八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「石垣空港」の検索結果は以下のとおりです。

「お帰り、待っていたよ」

家族に出迎えられる帰省客ら=30日午前、南ぬ島石垣空港内ロビー家族に出迎えられる帰省客ら=30日午前、南ぬ島石垣空港内ロビー
石垣空港、帰省客ラッシュ
 年末年始をふるさとで過ごす帰省客や正月休みで石垣島を訪れる観光客らで30日、南ぬ島石垣空港はにぎわった。空港内の到着ロビーでは「お帰り」「待っていたよ」と、帰省した家族や親戚と抱き合って再会を喜ぶ人の姿があった。  同日午前、那覇-石垣便で帰省する長男家族を迎えた松山洋さん(74)=大川=は「普段は妻と2人暮らしなので、早く孫に会いたい」と到着が待ち遠しい様子。孫の琉王(るおう)君(15)...
本文を読む

ハイジャック想定し訓練

訓練で刃物を振り回し人質を盾に現金を要求する犯人役の男性=17日午後、新石垣空港訓練で刃物を振り回し人質を盾に現金を要求する犯人役の男性=17日午後、新石垣空港
16関係機関職員が参加
 伊勢志摩サミットを目前に控える中、ハイジャック事件対応訓練が17日午後、南ぬ島石垣空港内で行われ、石垣空港管理事務所や八重山署など16の関係機関の職員が参加した。  訓練は那覇空港から石垣空港に向けたABC航空234便(乗客75人)がハイジャックされ、石垣空港に緊急着陸したとの想定で実施。  午後4時に同便機長から空港管理事務所への着陸要請で訓練を開始。各関係機関への連絡、対策本部の設...
本文を読む

市の景況感 開港前より上昇が8割 3年後は変化なしか後退

27843.png
ビジョン提示が課題 市観光動向調査報告
 南ぬ島石垣空港の開港3年前と比較した石垣市内の景況感について、観光関連事業者の8割以上が上昇したと感じる一方、3年後には変化なしか後退するとみていることが、石垣市が今年3月にまとめた観光動向調査報告書で分かった。3年後も景況感が上昇していると回答したのは2割に満たなかった。市観光文化課は「現状の景況感が維持されるかどうかという不安があるのではないか。行政として今後のビジョンを提示していく必要が...
本文を読む

鳥が衝突 離陸中止 新空港では初めて

離陸を中断して駐機場に引き返したJTA機。右エンジンの点検をする整備士=7日午後6時23分、南ぬ島石垣空港離陸を中断して駐機場に引き返したJTA機。右エンジンの点検をする整備士=7日午後6時23分、南ぬ島石垣空港
那覇行のJTA機 滑走路を30分余閉鎖
 7日午後4時33分ごろ、南ぬ島石垣空港を那覇空港に向けて離陸態勢に入っていた日本トランスオーシャン航空(JTA)622便がバードストライクで離陸を中断し、滑走路上で停止した。JTAによると、同便には乗客143人、乗員5人が搭乗していたが、けがはなかった。離陸停止で滑走路は約34分にわたって閉鎖。琉球エアーコミューター(RAC)の機材が着陸できず、6分間上空で待機した。石垣市消防本部空港出張所の...
本文を読む

「人質を救出せよ」 ハイジャック想定訓練

訓練で人質役の女性(右)を救出し、ハイジャック犯役の男性を取り押さえる警察官ら=30日午後、南ぬ島石垣空港訓練で人質役の女性(右)を救出し、ハイジャック犯役の男性を取り押さえる警察官ら=30日午後、南ぬ島石垣空港
石垣空港
 2014年度新石垣空港航空機不法奪取事件対応訓練が30日午後、南ぬ島石垣空港エプロン内で行われた。訓練は新空港が開港して2回目。石垣空港管理事務所や八重山署、市消防本部空港出張所など16機関から約30人が参加した。  訓練はN空港発石垣行の航空機(乗客75人)がハイジャックされ、機長から南ぬ島石垣空港に緊急着陸要請があり、単独犯が乗員乗客を人質にして燃料補給と現金3億円を要求しているとの想...
本文を読む

表情真剣、万一に備え

真剣な表情で新石垣空港航空機事故消火救難訓練に臨む参加者=27日午後、南ぬ島石垣空港真剣な表情で新石垣空港航空機事故消火救難訓練に臨む参加者=27日午後、南ぬ島石垣空港
新空港で航空機事故消火救難訓練
 本年度の新石垣空港航空機事故消火救難訓練が27日午後、南ぬ島石垣空港エプロンなどで行われた。航空会社の職員など19機関から合わせて約150人が参加し、事故発生時の対応について一連の流れを確認した。  訓練は、飛行中の航空機がエンジントラブルを起こし、着陸に失敗して多数の負傷者が出たとの想定で実施。  負傷者のけがの程度を見極めて順位付けを行うトリアージを行った後、医師が負傷者を八重山病...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム