八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「観光客」の検索結果は以下のとおりです。

連休初日、観光客らドッと 予約ベースで4000人近く来島

川平湾で手指消毒をしてグラスボートに乗り込む観光客ら=23日午後、川平川平湾で手指消毒をしてグラスボートに乗り込む観光客ら=23日午後、川平
 八重山3市町が6月から観光客受け入れを再開して以降、初の連休が23日、始まった。「海の日」「スポーツの日」と続く4連休。南関東などを中心に一部地域で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、八重山の空の玄関口・南ぬ島石垣空港からはこの日、大手航空会社の予約ベースで搭乗数3959人(搭乗率91.9%)が入域したとみられる。  23日正午すぎ、石垣空港に関西や那覇からの便が到着。親子連れ、友人同士...
本文を読む

観光客 受け入れ準備加速

内行楽地では地元の家族連れと観光客がまばらにみられた=6日午前、底地ビーチ内行楽地では地元の家族連れと観光客がまばらにみられた=6日午前、底地ビーチ
コロナ防止対策を徹底 直行便本格化に備え
 6月1日に石垣市新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が解除されて以降、八重山3市町は6日、初の週末を迎えた。八重山の空の玄関口、南ぬ島石垣空港では5日に羽田ー石垣の本土直行便が運航し117人が来島しており、市内のビーチなど行楽地では地元住民に加え観光客の姿もみられた。16日以降に本土直行便が本格的に復便するのに備え、宿泊施設など観光関連事業者は感染防止対策を徹底するなど受け入れ準...
本文を読む

「新たな日常」始まる 観光客受け入れ再開

到着した来島客らに感染予防対策のチラシを配布する市職員ら=1日午後、南ぬ島石垣空港到着した来島客らに感染予防対策のチラシを配布する市職員ら=1日午後、南ぬ島石垣空港
社会経済の回復、徐々に
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う移動自粛の解除などを受け、八重山3市町の観光客受け入れが1日、再開され、観光地も開放された。この日に合わせ営業を再開する観光関連事業者が目立ち、街には活気が戻りつつある。県立学校は同日から通常授業に戻り、部活動も再開された。島外からのウイルス侵入に不安を抱えつつ、感染防止対策を講じながら徐々に社会経済活動の再開・回復を図る「新たな日常」が始まった。  八重山...
本文を読む

感染予防認定制度を導入 石垣市

新型コロナ感染予防認定モデル店のステッカーを紹介する中山義隆市長=15日夕、庁議室新型コロナ感染予防認定モデル店のステッカーを紹介する中山義隆市長=15日夕、庁議室
宿泊施設や飲食店など 観光客受け入れ再開向け
 石垣市は、6月1日の観光客受け入れ再開に向け、市作成の新型コロナ感染予防ガイドラインに同意する宿泊施設や飲食店など観光関連事業者をモデル店として認定し、感染予防対策費を支援する制度を導入する。中山義隆市長が15日、新型コロナショックからの回復プラン(Ⅱ)の一環として発表、「感染症予防の各種対策について市内事業者の合意が得られ、確実に実施されることを前提として観光客の受け入れを再開する。観光客や...
本文を読む

郡内各地に大勢の観光客 史上初のGW10連休

石垣島と各離島を結ぶ離島ターミナルは観光客であふれた=29日午後、離島ターミナル石垣島と各離島を結ぶ離島ターミナルは観光客であふれた=29日午後、離島ターミナル
期間中前半、ホテルほぼ満室
 史上初のゴールデンウイーク10連休に伴い、郡内各地は多くの観光客でにぎわいを見せ始めている。例年に比べ予約の早期化が進み、29日時点で郡内のホテルも期間前半の5月3日までは、ほぼ満室の状況。市内のホテル関係者は予約状況について「例年と比べほぼ同じだが、ゴールデンウイークに入っても宿探しの問い合わせがあるのがことしの特徴。4日以降の後半は予約も落ち着いている」と話し、別の関係者は「後半は家でゆっ...
本文を読む

石垣観光、9割が満足 市がアンケート

観光客で賑わう市内ユーグレナモール(資料写真)観光客で賑わう市内ユーグレナモール(資料写真)
交通環境に不満の声も
自然環境の保全必要6割
 石垣市が観光客を対象に7月1日から31日まで実施した意向アンケートで、石垣市観光に対する満足度は「満足」が57・8%、「やや満足」が32・4%、合計90・2%と9割以上が満足していることが分かった。「石垣市を訪れて一番困ったこと」は「交通環境」が27・5%、「石垣市の観光振興施策に必要だと思うもの」は「自然環境の保全」が60・5%とそれぞれ最も多かった。7日午後、市役所会議室で開かれた2018...
本文を読む

韓国客受け入れ3社連携 石垣島誘客へ体制強化

3社連携で韓国からの誘客強化に乗り出した(右から)トモトゥデイの我喜屋隼人社長、HANS ADVENTUREの姜漢植社長、八重山美ら島塾の玉城信夫理事長、トモトゥデイの李鎮宇部長=9日午後、八重山毎日新聞社3社連携で韓国からの誘客強化に乗り出した(右から)トモトゥデイの我喜屋隼人社長、HANS ADVENTUREの姜漢植社長、八重山美ら島塾の玉城信夫理事長、トモトゥデイの李鎮宇部長=9日午後、八重山毎日新聞社
2月に韓国から第1陣
チャーター便ツアー計画
 那覇市内で旅行代理店を運営する㈱HANS ADVENTURE(姜漢植(カン・ハンシック)代表取締役社長)と韓国人観光客向けの県内旅行サポートサービスを展開する㈱TOMOtoday(トモトゥデイ)(本社・那覇市、我喜屋隼人社長)、石垣市内で多言語対応の通訳者育成などを行うNPO法人八重山美ら島塾(玉城信夫理事長)の3社が連携し、韓国から石垣島への誘客と受け入れ体制強化に乗り出している。韓国での誘...
本文を読む

観光開発で揺れる竹富島

多くの観光客が訪れる竹富島で人気の水牛車観光。観光シーズンを迎え、受け入れを制限する声は根強い=3月22日午前、竹富島多くの観光客が訪れる竹富島で人気の水牛車観光。観光シーズンを迎え、受け入れを制限する声は根強い=3月22日午前、竹富島
入島制限(島民)、拡大(業者)要求
 過去3年間、年間約50万人の観光客が訪れている竹富島。集落内には赤瓦の木造住宅に石垣や花で覆われた白砂の道が続き、原風景の残る八重山を代表する観光地だ。新空港開港後、観光需要が大幅に拡大。約360人が住む島に1日平均1300人の観光客が訪れている。好調な観光を背景に企業が島に新たなホテルや温泉施設の計画を加速させ、島民は開発による島独自の景観と生活環境の変化を危惧する。増加する観光客に対して入...
本文を読む

川平湾に「いやされる~」 盆休みで観光地にぎわう

多くの観光客でにぎわいをみせている川平湾=14日午後多くの観光客でにぎわいをみせている川平湾=14日午後
ホテル満室、飛行機混雑
 本土の盆休みが13日から始まり、郡内各地の観光地は多くの観光客でにぎわっている。石垣市内の大型ホテルの稼働状況は6月半ばから80%を超え、11日ごろからは満室状態が続いているという。市観光交流協会の高嶺良晴会長は「宿泊施設では月末まで予約でいっぱいのようだ。この好調を維持していきたい」と話した。  航空各社によると、石垣路線は今週に入ってから上下線とも混み合っており、上りのピークは17日。...
本文を読む

台湾人観光〜団体から個人へ

台北から中華航空便で到着した観光客=2日午後、南ぬ島石垣空港台北から中華航空便で到着した観光客=2日午後、南ぬ島石垣空港
変化に照準、台湾資本がコテージ
自然や石垣牛のイメージも定着
 南ぬ島石垣空港が開港して1年。台北石垣間の航空路線が2日に再開し、台湾からの観光客が八重山を訪れるシーズンが幕を開けた。これに合わせて「台湾人限定」を売りにした台湾資本の宿泊施設が石垣市内にオープン。中華航空沖縄支店の担当者によると「台湾の海外旅行商品は団体ツアーから個人客向けへと変化し、需要も高い」と、台湾人観光が変化しつつあることを説明する。7日には、台湾からのクルーズ船が寄港予定。(砂川...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム