八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「竹富島」の検索結果は以下のとおりです。

ホテル建設「ならぬ」 中止求め署名活動開始

「(仮称)コンドイビーチホテル」の建設中止を求め署名する来島者ら=23日午前、竹富東港「(仮称)コンドイビーチホテル」の建設中止を求め署名する来島者ら=23日午前、竹富東港
竹富島を守る会 開発業者に反対の声届ける
 【竹富】竹富島を守る会(阿佐伊拓会長)は、竹富島コンドイ浜近くで㈱RJエステートが開発を計画する「(仮称)コンドイビーチホテル」の建設中止を求める署名活動を23日、竹富東港で開始した。同会によると、ことし8月ごろ着工の恐れが出てきたことから建設着工に対し「断固反対」の意思を示すため運動に踏み切った。SNSなどで賛同を呼び掛け、電子署名でも受け付けている。署名期間は来月20日まで。集められた署名...
本文を読む

連休の島々、大にぎわい 竹富島に通常の3倍の客

行き交う観光客らで混雑する集落内=3日午後、竹富島行き交う観光客らで混雑する集落内=3日午後、竹富島
全航路でフル稼働 各島ホテルどこも満室
 10連休の期間中、石垣港離島ターミナルは終日、離島で過ごそうという観光客らで大混雑している。船会社各社も臨時便を出すなどして対応、すべての航路でフル稼働している状態だ。船会社によると、連休2日目の4月28日ごろから客が増えだし、憲法記念日の5月3日は天気が悪かったため、近場の竹富島に観光客が集中、通常の3倍近い乗客があったという。船会社では石垣市と竹富町の子どもを対象に連休中、運賃免除や割引サ...
本文を読む

荷捌き施設工事完了 竹富東港

4月中に供用開始が予定されている屋根付き荷捌き施設=3月28日午前、竹富東港4月中に供用開始が予定されている屋根付き荷捌き施設=3月28日午前、竹富東港
4月中に供用開始予定
 【竹富】沖縄県は3月末までに、竹富島の竹富東港荷捌き施設の新築工事を終え、4月中の供用開始を予定している。屋根付き施設のため天候に左右されず、貨客船からのコンテナやパレットに積まれた荷物の引き取りがスムーズに行える環境が整った。県から委託を受けた竹富町が維持管理を担う。  施設は鉄骨造り平屋建てで、天井の高さは約4㍍。延べ床面積は302平方㍍で、これを含む周辺700平方㍍を舗装した。工事費...
本文を読む

4月徴収開始間に合わず 竹富島入域料

竹富島を訪れる観光客は年間約50万人に達する。町は入域料の徴収開始を7月ごろと見込んでいる=30日午前、竹富島のフェリー乗り場竹富島を訪れる観光客は年間約50万人に達する。町は入域料の徴収開始を7月ごろと見込んでいる=30日午前、竹富島のフェリー乗り場
財団新設、条例制定など
町、7月見据え条件整備
 【竹富】竹富島を訪れる人から任意で入域料を徴収する計画は、4月1日の開始に間に合わないことが竹富町への取材で分かった。町は今後、活動主体の財団法人の新設、6月定例町議会での入域料に関する条例の制定を目指す。徴収業務を委託予定の船舶会社と調整を進め、合意できる条件を整えていく考え。これらの作業を踏まえ、町は徴収の開始時期を7月ごろと見込んでいる。  入域料の地域計画案は、自然環境保全などを目...
本文を読む

竹富島入域料の委託難航

自然環境保全や農村集落景観を守るため「入域料」の導入を予定している竹富島。徴収業務のめどは立っていない=11月22日自然環境保全や農村集落景観を守るため「入域料」の導入を予定している竹富島。徴収業務のめどは立っていない=11月22日
船舶3社、徴収業務に二の足
 竹富島が来年4月1日の実施を目指す、入島する観光客らから任意の入域料300円を徴収する計画について、徴収業務委託候補の船会社3社が受託に二の足を踏んでいることが分かった。徴収方法案は、船賃に入域料を上乗せし、その一部を船会社に手数料として支払う徴収方法案となっているが、船会社側は、利用客への理解や経理業務に「不安要素がある」と懸念。町は船会社に協力を仰いでいるが、調整は平行線をたどっている。 ...
本文を読む

前本さん、県から表彰

しまくとぅば普及功労者としての表彰報告をした前本隆一さん(右から2人目)=20日午前、竹富町役場町長室しまくとぅば普及功労者としての表彰報告をした前本隆一さん(右から2人目)=20日午前、竹富町役場町長室
テードゥンムニや古謡継承に尽力
 しまくとぅばの普及活動の功績が認められ、15日に県から表彰を受けた竹富町竹富島の前本隆一さん(88)が20日午前、町役場で西大舛髙旬町長らに受賞を報告した。前本さんは、1977年からテードゥンムニ(竹富島言葉)を地域で指導し、島言葉や古謡継承に尽力したことが評価された。県しまくとぅば普及功労者の受賞は町内で初めて。  前本さんは、竹富小中学校PTAが主催するテードゥンムニ大会の指導をはじめ...
本文を読む

竹富島入域料300円

計画案が池田孝之委員長(右)から西大舛髙旬町長に答申された=18日午後、竹富島まちなみ館計画案が池田孝之委員長(右)から西大舛髙旬町長に答申された=18日午後、竹富島まちなみ館
協議会が町に答申
保全・再生事業に活用
 【竹富】竹富島の貴重な生態系と農村集落景観の保全・再生を目的に進められてきた「竹富島地域自然資産地域計画(案)」が18日午後、竹富島まちなみ館で開かれた第4回協議会(池田孝之委員長、委員25人)で承認され、同日、池田委員長から西大舛髙旬町長に答申された。これまで議論されてきた入域料は、島民らが保全・再生活動に必要と試算した1人当たり300円に決定した。事業実施主体の竹富町が島の新設法人に委託し...
本文を読む

新人8人が竹富島満喫 千葉ロッテマリーンズ

水牛者観光を楽しんだ新人選手ら=5日午前、竹富観光センター水牛者観光を楽しんだ新人選手ら=5日午前、竹富観光センター
安田「水牛パワーでがんばる」
 千葉ロッテマリーンズ春季キャンプオフ日の5日、ドラフト1位安田尚憲内野手(18)=履正社高=を含む新人選手8人が竹富島名物の水牛車観光で、島の伝統的な町並みや文化に触れ休日を楽しんだ。  竹富島を訪れたのは安田、藤岡裕大(24)=トヨタ自動車=、山本大貴(22)=三菱自動車岡崎=、菅野剛士(24)=日立製作所=、渡邉啓太(24)=NTT東日本=、永野将司(24)=Honda=、和田康士朗(...
本文を読む

ツマベニチョウの島に貢献 前田建設工業㈱九州支店

「ツマベニチョウ」の食草となるギョボクを贈った前田建設工業株式会社九州支店の顧問徳永憲昭さん(左から2人目)。右は與那國光子さん=23日午前、竹富島「ツマベニチョウ」の食草となるギョボクを贈った前田建設工業株式会社九州支店の顧問徳永憲昭さん(左から2人目)。右は與那國光子さん=23日午前、竹富島
5年間、食草のギョボクを贈呈
 【竹富】町蝶「ツマベニチョウ」を増やす取り組みを続けている前田建設工業株式会社九州支店は23日午前、食草となるギョボク230本を竹富公民館に贈った。徳永憲昭顧問らが竹富島を訪ね、5年間続けてきた活動の締めくくりとして記念植樹も行った。同社がこれまでに贈ったギョボクは700本近く。同社に支援を求めて取り組みを実現させた與那國光子さんは「多くのツマベニチョウが舞う島になった」と感謝した。  同...
本文を読む

竹富島のビーチきれいに 

JTB協定旅館ホテル連盟沖縄支部連合会のビーチクリーンの参加者ら=13日、コンドイ浜JTB協定旅館ホテル連盟沖縄支部連合会のビーチクリーンの参加者ら=13日、コンドイ浜
JTB八重山会ら関係者70人
 【竹富】JTB協定旅館ホテル連盟沖縄支部連合会(新垣哲雄代表)は13日午前、竹富島でビーチクリーンを行った。地域貢献の一環として本島、宮古、八重山で行っているもので、竹富島は初めて。JTB八重山会、竹富公民館、観光関連業から約70人が参加した。  参加者は1時間程度、コンドイ浜や東港付近でごみを拾い集めた。開始から10分ほどで、用意したごみ袋が足りなくなるほどのごみ量。防風林の間に埋もれた...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム