八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「石垣市長選」の検索結果は以下のとおりです。

陸自配備「一定の民意」 中山氏、石垣市長選で見解

石垣市長選の当選から一夜明け、リラックスした表情を見せる中山義隆氏=12日午前、選対本部石垣市長選の当選から一夜明け、リラックスした表情を見せる中山義隆氏=12日午前、選対本部
3期目「集大成として臨む」
 石垣市長選から一夜明けた12日午前、3期目の当選を果たした中山義隆氏は選対本部で報道陣の取材に応じ、「2期8年間の集大成として臨みたい」と決意を語った。争点となった石垣島への陸上自衛隊配備計画の是非について「砂川さんと私の票を足すと一定の容認の民意はあったと感じている」と述べ、3月市議会終了後に反対住民らに対話を申し入れる考えを示した。ただ、防衛省が2018年度予算案で経費を確保していることを...
本文を読む

中山氏が3期目当選 石垣市長選

当選確実を受け、万歳で3期目の喜びを表す中山義隆氏(中央)と支持者=11日夜、選対本部当選確実を受け、万歳で3期目の喜びを表す中山義隆氏(中央)と支持者=11日夜、選対本部
4296票差の圧勝 三つどもえ戦を制す 革新系、市政奪還ならず
 任期満了に伴う石垣市長選は11日、市内21カ所で投票が行われ、即日開票の結果、3期目を目指した保守系現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福推薦=が1万3822票を獲得、前市議で新人の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、前自民県議で新人の砂川利勝氏(54)との三つどもえの戦いを制した。次点の宮良氏に4296票の大差をつけた。  最大の争点となった平得大俣への陸自配...
本文を読む

市長選きょう投開票 夜遅く当落判明の見通し

右から宮良操氏、中山義隆氏、砂川利勝氏右から宮良操氏、中山義隆氏、砂川利勝氏
 任期満了に伴う石垣市長選は11日、投開票が行われ、夜遅くには当落が判明する見通しだ。4日の告示以降、三つどもえの争いを展開してきた前市議で新人の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福推薦=、前自民県議で新人の砂川利勝氏(54)は運動最終日の10日夜、市街地での打ち上げ式に臨み、最後の訴えに声をからした。  今選挙...
本文を読む

きょう3氏 最後の訴え 石垣市長選

(写真右から)それぞれ手を振って支持を呼び掛ける宮良操氏(9日午後、JAおきなわ八重山地区本部前)、中山義隆氏(9日午前、八重山農林高校前交差点)、砂川利勝氏(同、荒引橋前)(写真右から)それぞれ手を振って支持を呼び掛ける宮良操氏(9日午後、JAおきなわ八重山地区本部前)、中山義隆氏(9日午前、八重山農林高校前交差点)、砂川利勝氏(同、荒引橋前)
各陣営、夕方から打ち上げ式
 前市議で新人の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福推薦=、前自民県議で新人の砂川利勝氏(54)が集票合戦を繰り広げている石垣市長選(11日投開票)は10日、運動最終日を迎え、各候補者が大票田の市街地を中心に最後の訴えに駆け回る。宮良陣営は八重山農林高校近くで、中山陣営は730交差点で、砂川氏は選対本部前で、それぞれ...
本文を読む

宮良氏「子育て」、中山氏「平和発信」、砂川氏「貧困対策」

石垣市長選
強調したい五つの政策
 石垣市長選(11日投開票)で、八重山毎日新聞社は8日までに、前市議で新人の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福推薦=、前自民県議で新人の砂川利勝氏(54)に、強調したい政策五つを聞いた。宮良氏は「子育て、教育予算アップ」、中山氏は「平和発信の島で国際観光地づくり」、砂川氏は「子どもの貧困対策課の設置」を真っ先に挙げ...
本文を読む

石垣市長選 きょうから「三日攻防」

右から宮良操選対本部長の次呂久成崇県議、中山義隆選対本部長の知念辰憲市議、砂川利勝選対本部長の箕底用一市議右から宮良操選対本部長の次呂久成崇県議、中山義隆選対本部長の知念辰憲市議、砂川利勝選対本部長の箕底用一市議
選対本部長に聞く
 石垣市長選(11日投開票)は8日から、終盤の争い「三日攻防」に突入する。期日前投票も日に日に熱を帯びており、激戦の様相を呈している。前市議で新人の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福推薦=、前自民県議で新人の砂川利勝氏(54)の各選対本部長に終盤の戦いなどを聞いた。質問事項は①現職2期8年の評価②選挙で問われている...
本文を読む

3項目で対応の違い 石垣市長選

各候補、本紙アンケートに回答
陸自配備、新庁舎建設、クーラー整備
 石垣市長選(11日投開票)では、石垣島への陸上自衛隊配備計画のほか、新庁舎建設や全小中学校へのクーラー整備の手法にも見解、対応の違いがみられる。前市議で新人の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福推薦=、前自民県議で新人の砂川利勝氏(54)は本紙アンケートに回答した。  クーラー整備について宮良氏は一括交付金、文...
本文を読む

現職と新人2氏が立候補 陸自配備の是非争点

出発式で第一声を放つ宮良操氏=4日午前、選挙事務所前出発式で第一声を放つ宮良操氏=4日午前、選挙事務所前
保守分裂で11日投開票
 石垣市長選(11日投開票)は4日、告示され、届け出順に前市議で新人の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福実現推薦=、前県議の砂川利勝氏(54)=無=が立候補、保守分裂による三つどもえの戦いが確定した。11日の投開票日まで7日間の選挙戦を展開する。期日前投票は5~10日の間、市中央運動公園野球場会議室で午前8時半から...
本文を読む

陸自配備で三者三様 市長選公開討論会

討論会終了後、笑顔で記念写真に納まる右から宮良操氏、中山義隆氏、砂川利勝氏=2日夜、市民会館大ホール討論会終了後、笑顔で記念写真に納まる右から宮良操氏、中山義隆氏、砂川利勝氏=2日夜、市民会館大ホール
宮良氏「受け入れない」、中山氏「理解できる」、砂川氏「住民投票を」
 石垣市長選(3月4日告示、同11日投開票)に立候補を予定している前市議の宮良操(61)、現職の中山義隆(50)、前県議の砂川利勝(54)の3氏は2日夜、市民会館大ホールで開かれた公開討論会(八重山青年会議所主催)に臨んだ。最大の争点になる見通しの陸上自衛隊配備計画に対し、宮良氏は「ミサイル基地問題はいの一番の課題だ」として受け入れない考えを表明、中山氏は「国際情勢の変化から配備の必要性は理解で...
本文を読む

対話で創る島づくり実践 石垣市長選

石垣市長選に向け決意を述べる砂川利勝氏=23日夜、市民会館大ホール石垣市長選に向け決意を述べる砂川利勝氏=23日夜、市民会館大ホール
庶民の地力で奇跡を 砂川・黒島陣営が総決起大会
 石垣市長選(3月4日告示、同11日投開票)に出馬を予定している前自民党県議で新人の砂川利勝氏(54)と市議補選立候補予定者の黒島孫昇氏(63)の合同総決起大会(後援会主催)が23日夜、市民会館大ホールで開催された。砂川氏は「対話でつくる島づくり、分かりやすい政治、決断力のある政治。私はこれを実践する」、黒島氏は「観光振興と子どもたちの人材育成に取り組む」とそれぞれ決意、弁士らは「私たちには政党...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム