八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「選挙」の検索結果は以下のとおりです。

西大舛町長が出馬を表明 竹富町長選挙

2期目へ出馬を表明する西大舛騠旬氏=18日午後、竹富町議会議場(沖縄銀行八重山支店3階)2期目へ出馬を表明する西大舛騠旬氏=18日午後、竹富町議会議場(沖縄銀行八重山支店3階)
一般質問で続投に意欲
 ことし8月の竹富町長選挙で現職の西大舛騠旬氏(72)が18日、「来る選挙にはしっかりと出馬する。これまで4年間の評価について、町民皆さまから審判を受けることが私の使命」と出馬を表明した。開会中の6月定例町議会一般質問で那根操氏の質問に答えた。正式な出馬会見を近日中に行う予定。  西大舛氏は、新型コロナウイルス感染症への対策をはじめ喫緊の課題に取り組むことを明言。1期目の最大公約、役場庁舎の...
本文を読む

白保初の女性市議誕生 市議補選は東内原氏

白保初の女性市議となり支持者と喜ぶ東内原氏=2日夜、白保白保初の女性市議となり支持者と喜ぶ東内原氏=2日夜、白保
 石垣市議会議員補欠選挙は2日、石垣市長選と同時に行われ、即日開票の結果、中山氏とセットで戦った新人で保育士の東内原とも子氏(57)が1万4513票を獲得し初当選した。新人の農業委員会会長の崎枝純夫氏(58)は1万2724票で及ばなかった。  東内原氏は白保初の女性市議となる。白保の自宅では、当確の報で歓喜に包まれ、東内原氏は支持者らと抱き合い、喜びを分かち合った。  東内原氏は「島の心...
本文を読む

【石垣市長選】前哨戦が本格化 現職中山氏、前職大浜氏

両陣営2月に政策発表へ
 現職の中山義隆氏(46)と前職の大浜長照氏(66)が出馬を予定している石垣市長選(3月2日投開票)は23日、2月23日の告示まで1カ月を切る。両陣営とも予定候補者の正式決定が異例の年末にずれ込んだため、前哨戦は盛り上がりに欠けているが、両陣営とも告示までの取り組みを重視。懇談会などを開催したり、街頭に立って呼びかけるなどして支持拡大を図っている。  今選挙では大きな争点は見当たらず、中山市...
本文を読む

【石垣市長選】大浜後援会が事務所開き 返り咲き目指す

大浜長照氏大浜長照氏
平和と民主主義の砦に
 2月23日告示、3月2日投開票の石垣市長選で返り咲きを目指す、前市長で国頭村立東部へき地診療所長、大浜長照氏(66)の後援会(入嵩西整、江川三津恵、宮国恵慈共同代表)は12日夕、国道バイパス沿いで事務所開きを行った。入嵩西共同代表が「市民の手に市政を取り戻そう」と呼びかけ、仕事の都合で出席できなかった大浜氏は電話で「市民の声を反映させる石垣市にしていきたい」と決意を語った。  事務所開きは...
本文を読む

中山氏の推薦決定 自民党石垣支部

中山義隆氏の推薦を決定した後、会見する砂川利勝支部長ら常任総務会の議員と中山義隆氏(前列左から2人目)=28日午後3時半ごろ、砂川利勝事務所中山義隆氏の推薦を決定した後、会見する砂川利勝支部長ら常任総務会の議員と中山義隆氏(前列左から2人目)=28日午後3時半ごろ、砂川利勝事務所
きょう出馬会見 伊良皆氏が出馬断念
 来年2月23日に告示される石垣市長選(3月2日投開票)で、自民党石垣市支部(支部長・砂川利勝県議)は28日、県議と市議で構成する常任総務会を開き、現職の中山義隆氏(46)の推薦を正式決定した。市議会議長の伊良皆高信氏(53)は出馬を断念、「一致団結して挙党態勢を築き、必ず勝利したい」と語った。中山氏は29日、市内ホテルで会見し、正式に出馬を表明する。  常任総務会後、会見した砂川支部長は「...
本文を読む

大浜氏の擁立決定 後援会が発足

大浜長照氏の後援会の共同代表に就任した3氏(左から入嵩西整氏、江川三津恵氏、高嶺善伸氏)=25日午後3時すぎ、八重山職員共済会館大浜長照氏の後援会の共同代表に就任した3氏(左から入嵩西整氏、江川三津恵氏、高嶺善伸氏)=25日午後3時すぎ、八重山職員共済会館
共同代表の一人に入嵩西氏 年内表明で調整
 来年3月2日投開票の石垣市長選(同年2月23日告示)で市政奪還を目指す笑顔かがやく市民の会(会長・高嶺善伸県議、19団体)は25日、前市長で国頭村立東部へき地診療所医師、大浜長照氏(66)の擁立を正式決定し、後援会を設立した。共同代表の一人に前市議会議長で自民党石垣市支部長を務めたこともある入嵩西整氏が就任した。入嵩西氏は「今回は党派を超え、信頼できる人に市政を託したい」と支持を表明した。 ...
本文を読む

中山氏、出馬に意欲 支持グループが要望

八重山維新の会から出馬要請を受ける中山義隆氏=25日午後5時15分すぎ、庁議室八重山維新の会から出馬要請を受ける中山義隆氏=25日午後5時15分すぎ、庁議室
 石垣市長、中山義隆氏(46)を支持する八重山維新の会(塩谷篤会長、42人)は25日、来春の市長選に立候補するよう中山氏に要望した。中山氏は「1期で全て終わったとは考えていない。新たな課題も出てきており、しっかり取り組んでいきたいという気持ちだ」と意欲を示した。  出馬の表明については「自民党の(擁立)決定がまだなので、この場で的確な返答はできないが、皆さんの気持ちに応えるようにしたい」と述...
本文を読む

異例の年末出馬表明へ 来春市長選

常任総務会で結論を先送りしたと話す自民党石垣市支部長の砂川利勝県議(右)。左は照屋守之県連幹事長=22日午後3時すぎ、砂川県議の事務所常任総務会で結論を先送りしたと話す自民党石垣市支部長の砂川利勝県議(右)。左は照屋守之県連幹事長=22日午後3時すぎ、砂川県議の事務所
両陣営調整に時間 自民支部、結論先送り
 来年2月23日告示、同3月2日投開票の石垣市長選は、与野党双方とも異例の年末の出馬表明となる見通しだ。自民党石垣市支部(支部長・砂川利勝県議)は22日の常任総務会で、候補者選考委員会(16人)が答申した現職の中山義隆氏(46)を推薦候補者として正式決定するかどうか協議したが、結論を先送りした。前市長で国頭村立東部へき地診療所医師の大浜長照氏(66)を擁立する野党側も25日以降の出馬会見に向けて...
本文を読む

現職と前市長の争いか 石垣市長選

年内に出馬表明の見通し 擁立作業大詰め
 来年2月23日の告示まで2カ月余となった石垣市長選(3月2日投開票)は市議会12月定例会が閉会した18日以降、年内の出馬表明に向けた動きが与野党双方で加速する。現段階では現職の中山義隆氏(46)と前市長の大浜長照氏(66)の争いになる可能性が高い。両陣営とも近く、出馬表明の日程など今後の対応を協議する見通しだ。両陣営の擁立作業は大詰めを迎えている。  市政奪還を目指す野党側の組織、笑顔かが...
本文を読む

18日までに1本化へ 市長選

自民支部が選考委設置
 自民党石垣市支部(支部長・砂川利勝県議)は12日夜、石垣市長選の候補者を決める選考委員会を設置した。砂川支部長は終了後、「18日までには決めたい。選考委員会で候補者を1本化し、一枚岩になる」と話した。  砂川支部長によると、名乗りを上げている現職の中山義隆氏(46)と市議会議長の伊良皆高信氏(53)の2人から選考委で1人に絞り込んだあと、支部常任総務会に報告、総務会で決定する流れになるとい...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム