八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「竹富診療所」の検索結果は以下のとおりです。

石橋医師が島を後に 退任で地域住民ら見送り

出港する船から手を振る石橋興介医師(右)ら家族=25日午前、竹富港出港する船から手を振る石橋興介医師(右)ら家族=25日午前、竹富港
竹富診療所
 【竹富】竹富町立竹富診療所の常駐医師を退任した石橋興介医師(39)=福岡県出身=が25日午前、家族とともに4年間、暮らした竹富島を後にした。竹富港には大勢の地域住民が駆け付け、たった1人の島医者の船出を見送った。  石橋医師は赴任した2015年3月から4年間、島の医療に従事。島に高度医療機器を導入したり、予防医療の実践で地域と連携して島民の健康づくりに取り組むなど医療向上に尽くした。今後は...
本文を読む

要員確保システム確立を 竹富診療所

西大舛髙旬町長に医療スタッフ確保システムの構築などを要請する竹富診療所を支援する会の島仲彌喜代表(奥右)と石橋興介医師(同中央)=12日午後、竹富町長室西大舛髙旬町長に医療スタッフ確保システムの構築などを要請する竹富診療所を支援する会の島仲彌喜代表(奥右)と石橋興介医師(同中央)=12日午後、竹富町長室
継続的な地域医療で要請
 竹富島の継続的な地域医療を確立するため、竹富診療所を支援する会(島仲彌喜代表)や同診療所所長の石橋興介医師らが12日午後、西大舛髙旬町長や竹富町議会(新博文議長)に▽町主導の診療所医療スタッフ確保システムの確立(再要請)▽歴代スタッフ同士のつながりの構築—などを要請した。  要請は同日午後、町役場内の町長室で行われ、島仲代表と石橋医師がそれぞれ、要請文を西大舛町長に手渡した。島仲代表は「町...
本文を読む

島民参加の健康づくり評価

第6回健康寿命をのばそう!アワードで厚生労働大臣最優秀賞を獲得した町立竹富診療所の石橋興介医師(右から3人目)と島関係者ら=13日午後、東京都港区内(同診療所提供)第6回健康寿命をのばそう!アワードで厚生労働大臣最優秀賞を獲得した町立竹富診療所の石橋興介医師(右から3人目)と島関係者ら=13日午後、東京都港区内(同診療所提供)
竹富診療所に厚労大臣最優秀賞
生活習慣病予防分野
 厚生労働省の健康づくりについて優れた取り組みを行う企業・団体などを表彰する「第6回健康寿命をのばそう!アワード」の生活習慣病予防分野で町立竹富診療所(石橋興介医師)が厚生労働大臣最優秀賞に輝いた。石橋氏は「日ごろ島民が頑張って取り組む健康づくりが評価された。県単位での参加が多かったなか、島民約360人の小規模な取り組みが選ばれるとは夢にも思わなかった」と喜びをにじませ、竹富島民への感謝の思いを...
本文を読む

老朽化した機器を新調 竹富診療所

竹富診療所を支援する会が寄付金で購入した自動分割分包機。左は石橋興介医師=3日午後、同診療所竹富診療所を支援する会が寄付金で購入した自動分割分包機。左は石橋興介医師=3日午後、同診療所
支援する会が寄付金で購入
 【竹富】竹富町立竹富診療所(所長・石橋興介医師)で、薬を袋詰めする自動分割分包機が老朽化していた問題で、同診療所を支援する会(島仲彌喜代表)は新たな分包機1台を寄付金で購入し、3日午後、同診療所に贈った。竹富公民館の上勢頭篤館長は「多くの人の善意に感謝している。不具合のない機械で安心安全に薬を受け取ることができる」と感謝した。  旧分包機は昨年5月ごろから袋を閉じる機能に不具合が生じていた...
本文を読む

竹富診療所が休診 体調不良で常駐医退職

常駐医師不在で休診している町立竹富診療所=23日午後常駐医師不在で休診している町立竹富診療所=23日午後
 【竹富】竹富町立竹富診療所に赴任していた常駐医師が体調不良のため退職し、23日から休診していることが分かった。町健康づくり課(與那覇忠課長)によると、後任の医師は確保できておらず、6月中は休診し、7月から常駐医師を確保できるまでの間は、県地域医療支援センターからの医師派遣により週3回の巡回診療を行う方向で調整を進めている。  同課によると、同診療所では2009年4月にも医師の退職で常駐医が...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム