実態調査へ 第4次福祉計画見直しで

市内の障がい者を対象に実態調査の実施を確認した委員会=9月30日午後、大浜信泉記念館市内の障がい者を対象に実態調査の実施を確認した委員会=9月30日午後、大浜信泉記念館
石垣市
 第4次障がい者福祉計画及び第4期障害福祉計画の策定を計画している石垣市は9月30日、同策定委員会(東宇里永清委員長、委員20人)に計画策定を諮問し、作業をスタートした。今後、年度内に4回の会合を開き、計画案を策定。市民へのパブリックコメントを経て、来年3月までに答申。2015年度から施行する。  第4期障害福祉計画は、障がいを持つ市民に円滑な福祉サービスの提供を図るため3年ごとの見直しが義...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム