八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「航空路線」の検索結果は以下のとおりです。

双方向チャーター運航開始 マンダリン航空

定期化を視野、一般客搭乗可 台湾路線2社8便体制に
 マンダリン航空(華信航空)は、台北(桃園国際空港)―石垣間で一般客も搭乗できる双方向プログラムチャーター便の運航を3日から開始した。水、土曜日の週2回4便の運航を計画。チャイナエアライン沖縄支店(黄元?支店長)によると、フリー枠は20―25席を用意している。石垣発着のチケットは地元の代理店と調整が済み次第、販売を開始する予定だ。南ぬ島石垣空港の台湾路線は、トランスアジア航空(復興航空)を加え週...
本文を読む

台湾・石垣直行便が再開 トランスアジア航空

定期化の実現を目指す
 今年3月中旬から運休していたトランスアジア航空(復興航空)は23日、台湾・石垣直行便を再開させた。花蓮空港から台北市に近い桃園国際空港に発着を変えた運航で、桃園空港からの定期チャーターは今回が初めて。10月24日まで毎週木・日曜日の1往復2便の運航許可を得ているが、同社は定期化する方針という。横田恵三郎日本支社長は「秋口までには定期化を実現させたい」と語った。  同社は千歳空港など北海道の5空...
本文を読む

復興航空、5月に運航再開か 台湾直行便に期待広がる

 復興航空の石垣花蓮直行便が3月に運航を休止して1カ月余り。台湾への修学旅行を計画している与那国町の教育関係者や7月に台湾で公演を控える八重山・台湾親善交流協会(石垣久雄会長)など台湾との交流に関心を寄せる郡民の間では、運航再開を求める声が広がっている。  航空便の運航情報を集めた英字サイト「エアラインルート」は4月25日、復興航空が5月23日から週2便、台北近郊の桃園国際空港と石垣との間を...
本文を読む

JTA与那国石垣線存続、全会一致で要請決議 与那国町臨時議会

週明け航空各社直訴
 【与那国】与那国町議会(前西原武三議長)は27日午後、臨時議会を開き、日本トランスオーシャン航空(JTA)の与那国~石垣路線の存続を求める要請決議と意見書を全会一致で原案通り可決した。提案者の崎元俊夫氏と嵩西茂則氏は「町民生活の安定と経済の振興を図るうえから、路線廃止の検討を再考し、運航の継続をお願いしたい」と訴えた。  30日に日本トランスオーシャンと日本航空(株)沖縄支店、県議会議長に...
本文を読む

スカイマーク 早期乗り入れを要請

先島間の運賃格差是正を、観光客ダウンで市観光協会
 石垣市観光協会(宮平康弘会長)は来年1月、格安航空会社のスカイマークに対して、石垣への早期乗り入れを要請することになった。スカイマークの宮古那覇便は最安の運賃が2800円で、郡内では石垣那覇便の運賃に対する割高感が広がっている。宮平会長は「このような状態は放置できない」として、先島間の運賃格差の是正にはスカイマークの早期乗り入れが必要との考えを示した。  宮平会長が26日午後、市内ホテルで...
本文を読む

RAC与那国‐那覇路線 国庫補助の対象に選定

 【那覇】離島航空路線の国庫・県単独補助対象路線を選定する2011年度県離島航空路線協議会が21日、県南部合同庁舎で開かれ、日常拠点や単独路線、赤字路線、船舶移動が2時間以上などの要件を満たす与那国‐那覇(琉球エアーコミューター)を含む4路線を国庫補助の対象路線に選定した。  同協議会は、県内離島航空路線の安定的運航の確保と維持・活性化を図ることを目的にしており、選定結果を離島航空路保持計画...
本文を読む

県企画部、与那国~石垣線などPR 航空運賃の3~5割低減

ポスターやCM作成で紹介
 【那覇】県企画部交通政策課交通企画班は28日、与那国~石垣線を含む6路線の航空運賃を3割から5割引き下げる小規模離島航空路利用活性化事業の「沖縄小さな島物語キャーンペーン2011」実施を発表した。同事業の認知度が県内住民59%、県外住民で22%と低いため、PRを図るもの。  同事業は、与那国や久米島、粟国、南大東島、北大東島、多良間島など、中核病院および高校のない小規模離島が対象。離島住民...
本文を読む

与那国~那覇国庫補助路線に 国が746万円補てん

 【那覇】離島航空路線の国庫・県単独補助対象路線を選定する2011年度県離島航空路線協議会が27日、県庁で開かれ、日常拠点や単独路線、赤字路線、船での移動が2時間以上かかるなどの要件を満たしている与那国~那覇、粟国~那覇を国庫補助の対象路線に選定した。  同協議会は県内離島航空路線の安定的運航の確保と維持・活性化を図ることを目的としたもの。県と県内各離島の市町村、航空4社で構成している。 ...
本文を読む

新石垣空港への期待大 スカイマークの西久保社長

台湾路線も検討
 【那覇】スカイマークの西久保愼一社長が24日、県の上原良幸副知事を訪ね、9月から那覇~宮古路線を開設し、1日5往復することを報告した。  また、2013年3月の開港を目指す新石垣空港について「高い期待を持っている。もともと需要の高い路線で、国際線を含め、いろんな意味で積極的に取り組んでいきたい」と石垣線への就航へ前向きな意見を述べた。  スカイマークの西久保社長は石垣、宮古を含めた離島便...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム