八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「観光誘致」の検索結果は以下のとおりです。

公式観光アプリを開発 与那国町

10日から試験運用
ICT活用で集客狙う
 【与那国】観光スタンプラリーに参加でき、観光地やイベントの情報をチェックできる公式の与那国島観光アプリを町が開発し、10日から試験運用を開始する。7月30日までアンケートをとりながら試行し、光通信サービスが島内一円で開始される予定の9月1日から本格運用を行う予定だ。超高速ブロード環境の整備に合わせたICT(情報通信技術)を活用した取り組みの一環。町は観光情報の発信を充実・強化し、利便性の向上で...
本文を読む

成田市の観光情報発信 まちの駅ココストアで

成田観光ガイドブックを手に成田市の魅力をPRする関係者ら=25日午後、八重山毎日新聞社成田観光ガイドブックを手に成田市の魅力をPRする関係者ら=25日午後、八重山毎日新聞社
ガイドブック配布へ
 成田市の魅力をPRする団体や関係者で結成した成田空援隊が作った成田観光ガイドブック「TOKYO行くなら成田空港マル得旅手帳」が26日からまちの駅に認定されている市内のココストア全店(20店舗)で利用客に無料配布される。  25日午後、八重山毎日新聞社を訪れた沖縄空援隊の赤崎隆三郎事務局長は「まちの駅を利用する市民や観光客に成田市の情報を発信し、多くの人と物の交流を目指したい。4月には石垣空...
本文を読む

田舎体験を観光商品化へ 観光庁の事業受託

官民で子供たちの情操教育
 石垣島沿岸レジャー安全協議会(成底正好会長)の「石垣島子育て道場(田舎体験)」キックオフミーティングが25日午後、石垣市健康福祉センター研修室で開かれた。石垣島エコクラブが取り組んできた田舎体験プロジェクトに、宮良公民館との文化交流や民間非営利団体(NPO)沖縄ウォーターパトロールシステム石垣支部の水辺の安全教育を盛り込み、本土の子どもたちを受け入れて情操教育を図ろうという取り組みで、今後の観...
本文を読む

国内最大の搭乗実績 熱気球体験搭乗に3000人

波照間空港の活用へ
 竹富町(川満栄長町長)はこのほど、2012年度仲御神島周辺海域資源有効活用事業の報告書をまとめた。同事業では空からの観光メニュー開発に向け、水上(水陸両用)飛行機、ウルトラライトプレーン(ULP)、モーターグライダー、熱気球を対象に試験運航を実施。中でも、熱気球の体験搭乗は2月4日~3月16日に各離島で行い、延べ3124人が搭乗。「約1カ月間で3000人余りの搭乗者は国内最大の記録」(担当者)...
本文を読む

韓国の旅行社が八重山視察 LCCピーチの参入受け

 今月14日に南ぬ島石垣空港に参入した格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション社の「関西~石垣」線と、同社の「仁川(韓国)~関西」とを組み合わせ、韓国から石垣に観光客を呼ぼうと、沖縄観光コンベンションビューローは20日、韓国の旅行代理店やメディア関係者6人を招き、2泊3日の視察ツアーを行った。  一行は同日午後に来島後、石垣島鍾乳洞や竹富島へ足を運び、宿泊施設や海などを見て回り、夕方には八...
本文を読む

韓国で石垣島マラソンPR 観光庁が交流促進事業

 観光庁は19日午後、韓国で日本のマラソン大会をPRする「マラソン・ジャパン」を開催すると発表した。ソウル市内のホテルで7月11日、石垣島マラソン大会など10大会のプレゼンテーションを行う。  観光庁の発表後、市役所で会見した中山義隆市長は「来年は新空港が開港して初の大会。海外からの参加者を増やし、国際色豊かな大会にするため、今回のPRは大きなきっかけにしたい」と話した。  石垣島大会は、海外と...
本文を読む

「定期化のチャンス」台湾訪問の大浜一郎氏ら施設・機能面の課題を指摘

 台湾・桃園~石垣間で23日から運航を再開したトランスアジア航空(復興航空)の定期チャーター便で、台湾を訪問した八重山経済人会議の大浜一郎代表、砥板芳行幹事は28日夕、市役所で会見し、「現在の国際線ターミナルの機能や施設を向上させなければチャンスを逃すことになる」と定期便化に向けた課題を指摘、「官民挙げて取り組む必要性がある」と強調した。  大浜氏ら7人は23日、石垣市と姉妹都市の宜蘭県蘇澳鎮に...
本文を読む

中山市長、韓国線の開設要請へ 県副知事とトップセールス

 【那覇】韓国から県内向け航空路線の定期化などを要請するため、中山義隆石垣市長も同行して21日からスタートする「副知事トップセールスinソウル」の結団式が同日午後、那覇空港国際線ターミナルビルで行われた。  トップセールスは、県の高良倉吉副知事、中山市長、下地敏彦宮古島市長らが2泊3日の日程で韓国ソウルを訪問し、同国に本社を置く航空各社に定期便の拡充、チャーター便と季節便の定期化を求める。  結...
本文を読む

タイから500人のツアー石垣島観光を満喫 市在住外国人らが通訳

 タイの団体観光客500人余りが20日、石垣入りし、石垣やいま村やバンナ公園を訪れた。一行の案内には、英語や中国語、タイ語が話せる石垣在住の外国人と日本人合わせて14人が通訳としてバスに同乗し、八重山のPRに一役買った。  一行は商品販売会社の関連ツアー。スタークルーズ社のクルーズ船で石垣入りした。今後、6月10日まで毎週月曜日に石垣入りすることになっており、4回合わせて2000人余りが石垣島の...
本文を読む

台湾で八重山観光をPR 知名度高く、好反応

出張の「ピカリャ~」も人気
 【台北】「日本の観光・物産博2013」(主催・台湾観光協会、日本旅行)が17日から3日間、台北駅で開かれており、石垣市観光協会と竹富町観光協会、日本旅行八重山会が沖縄ブースで八重山の観光や物産をPRしている。16日には中華航空と復興航空を訪問し、送客について意見交換した。  会場では、西表浦内の平良彰健さんが三線を披露して、台湾の人たちに八重山民謡の魅力をアピール。  竹富町のマスコット...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム