八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「観光」の検索結果は以下のとおりです。

OCVB 日本版DMOに登録

DMO法人登録証を受け取った沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長(中央)=18日午前、沖縄総合事務局DMO法人登録証を受け取った沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長(中央)=18日午前、沖縄総合事務局
世界基準の観光地目指す
 【那覇】国が地方創生の一環として打ち出す日本版DMO(観光地域づくり推進法人)に沖縄観光コンベンションビューロー(平良朝敬会長、OCVB)が登録され、登録証授与式が18日、那覇市の沖縄総合事務局で行われた。登録証を受け取った平良会長は「広域な地域なので離島など観光格差がある。沖縄全体が潤うようなことをやっていきたい」と意欲を示した。今後は、登録された法人や関係団体に対して、関係省庁が連携して支...
本文を読む

冬場の観光を提案 石垣プロジェクト

石垣島の冬の観光コンテンツを提案し、観光関連業者の感想を聞く産業能率大の学生と地元高校生ら=6日午前、石垣市役所石垣島の冬の観光コンテンツを提案し、観光関連業者の感想を聞く産業能率大の学生と地元高校生ら=6日午前、石垣市役所
美容、健康、アウトドア
産業能率大ゼミ学生ら
 地域活性化を目的に石垣市などと産官学民四者間協定(石垣プロジェクト)を結んでいる産業能率大学のゼミ学生が6日午前、市が関係者を招いて市役所会議室で開いたプレゼンテーションで、石垣島の新たな冬場の観光コンテンツとして30~50歳の女性をターゲットに美容と健康、アウトドアスポーツと栄養価の高い特産物をそれぞれ組み合わせたツアーを発表、「今後も石垣島の発展に協力していきたい」と報告した。市の観光人材...
本文を読む

与那国観光の発展願う

入域観光客数4万人突破を喜び、ことしのさらなる伸びに期待する観光従事者ら=19日夕、町農業構造改善センター入域観光客数4万人突破を喜び、ことしのさらなる伸びに期待する観光従事者ら=19日夕、町農業構造改善センター
昨年客初の4万人突破
新春の集いで更新期待
 【与那国】与那国町観光新春の集い(町観光協会主催)が19日夕、町農業構造改善センターで行われ、宿泊やダイビング、飲食業など観光に関わる業者らが参加した。昨年1年間の入域観光客数が初めて4万人を超えたことが報告され、参加者はさらなる観光の発展を願った。  昨年は1~2月に暖冬を求めて島を訪れる人たちに加えダイビング客の入域も好調。さらに3月のフジドリームエアラインズ(FDA)のチャーター便計...
本文を読む

海外から観光誘客を 県が郡内業者に事業紹介

沖縄観光の新たな取り組みと海外インバウンドのプロモーション事業などが紹介された2017年度インバウンド連絡会=19日午後、県八重山事務所大会議室沖縄観光の新たな取り組みと海外インバウンドのプロモーション事業などが紹介された2017年度インバウンド連絡会=19日午後、県八重山事務所大会議室
 沖縄観光の新たな取り組みと海外インバウンドに特化したプロモーション事業などを紹介する2017年度インバウンド連絡会(県文化観光スポーツ部主催)が19日午後、県八重山事務所大会議室で開かれ、郡内の観光事業所担当者が海外からの誘客を中心とした事業活用について学んだ。  県は2017年度の入域観光客数の目標値を950万人(前年度比73万人増)、このうち外国人観光客数を265万人(同52万人増)に...
本文を読む

自転車で巡る島内観光 「島じてんしゃ」で宿泊型ツアー

自転車ツアーに向けて「島じてんしゃ」を整備するJoseph Kuosac石垣オフィス管理者の奈須なおきさん=29日午後、市内登野城自転車ツアーに向けて「島じてんしゃ」を整備するJoseph Kuosac石垣オフィス管理者の奈須なおきさん=29日午後、市内登野城
台湾のJKO社
 30日から再開する中華航空(チャイナエアライン、本社・台北市)の台北—石垣直行便に合わせ、台湾の自転車メーカー「Joseph Kuosac」(ジョセフ・クゼ)(JKO、本社・新北市)が自社のハイスペック自転車「島じてんしゃ」で島内を巡る宿泊型観光ツアーをスタートする。同社石垣オフィス管理者の奈須なおきさん(42)は「石垣の自転車観光は国内外の観光客から需要があり、市場価値は高い。他社メーカーも...
本文を読む

客室単価に回復の動き 市内宿泊業界

夏場のトップシーズンに向け、増えてきた観光客。好調な観光需要を背景に、宿泊業界では下げ止まったままの客室単価を元に戻す動きが広がっている=29日午前、ユーグレナモール夏場のトップシーズンに向け、増えてきた観光客。好調な観光需要を背景に、宿泊業界では下げ止まったままの客室単価を元に戻す動きが広がっている=29日午前、ユーグレナモール
下げ止まりからの脱却目指す 「開港2年目で」と意気込む
 南ぬ島石垣空港が開港して2回目となる夏場の観光トップシーズンを迎え、宿泊業界では、2008年のリーマンショック以降下げ止まったままの客室料金(客室単価)を元に戻す動きが広がっている。“薄利多売”で忙しい割には利益が上がらないという経営を強いられてきた業界にとって、開港2年目はチャンスの年。ホテル関係者は「新空港効果を利用して客室単価のV字回復を図りたい。年内には元の単価に戻したい」と意気込んで...
本文を読む

黒糖・泡盛・ラー油は「沖縄3好」 台湾紙が八重山を特集

台湾の一般紙「リンゴ日報」が5月31日付で掲載した竹富島特集(小笹俊太郎さん提供)台湾の一般紙「リンゴ日報」が5月31日付で掲載した竹富島特集(小笹俊太郎さん提供)
「まるで桃源郷」
 台湾の新聞がこのほど、竹富島と石垣島を大々的に紹介する特集記事を掲載し、八重山の観光PRに期待がかかっている。特集は「台湾から50分ほどで行ける八重山とのつながりは、今後も絶えることがないだろう」と、台湾と八重山の地理的な近さを強調し、八重山独特の風物をボリュームたっぷりに伝えている。  台湾の日刊紙「リンゴ日報(蘋果日報)」が5月31日付と4日付の別刷りで竹富島に3ページ、石垣島に1ペー...
本文を読む

民宿にも宿泊して! 外国人客受け入れでYVB

台湾から空路、石垣島を訪れる観光客ら=4月2日、南ぬ島石垣空港=八重山ビジターズビューローは民宿での受け入れを強化していく台湾から空路、石垣島を訪れる観光客ら=4月2日、南ぬ島石垣空港=八重山ビジターズビューローは民宿での受け入れを強化していく
34施設が希望 講習会など環境整備へ
 八重山3観光協会に加盟する民宿74施設のうち、34施設(石垣市25、竹富町7、与那国町2)が外国人客の受け入れを希望していることが八重山ビジターズビューロー(宮平康弘理事長、YVB)の調査で分かり、YVBは25日、受け入れが可能となるよう支援していくと発表した。34施設の収容人数は1186人と多いが、外国語に対応できる従業員がいないことなどを課題に挙げていることから、YVBは講習会を開催して受...
本文を読む

八重山の体験型観光 受け入れ態勢の充実を

白保地区で月桃の苗植えなどを体験した京都市の龍谷大学付属平安高校の生徒ら(資料写真)白保地区で月桃の苗植えなどを体験した京都市の龍谷大学付属平安高校の生徒ら(資料写真)
関係機関の共通認識急務
 南ぬ島石垣空港の開港後、八重山観光は好調を維持。7月までの入域観光客数が50万人を超え、過去最多の80万人を突破する勢いだ。その一方、観光関係者からは「いつまで、このにぎわいが続くか分からない」と、今後を不安視する声もある。好調な観光を維持するため、新しい観光スタイルとして民泊や農業・漁業体験、海洋生物勉強会などの体験型観光に関心が高まっている。(高良新輝記者)    八重山...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム