八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「脳内出血死」の検索結果は以下のとおりです。

45歳以上で44人に 脳内出血死

年齢階級別の脳内出血死亡数年齢階級別の脳内出血死亡数
「予防対策で減らせる」
地区健康おきなわ21
 2016年からの2年間、八重山地域で45歳以上の脳内出血死亡者数が44人に上ったことが7日、八重山保健所の資料で分かった。働き世代の45~59歳の死者数は9人、60~69歳も15人と多かった。44歳まではゼロ。2018年度第2回八重山地区健康おきなわ21推進会議(議長・国吉秀樹八重山保健所長)で報告、「予防対策で死亡数を減らせる」として対応策を話し合った。  八重山では高血圧、糖尿病、脂質...
本文を読む

脳内出血死、県内ワースト

脳内出血死亡状況(2011〜2015年)脳内出血死亡状況(2011〜2015年)
県平均の2・5倍以上
八重山保健所管内
 2017年度八重山保健所運営協議会(会長・中山義隆石垣市長、委員10人)が8日午後、八重山保健所で開催され、2011年~15年の脳内出血による標準化死亡比が、県内5保健所管内で男女とも八重山がワーストだったことが報告された。県平均を100とした場合、八重山は男性250・2、女性277・4と2・5倍以上。ワースト2位との差も大きく、問題の深刻さが浮き彫りとなった。  予防の問題として未知量の...
本文を読む

脳内出血死率、全国の倍以上

2次医療圏で脳内出血による死亡率が高い八重山の現状について話し合う八重山地区保健医療計画協議会=26日午後、八重山保健所2階会議室2次医療圏で脳内出血による死亡率が高い八重山の現状について話し合う八重山地区保健医療計画協議会=26日午後、八重山保健所2階会議室
血圧コントロールが重要
地区保健医療計画協議会
 郡内の安定した医療確保について話し合う八重山地区保健医療計画協議会(事務局・八重山保健所、委員13人)が26日午後、同保健所2階会議室で開かれ、全国の2次医療圏で脳内出血による死亡率(標準化死亡比)が2008年から5年間で最も高い八重山の現状について議論した。  報告では、標準化死亡率の全国値が100に対して八重山の男性は273.0、女性は226.7で共に全国ワースト。琉球大学医学部付属病...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム