八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「遺跡」の検索結果は以下のとおりです。

あごなど人骨数十点発掘 白保竿根田原洞穴

遺跡の範囲確認へ
全面調査は今回が最後
 骨から直接測定を行ったケースとしては日本最古となる2万4000年前の人骨が見付かっている旧石器時代(後期更新世)の遺跡、石垣市白保竿根田原洞穴遺跡で県立埋蔵文化財センターが1月7日から調査を行っており、これまでに数十点の人骨が見付かった。人骨に近い場所からは石器や土器のようなもの、木片なども見付かっており、人骨との関連が注目されそうだ。同遺跡は新石垣空港の敷地内にある。新空港が開港する3月7日以...
本文を読む

西表「鹿川ウブドー遺跡」を発見 下田原期、無土器期1カ所で確認

貝珠が出土、波照間への物流拠点?
 先島地域の先史時代を特徴付ける下田原期とそれに続く無土器期の文化層を1カ所で確認できる土層が西表島鹿川で見付かり、町教委は3日、新発見の遺跡「鹿川ウブドー遺跡」として発表した。下田原期とみられる文化層からは貝珠(かいじゅ)と呼ばれる直径約7ミリの貝製品1個が見付かった。八重山の考古学に詳しい金武正紀・石垣市市史編集委員は「下田原期が古く、無土器期が新しいことがあらためて明確に証明された。非常に重...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム