八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「虐待」の検索結果は以下のとおりです。

高齢者虐待、8件認定 2016年度

高齢者虐待防止研修会で話に聞き入る参加者=7日夜、市健康福祉センター高齢者虐待防止研修会で話に聞き入る参加者=7日夜、市健康福祉センター
08、09年度とならび過去最多
 石垣市で2016年度に発生した養護者による高齢者虐待認定件数が8件と、08年度、09年度とならび過去最多だったことが分かった。石垣市地域包括支援センター(長嶺孝子所長)が7日に市健康福祉センターで開いた高齢者虐待防止研修会で報告した。17年度(10月末現在)の認定件数は4件となっている。同センターの齋藤弘美社会福祉士は「何かおかしいと思うことがあったらお知らせいただき、一緒に解決方法を考えてい...
本文を読む

障がい者虐待防止で市が通報・相談窓口 24時間受け付け

事例確認はゼロ
 障害者虐待防止法が10月1日から施行されたことに伴い、石垣市は同日付で「障がい者虐待防止センター」を障がい福祉課内に設置した。障がい者が虐待を受けていることに気付いた人や悩みを抱える障がい者世帯から、通報・相談を受ける窓口となる。業務時間外や土日、祝日でも対応する。  同法に基づく虐待は▽養護者による虐待▽福祉施設従事者による虐待▽使用者による虐待の3種類。虐待を発見した人の通報や虐待を受...
本文を読む

石垣市 昨年度の相談 児童虐待が112件、予防対策の整備が重要

 2011年度に寄せられた石垣市の児童虐待の相談は112件にのぼったことが、市のまとめで分かった。このうち23件が新規のケースで、身体的虐待が12件、ネグレクト(保護の怠慢・拒否)が6件、心理的虐待が5件だった。児童家庭課が16日、要保護児童対策地域協議会(宮良清盛会長、各機関代表者20人)で報告した。講話した井村弘子沖縄国際大学准教授は「これから大事なことは児童虐待予防・未然防止対策の整備」と話...
本文を読む

「子どもへの声かけを」児童虐待防止シンポジウム

5氏が意見交換「子育て見守る環境を」
 児童虐待の未然防止や早期発見を地域社会に浸透させることを目的とした児童虐待防止シンポジウム(主催・石垣市、市要保護児童対策地域協議会)が13日午後、市健康福祉センターで開かれ、児童委員や一般市民多数が参加した。基調講演やパネルディスカッションを通して、人権意識や保護者に対する周囲の支援、子どもたちへの声かけなどの重要性が強調された。   基調講演は比嘉正央氏(HIV人権ネットワーク沖縄理事...
本文を読む

児童虐待相談件数が増加傾向 「助けて」と切実な声

 石垣市福祉事務所に寄せられる児童虐待の相談件数は本年度、4~7月の4カ月間で17人となり、このペースが続くと、前年度1年間の相談人数26人のほぼ2倍に達する勢いだ。相談のなかには、生活苦や病気が原因で「子どもを虐待しそうだ。助けてほしい」という保護者本人からの訴えも含まれており、同事務所では「家庭をサポートすれば、児童虐待に至らないこともある」(児童家庭課)としている。  石垣市内では去年...
本文を読む

虐待相談は26件 子育て支援強化が課題

 石垣市の2009年度児童虐待の相談件数は26件(26人)となり、前年度の21件から増加していることが分かった。市健康福祉センターで10日開催された石垣市要保護児童対策地域協議会(山田隆一会長)で報告された。虐待相談件数の8割以上を母子家庭が占め、約半数が未就学の児童だった。事務局(市児童家庭課)は「子育てに焦りを感じている母親のストレスが、虐待につながっているケースが多く見受けられる傾向」として...
本文を読む

子どものサインに目と耳を

八重山でも増える子ども虐待相談、死亡例も
■今月は児童虐待防止月間  近年、児童虐待のニュースを聞かない日はないといっていいほど問題が深刻化している。医師や保育士、近隣住民などから全国の児童相談所に持ち込まれる件数も07年度は過去最多の4万件を突破した。そして死亡も年間50人を超え、悲しいことに1週間に1人が親の虐待で命を奪われている。  八重山でも今年6月、3歳の男児が父親に殴られて死亡するという痛ましい事件があり、児童相談所や...
本文を読む

今月は児童虐待防止月間

3歳男児、父に殴られ死亡
相談も増加、重要な関係機関の連携
 11月は「児童虐待防止推進月間」で、全国各地で虐待防止の講演会や児童相談所(児相)をPRする取り組みが行われている。そのような中、厚生労働省は08年度に児相で対応した虐待の件数が4万2662件の過去最悪を更新したと発表。石垣市では今年6月に3歳の男子児童が実の父親に殴られ意識不明の重体後、死亡する事件も発生し、子どもたちを取り巻く環境は深刻なものとなっている。虐待に関する市民の認識は高まりつつあ...
本文を読む

重体の3歳男児が死亡 八重山署

 6月19日に父親の洲鎌初容疑者(29)=傷害容疑で送検済み=から暴行を受け、重体だった3歳の長男が7日午後7時38分、県立八重山病院で救急性硬膜下血腫で死亡した。  この事件は、石垣市大川の土木作業員、洲鎌容疑者が自宅アパートで3歳の長男の頭部をこぶしで殴り、ケガを負わせたもので、長男は脳挫傷、硬膜下血腫で重体が続いていた。
本文を読む

父親暴力の男児重体、児童相談所から状況聞く 県議会文教厚生委

「初動に問題があった」
 【那覇】石垣市内で男児(3)が父親に殴られて重体となったことを受けて、県議会の文教厚生委員会(赤嶺昇委員長)は22日、中央児童相談所を所管する青少年・児童家庭課の担当職員らから事件の状況や児童相談所八重山分室の状況を聞いた。同分室は職員1人の担当件数が過密な状態となっており、今回の事件を未然に防ぐことができなかったことについて「初動に問題があった」(同課)として児童保護に向けて「児童虐待防止に向...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム