八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「西表島」の検索結果は以下のとおりです。

余震警戒、観光影響を懸念 竹富町西表

西表島付近の震度5以上の震央分布図西表島付近の震度5以上の震央分布図
地震から一夜明け 人的、家屋被害なし
 1日深夜の西表島の南約7㌔の地点を震源とする最大震度5弱の地震から一夜明け、竹富町や石垣市で家屋や人的被害、山岳部での落石や崖崩れなどは確認されていない。最盛期の西表製糖工場では同日午後11時から2日午前4時までの5時間、製造機械を停止させ、作業員らが不具合を確認したが異常は見つからなかった。一方で、地震により宿泊施設やレンタカー利用客のキャンセルが一部で発生。山岳部での崩落を警戒してトレッキ...
本文を読む

フォーラム 自然と共生、地域づくり確認

西表島の世界自然遺産登録への課題や展望を共有する登壇者ら=12日夜、中野わいわいホール西表島の世界自然遺産登録への課題や展望を共有する登壇者ら=12日夜、中野わいわいホール
西表島の世界自然遺産登録
有識者らが対策討議
 【西表】ことし夏に控える西表島を含む「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録に向けて、沖縄県のフォーラム「西表島らしい世界自然遺産のあり方」が12日夜、中野わいわいホールで開催された。有識者や地元自然保護・観光団体の代表者ら8人が自然保全対策などを討議。島独自の自然価値や課題を知ることがスタートラインとなり、自然と人間が共生できる地域づくりにつながることを確認した。  ...
本文を読む

西表島の世界自然遺産登録向け きょうカデロ氏を任命

西表島の世界自然遺産登録向け 各島の魅力、世界にPR期待
 ことし夏ごろに西表島の世界自然遺産登録を控える竹富町は16日、世界文化遺産を有するサンマリノ共和国の駐日特命全権大使マンリオ・カデロ氏を町応援大使に任命する。世界154カ国の駐日大使を代表する駐日外交団長も務めるカデロ大使を通して町内各島の歴史や自然、文化などの魅力を発信したい考え。西大舛髙旬竹富町長は取材に「カデロ大使の力をお借りし、西表島、そして竹富町を世界にPRしていきたい」と期待を寄せ...
本文を読む

島の自然楽しみ69人快走

沿道の声援を受け、大自然のなかを笑顔で駆け抜ける参加者ら=17日、西表島沿道の声援を受け、大自然のなかを笑顔で駆け抜ける参加者ら=17日、西表島
西表島で初のトライアスロン
コース沿道で住民ら応援
 西表島をトライアスロンで盛り上げようと「西表島HAPPY77トライアスロン」(西表島スポーツプロジェクト主催、Triathlon LUMINA主管)が17日、前泊浜ビーチを発着地点に初めて開催された。悪天候でコースが変更されたが、全国からエントリーした69人が、競技を楽しみながら西表島のロケーションを満喫した。  前夜からの雨や強風の影響で会場の前泊浜湾内が早朝からうねっていたため、ラン1...
本文を読む

西表島でトライアスロン 12月17日に初開催

12月17日に初開催される新感覚のスポーツ交流大会「西表島Happy77トライアスロン」への参加を呼び掛ける川尻哲央代表(左)と上地健太郎副代表=17日午後、竹富町商工会12月17日に初開催される新感覚のスポーツ交流大会「西表島Happy77トライアスロン」への参加を呼び掛ける川尻哲央代表(左)と上地健太郎副代表=17日午後、竹富町商工会
スイム・バイク・ランの全77㌔
応募締め切りは12月2日
 西表島在住のスポーツ愛好家らで構成する「西表島スポーツプロジェクト(川尻哲央代表)」が12月17日に西表島で、新感覚のスポーツ交流大会「西表島Happy77トライアスロン」を初開催する。タイム測定や順位付けは行わず、スイム・バイク・ランの3種目を通して島の大自然を満喫してもらうとともに、大人から子どもまでが集う場づくりにつなげたい考え。17日午後、竹富町商工会で会見し、川尻代表は「初心者の方で...
本文を読む

祖納、干立で伝統の節祭 西表島

フダチミを先頭にアンガー行列が入場した=9日午前、前泊海岸フダチミを先頭にアンガー行列が入場した=9日午前、前泊海岸
アンガー行列、オホホも登場
五穀豊穣と繁栄祈る
 【西表】国指定の重要無形民俗文化財で500年以上の伝統を誇る、竹富町西表島祖納と干立の節祭(シチ)の世乞い(ユークイ)が9日、両集落で行われた。祖納では、黒い衣装を身にまとったフダチミを先頭に「アンガー行列」、干立では、奇声を発し滑稽なしぐさをする「オホホ」が登場し、舞踊なども奉納された。集落内にはドラの音や歌声が響き、郷友会や観光客ら多くの人が訪れ、島西部最大の神行事は熱気に包まれた。 ...
本文を読む

自然遺産登録へ手応え

来年夏の世界自然遺産登録を目指す推薦候補地のIUCNの現地調査終了を報告する関係者ら=20日午後、石垣市の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター来年夏の世界自然遺産登録を目指す推薦候補地のIUCNの現地調査終了を報告する関係者ら=20日午後、石垣市の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
IUCN調査終え関係機関
観光利用ルール策定課題
 政府が2018年夏の世界自然遺産登録を目指す西表島などの推薦候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の国際自然保護連合(IUCN)による現地調査が20日、終了した。環境省と林野庁などは同日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで記者会見し、林野庁九州森林管理局の林視(のぞむ)部長は「国有林の価値や保護管理の取り組みに対して一定の理解を得られたと考えている」と手応えを示した。今回の...
本文を読む

IUCN、西表を調査

マングローブの原生林に覆われた後良川上流をカヌーで上り視察を行う調査団=18日午前、西表島マングローブの原生林に覆われた後良川上流をカヌーで上り視察を行う調査団=18日午前、西表島
自然遺産登録向け
後良流域を観察
 【西表】「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島県、沖縄県)の世界自然遺産登録に向け現地調査を行っている国際自然保護連合(IUCN)の専門家2人は18日、自然遺産推薦地の竹富町西表島を調査した。2人は、島東部の古見集落北側にある後良(しいら)川をカヌーで上流に上り、マングローブの原生林やそこに生息する生物を観察した。19日は、地元の観光業や自然保護団体らと意見交換会を予定している。調...
本文を読む

1世に感謝、入植65年祝う 西表大富公民館が記念祭

大富集落の入植1世の皆さん=26日、大富大富集落の入植1世の皆さん=26日、大富
本土からも郷友が参加
 【西表】第65回大富入植記念祭が26日、大富公民館(佐事安紀館長)で開かれ、地域住民のほか、大宜味村などから大勢の関係者や郷友が参加。入植65年目の節目を盛大に祝った。式典に先立ち仲間川河口の命の泉「天の川」「大富川」での感謝祈願も行われた。  同地域は終戦後の1952(昭和27)年8月に大宜味村、竹富島、波照間島、久米島などから230人余りが入植して集落を築いた。  式典では物故者に...
本文を読む

西表島の世界自然遺産登録 合意形成を呼び掛け

2018年夏の西表島の世界自然遺産登録に向けて、竹富町は初の地元説明会を開催=7日夜、祖納公民館2018年夏の西表島の世界自然遺産登録に向けて、竹富町は初の地元説明会を開催=7日夜、祖納公民館
初めての地元説明会 登録後の明暗を不安視
 【西表】竹富町は7日、2018年夏の西表島の世界自然遺産登録に向けて、地域住民との合意形成を目的に初めての地元説明会を開催した。町政策推進課の通事太一郎課長が住民20人を前に「登録を契機に、改めて島の自然環境の保全と利用の仕組みを築く機会、島の将来を考え直す機会としたい」と協力を呼び掛けた。町は31日までに順次、島内の全14公民館で説明会を開く予定。  ことし秋には登録可否につながる国際自...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム