八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「空手」の検索結果は以下のとおりです。

長野(大浜中1年)が初優勝

中学男子の部で初優勝を飾った長野盛陽=9月30日、沖縄市武道館(極真石垣道場提供)中学男子の部で初優勝を飾った長野盛陽=9月30日、沖縄市武道館(極真石垣道場提供)
全沖ウエイト制空手選手権大会
来年6月、全日本決定戦へ
 第19回オープントーナメント全沖縄県ウエイト制空手道選手権大会(極真会館沖縄県支部主催)が9月30日、沖縄市武道館で開催され、中学1年生男子重量級の部で、極真石垣道場(田福雄市責任者)の長野盛陽(大浜中1年)が初優勝を飾った。同道場から同カテゴリーの優勝は初めて。  長野は、初戦から下段回し蹴りで一本勝ち。決勝でも圧倒的な力の差で相手を寄せ付けなかった。  長野は、2019年6月の全日...
本文を読む

木伏が中学形制す 善雄杯空手道大会

熱戦を展開する中学生団体組手決勝、拳秀館Aの木伏森蔵(右)×久松中の洌鎌悠仁の試合=19日、八重山農林高校体育館(第5回善雄杯空手道大会実行委員会提供)熱戦を展開する中学生団体組手決勝、拳秀館Aの木伏森蔵(右)×久松中の洌鎌悠仁の試合=19日、八重山農林高校体育館(第5回善雄杯空手道大会実行委員会提供)
組手 男子は西村、女子は翁長
 第5回善雄杯空手道大会(同実行委員会主催)が19日、八重山農林高校体育館で開催され、横浜、岡山、沖縄本島、宮古島、石垣島の島内外の12道場から総勢147人が出場し、形と組手で日ごろの鍛錬の成果を競った。  結果は次の通り。  【個人形】   ▽幼児=①岩田梨彩紗(拳誠館)②多宇正穂(拳秀館)③大濵顕(同)  ▽小学1年=①上地結心(拳秀館)②玉城遼太郎(仲本塾)③金城...
本文を読む

田福、全日本空手初V 八重山初の快挙

壮年男子無差別B(50代の部)でオープントーナメント全日本空手道選手権大会を制した田福雄市=5日、東京駒沢オリンピック公園体育館(極真空手石垣道場提供)壮年男子無差別B(50代の部)でオープントーナメント全日本空手道選手権大会を制した田福雄市=5日、東京駒沢オリンピック公園体育館(極真空手石垣道場提供)
壮年男子無差別B
前々回王者を判定で下す
 東京都内で5日に開催された直接打撃制の第48回オープントーナメント全日本空手道選手権大会(主催・一般社団法人国際空手道連盟極真会館)で、沖縄県代表として壮年男子無差別B(50代の部)に出場した極真空手石垣道場責任者の田福雄市(51)が初優勝の快挙を成し遂げた。八重山初。  持ち前のパワーとスタミナで初戦から決勝まですべての試合で本戦勝利。決勝では前々回王者を5ー0の判定で下した。同道場は全...
本文を読む

4選手が全国大会へ 全沖縄選手権

左から準優勝の大道あかりと翁長楓花、3位の桐生千空と當銘凜。右端はベスト8の南盛陽=29日午後、宜野湾市民体育館(極真会館沖縄県支部石垣道場田福雄一責任者提供)左から準優勝の大道あかりと翁長楓花、3位の桐生千空と當銘凜。右端はベスト8の南盛陽=29日午後、宜野湾市民体育館(極真会館沖縄県支部石垣道場田福雄一責任者提供)
大道と翁長が準優勝 桐生、當銘が3位に
 ファイティングオープントーナメント2016全沖縄空手道選手権(白蓮会館沖縄県支部主催)が29日、宜野湾市民体育館で開催され、石垣市から出場した大道あかり(八島小6年)と翁長楓花(新川小5年)が準優勝、桐生千空(平真小3年)と當銘凜(川原小3年)も3位入賞した。4選手は7月に大阪で開催される全国大会への出場権を獲得した。  結果は次の通り。  〈小学3年生女子〉 ▽3位=桐生千空(平真小...
本文を読む

前田島が高校女子準V 小2女子は桐生3位

2015年大阪城杯冬の陣に出場した左から當銘凛、桐生千空、前田島光里、大道あかり=23日、大阪市中央体育館サブアリーナ(極真会館沖縄県支部石垣道場田福雄市責任者提供)2015年大阪城杯冬の陣に出場した左から當銘凛、桐生千空、前田島光里、大道あかり=23日、大阪市中央体育館サブアリーナ(極真会館沖縄県支部石垣道場田福雄市責任者提供)
空手OPトーナメント 全日本大会出場へ
 空手の2015年大阪城杯冬の陣・第21回オープントーナメントグランドチャンピオン決定戦第2次選考会(極真会館関西総本部主催)が23日、大阪市中央体育館サブアリーナで開催され、八重山から出場した前田島光里(八重高1年)が高校1・2年生女子の部で準優勝、桐生千空(平真小2年)が小学2年生女子の部で3位入賞を果たし、来年6月に行われる全日本大会の出場権を手に入れた。  結果は次の通り。  ▽...
本文を読む

空手道の教士八段に合格 先島で最高段位

今年1月の県空手道連盟の昇段審査で教士八段に昇段した當銘正昭さん=19日午後、石垣市新川の當銘さんの自宅今年1月の県空手道連盟の昇段審査で教士八段に昇段した當銘正昭さん=19日午後、石垣市新川の當銘さんの自宅
新川の當銘正昭さん
 県空手道連盟の昇段審査がこのほど開かれ、石垣市新川の當銘正昭さん(71)=糸洲流武當館(ぶとうかん)=が教士八段に合格した。先島地区の最高段位で當銘さんは「うれしい。生きている限り上を狙いたい。(八段は)通過点」と、次の目標を見据えた。  八段への昇段は、七段取得後、7年の実績が必要。同連盟への貢献度、空手を継続していることが審査される。  當銘さんは、同連盟に道場登録はしているが門下...
本文を読む

大道(八島小4年)、大会3連覇 全沖縄空手道

実戦空手の「ファイティングオープントーナメント2014全沖縄空手道選手権大会」で3位以上の好成績を収めた極真空手石垣道場の桐生千空、翁長楓花、大道あかり、大道妃夏、前田島光里、荻堂健太郎(右から)=11日、宜野湾市立体育館(極真空手石垣道場提供)実戦空手の「ファイティングオープントーナメント2014全沖縄空手道選手権大会」で3位以上の好成績を収めた極真空手石垣道場の桐生千空、翁長楓花、大道あかり、大道妃夏、前田島光里、荻堂健太郎(右から)=11日、宜野湾市立体育館(極真空手石垣道場提供)
妃夏(八島小6年)、翁長(新川小3年)は準V
 実戦空手の「ファイティングオープントーナメント2014全沖縄空手道選手権大会」(主催・WKO世界組手連盟、白蓮会館沖縄支部)が11日、宜野湾市内で開催され、八重山から極真空手石垣道場の18人が出場、大道あかり(八島小4年)が危なげない試合運びで優勝を飾り、大会3連覇を達成した。翁長楓花(新川小3年)と大道妃夏(八島小6年)も決勝に進出したが、いずれも延長までもつれ込む接戦に惜敗し、準優勝となっ...
本文を読む

福元姉妹、木伏が優勝 沖縄剛柔流空手道

沖縄剛柔流空手道協会選手権大会で優勝など上位に入賞した拳秀館上地空手道場の選手ら=3月29日、県立武道館(拳秀館上地空手道場提供)沖縄剛柔流空手道協会選手権大会で優勝など上位に入賞した拳秀館上地空手道場の選手ら=3月29日、県立武道館(拳秀館上地空手道場提供)
目仲は3連覇達成
 2014沖縄剛柔流空手道協会選手権大会(同協会主催)が3月29日、県立武道館で開催され、拳秀館上地空手道場(上地拳王館長)の目仲立汰(平真小3年)が小学校3年男子形で優勝し、3連覇を達成した。同5年女子で福元円花(白保小)、同2年男子で木伏森蔵(吉原小)、同女子で福元虹七(白保小)も優勝を飾った。  また同6年女子で黒島彩友(海星小)、同1年女子で平田あみ(登野城小)は準優勝した。  ...
本文を読む

八重高、団体で3位 県高校新人空手

男子団体形で3位に入り、目標の九州大会の切符を手にした八重高の宮良玲遠、本宮滉之、城間大賀の3選手(左から)=12日午前、市総合体育館男子団体形で3位に入り、目標の九州大会の切符を手にした八重高の宮良玲遠、本宮滉之、城間大賀の3選手(左から)=12日午前、市総合体育館
11月の九州大会へ
 2013年度県高校新人体育大会空手道競技(県高校体育連盟主催)が12日、市総合体育館メインアリーナで開幕した。男子団体形では八重高が予選を4位で突破し、決勝で3位に入賞し、11月に宮崎県で開かれる九州大会への出場を決めた。  女子団体形の八重農は7位だった。  個人形では、男子で八重高の宮良玲遠が予選リーグを突破し、決勝トーナメントに進出した。同校の本宮滉之と城間大賀、八重農の下地一眞...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム