八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「石垣牛」の検索結果は以下のとおりです。

JA石垣牛販売10億円 16年販売実績

30981.png
前年比31%増 1頭当たり133万円
 JA石垣牛は2016年の1年間で751頭が出荷され、9億9906万円の販売実績を上げたことがJAおきなわ八重山地区本部畜産振興センターのまとめで分かった。前年からそれぞれ67頭(8.9%)、3億994万円(31.0%)の増加となった。1頭当たりの販売額も前年の100万円から24.3%アップの133万円だった。好調な観光を背景に需要が増加していることなどから高値で取引された。  経産牛をJA...
本文を読む

八重山肥育センター 石垣牛を増産へ 新たに牛舎1棟増設

八重山肥育センターで飼育されている石垣牛=21日午前、石垣市白保八重山肥育センターで飼育されている石垣牛=21日午前、石垣市白保
来年度着工、17年度に完成 100頭の飼育可能に
 JAおきなわは石垣牛の増産を図ろうと、八重山地区本部畜産振興センターが直営する八重山肥育センター(石垣市白保)の牛舎を現在の7棟から8棟に増やす計画を進めている。2016年度に着工し、17年度内に完成させる予定。増設される牛舎の面積は約1400平方㍍で、100頭を飼育できる。石垣牛は認知度の高まりで需要が伸びているため、現在の飼養頭数約450頭から約550頭に増やして対応する考えだ。  肥...
本文を読む

石垣牛皮グローブ完成

石垣牛の皮を使ったグローブをPRする石垣皮革組合の石垣憲良筆頭理事(右)ら=20日午後、市役所庁議室石垣牛の皮を使ったグローブをPRする石垣皮革組合の石垣憲良筆頭理事(右)ら=20日午後、市役所庁議室
皮革組合が市長に報告
特産品化へ期待
 石垣牛の皮を使った野球グローブの完成報告会が20日午後、石垣市役所庁議室であり、石垣皮革組合の石垣憲良筆頭理事らが特産品化にむけ、同グローブの出来栄えを中山義隆市長に報告した。  同グローブは同組合が提供した石垣牛の皮を使い、野球用品メーカーのハタケヤマ(大阪市、畠山桂久代表)が製作。今回は投手用、内野手用、外野手用、捕手用、一塁手用の5種類をお披露目した。石垣理事は「皮の確保をどうしてい...
本文を読む

石垣牛を堪能

石垣牛を一斉に焼く参加者=26日午後、市総合体育館石垣牛を一斉に焼く参加者=26日午後、市総合体育館
市民やランナーら「最高」
 石垣島マラソンの交流会を兼ねた石垣牛まつり2014が26日午後2時半から総合体育館南側広場とメインアリーナで開かれ、大勢のランナーや市民でにぎわった。  会場ではテントと焼き台が用意され、JA石垣牛肥育部会が焼き肉用の石垣牛と島産野菜を販売。参加者は材料を買い求め、思い思いに石垣牛のバーベキューを堪能した。  滋賀県からマラソンに出場した兼子脩平さん(22)と福井亮祐さん(22)は「レ...
本文を読む

子牛価格高騰に沸く家畜セリ 

次代を見据えた改良推進を
■史上最高値への期待  八重山、黒島両家畜市場の7月のセリは子牛の平均価格が46万円を超え、今年の最高値をつけた。当分の間、価格は高値を維持するとみられ、年間平均価格が45万円を超え、過去最高の高値となった2006年に迫る見通しだ。セリ値高騰の背景には、2010年に口蹄(こうてい)疫被害を受けた宮崎県や11年3月の東日本大震災の被害を受けた福島県などでの素牛補充が十分に進まないなか、安愚楽牧...
本文を読む

3頭がA5等級に JA石垣牛肥育部会

 JA石垣牛肥育部会(仲大盛吉幸部長)の第16回石垣牛枝肉共励会が9日午前、八重山食肉センターで開かれ、14頭の肉質を審査し、セリを行った。その結果、JA肥育センターの出品牛が最優秀賞に輝き、132万7680円(税抜き・キロ単価2880円)で取引された。優秀賞には新城信作さん、優良賞にはと~家ファーム(多宇司代表)の出品牛が輝いた。  今回の共励会では14頭の出品牛のうち、3頭が最高のA5等...
本文を読む

サンニ産業が連続最優秀 JA石垣牛枝肉共励会

12頭が肉質競う
 JA石垣牛肥育部会(仲大盛吉幸部会長)の第15回石垣牛枝肉共励会が20日午前、八重山食肉センターで開かれ、12頭が肉質を競った。その結果、最優秀賞はサンニ産業(石垣多美代表)=登野城=が前回に続き連続受賞した。優秀賞はと~家ファーム(多宇司代表)=伊原間=、優良賞はJA八重山肥育センターが入った。今回は最高ランクのA-5等級は1頭だったものの、上物とされる4等級以上に10頭がランクされ、上物率8...
本文を読む

1頭平均87万円の高値取引 上々のご祝儀相場

最高値は140万円、金城冷凍食品が落札
 JA石垣牛(枝肉)の2012年初セリが7日午前、八重山食肉センターで行われ、セリにかけられた11頭全頭を島内業者が落札した。1頭当たりの平均価格(税込み)は86万9841円(1キロ2009円)で、前年の初セリ価格を約4万1400円(5%)、前年の年間平均価格を12万7000円上回る高値で取引された。取引総額は956万円80009円。最高価格は140万4585円(1キロ3087円)で金城冷凍食品が...
本文を読む

八重農食品製造科プロジェクト班 廃棄の牛脂を有効利用

企業と連携して製品化
 農産物の加工を学んでいる八重山農林高校食品製造科プロジェクト班の生徒らが、廃棄されている牛脂を有効利用しようと「石垣香味牛脂」として製品化し、食用油脂を扱う月島食品工業株式会社福岡営業所(本社東京)の協力を得て製造過程を整備した。16日午後に同校でこれを報告し、現在は、同製品を市内で飲食業を行う店舗に提供して、商品の中で利用してもらいながら活用の幅をさらに広げようと研究を進めている。  同...
本文を読む

真栄里公園で11月27日開催 大バーベキュー大会

実行委で決定、ギネス認定を目指す
 中山義隆石垣市長発案の「石垣牛大バーベキュー大会」は27日、経済産業団体など22団体で構成する実行委員会(委員長・中山市長)を結成し、真栄里公園で11月27日に開催することを決定した。大会補助金500万円をめぐり議会では大会に否定的な意見が出たが、中山市長は「地元経済の状況を考えると活性化のイベントは必要。自粛せずに決行したい」と述べ、牛肉の量10トンを目指す方向性を示した。事務局の観光交流推進...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム