八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「西表石垣国立公園」の検索結果は以下のとおりです。

星空保護区、認知度不足? 西表石垣国立公園

国内初の星空保護区に認定されたダークスカイ・パーク。認知度不足の課題が浮き彫りになっている=3月29日夜、平久保灯台国内初の星空保護区に認定されたダークスカイ・パーク。認知度不足の課題が浮き彫りになっている=3月29日夜、平久保灯台
観光集客が低い現状 業界「情報発信が弱い」
 西表石垣国立公園が、国際ダークスカイ協会(IDA、米国アリゾナ州)から国内初の星空保護区(ダークスカイプレイス)に認定されて2日で1カ月が経過した。石垣市内や竹富町内では、宿泊業者や観光事業者が保護区を生かした星空ツアーなどの観光商品を積極的に創出する一方、来島する観光客には保護区の知名度が低く、行政や観光団体への問い合わせはないという。観光業界は「県外での誘客プロモーションでも(保護区を)知...
本文を読む

西表石垣国立公園を拡張 平久保サガリバナ群落編入

西表島に生息するイリオモテヤマネコ。同島はほぼ全域が国立公園となる(環境省提供)西表島に生息するイリオモテヤマネコ。同島はほぼ全域が国立公園となる(環境省提供)
西表島ほぼ全域が区域に
 平久保半島のサガリバナ群落地の編入と西表島のほぼ全域への拡張を柱とする環境省の西表石垣国立公園の変更は15日、官報で告示され、正式決定する。公園区域は陸域で現行2万1958㌶の約1.9倍に当たる4万653㌶、海域で同6万9718㌶の約1.2倍の8万1497㌶にそれぞれ広げる。同省は15日に西表島で、5月21日に石垣島で記念行事を行う予定だ。  今回の拡張では、約10年前から存在が知られるよ...
本文を読む

市有地以外を除外 国立公園変更案で環境省

久宇良地区の嘉良川流域に自生するサガリバナ群落。市有地16㌶を第1種特別地域に編入することで群落の約6割をカバーできるという(環境省提供)久宇良地区の嘉良川流域に自生するサガリバナ群落。市有地16㌶を第1種特別地域に編入することで群落の約6割をカバーできるという(環境省提供)
市の申し入れで修正
 ゴルフ場付き久宇良リゾート開発計画予定地内にある嘉良川流域28㌶を規制の厳しい第1種特別地域として西表石垣国立公園に編入する環境省の変更案に、久宇良公民館(村山雅庸館長、12世帯)が「開発の可能性がなくなる」として反対していた件で、同省は2日までに28㌶のうち市有地16㌶のみを残し、民有地12㌶を除外する修正案をまとめた。隣接地で予定していた第3種特別地域27㌶も外した。  同省は11月3...
本文を読む

国立公園、石垣北部を追加

西表石垣国立公園変更案(追加)西表石垣国立公園変更案(追加)
西表は面積を全域に拡大 環境省、変更案まとめる
 環境省は25日までに、西表石垣国立公園を拡大する変更案をまとめ、同日からパブリックコメント(意見募集)を開始した。西表島を全域に拡大し、サガリバナ群落がある石垣島北部を追加した。西表島全域の国立公園化は、イリオモテヤマネコの生息環境の保全強化とともに、同省が目指す奄美・琉球世界自然遺産の登録を見据えた手続きとなっており、遺産化に向けて一歩前進する。  拡張面積は陸域で1万8728㌶、海域で...
本文を読む

約10種類の生物を観察査

「アコークローの生き物調査」で、鳥やカエルの鳴き声を記録しながら野底林道を歩く子どもたち=17日夜、野底林道(エコツーリズム・環境教育「ふくみみ」提供)「アコークローの生き物調査」で、鳥やカエルの鳴き声を記録しながら野底林道を歩く子どもたち=17日夜、野底林道(エコツーリズム・環境教育「ふくみみ」提供)
アコークロー生き物調査 アコークロー生き物調査
 夕暮れ時に生物を観察する「アコークローの生き物調査」が17日夜、野底林道で行われ、小学生14人がアカショウビンやアイフィンガーガエルなど10種類以上の生物を観察するとともに、観察中に見つかった外来生物のオオヒキガエルの駆除も行った。  環境省が本年度、伊原間中学校区の小中学生を対象に西表石垣国立公園を利用した自然体験活動やボランティア活動を行っている北部地域子どもパークレンジャーの第2回活...
本文を読む

鳩間・波照間が加入

西表国立公園を美しくする会
 西表国立公園を美しくする会(会長・川満栄長町長)は5日午後、2013年度総会を町役場会議室で開いた。昨年、鳩間島と波照間島が西表石垣国立公園に編入されたことから、総会では両公民館を中心とした「鳩間島を美しくする会」「波照間島を美しくする会」加入に伴う会則改正案を承認した。  同会では各公民館や観光業者、カヌー組合、ボランティア団体などが国立公園内の美化清掃活動を実施し、自然環境を清潔に保持する...
本文を読む

園地整備で意見交換 名蔵アンパル

自然・環境教育の拠点候補地の調査など要望
 環境省が計画している「西表石垣国立公園名蔵アンパル園地整備」について意見を交換する「アンパルの保全と賢明な利用をすすめる連絡会」(山崎雅毅会長)が10日午後、石垣やいま村で開かれ、環境省石垣自然保護官事務所やアンパルの自然を守る会、日本野鳥の会石垣支部、地域住民らが参加、整備計画候補地の環境や生態系の調査などを求めた。  計画では、名蔵アンパル北東側の神田橋付近と名蔵小橋周辺、浦田原水路周...
本文を読む

サガリバナ大群落の保護を 国立公園区域拡大を計画

北部約2ヘクタールで4万4000本確認
 環境省が西表石垣国立公園区域(陸域2万1958ヘクタール)の見直し作業を進めていることが12日、分かった。石垣島を国立公園に編入した2007年以降、北部の嘉良川流域を中心とする約2ヘクタールで約4万4300本のサガリバナ大群落を確認したとして保護の必要性を指摘している。石垣島では嘉良川流域、平久保川流域、久宇良岳南側を公園区域に編入する計画。環境省那覇自然環境事務所石垣自然保護官事務所が12日夜...
本文を読む

海域公園の拡張へ 国立公園で環境省

八重山漁協の同意得る
 環境省は、西表石垣国立公園のうち海域公園地区の拡張を計画していることが28日、分かった。現行8カ所を16カ所に拡張する内容。同日、双葉公民館で開かれた八重山漁協の総会で提案され、賛成多数で承認された。一部から「地域住民に説明して指定すべきだ」と時期尚早論も上がった。同省は今後も住民への説明をしながら年内の拡張決定を目指すとしている。  海域公園地区は、従来の海中公園地区を改正した制度で、海...
本文を読む

国立公園編入で意見交換 波照間で住民説明会

 【波照間】農村集落センターで21日、西表石垣国立公園編入説明会が開かれた。竹富町自然環境課の白保隆男課長が同国立公園の経緯を説明。西表島の一部と鳩間島、波照間島が対象外となっているため、「竹富町全域を国立公園に指定したい」との方針を示した。また環境省石垣自然保護官事務所の田村努氏が国立公園について「建築や伐採の規制により自然の景観を保護し、施設の設置により公園の利用を推進するもの」としたうえで、...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム