八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「石垣市議会」の検索結果は以下のとおりです。

県民投票反対を可決 「政治的主張に公費」

「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案に、起立して賛成する与党議員ら=17日午後、本会議場「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案に、起立して賛成する与党議員ら=17日午後、本会議場
「辺野古」条例案 市議会が意見書
野党は猛反発
 9月定例石垣市議会(平良秀之議長)は17日の最終本会議で、県が県議会に提案している「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」について「本来の目的から逸脱して一定の政治的主義主張を公費を使用して訴える手段になっている」として反対する意見書を与党などの賛成多数で可決した。野党は猛反発した。宛先は県知事、県議会議長ら。同条例案が県議会で可決、交付されると、投開票事務は予算とともに...
本文を読む

「議会の大きな恥、暴走だ」 石垣市議会

「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案に対し、反対意見を述べる野党議員=17日午前、本会議場「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案に対し、反対意見を述べる野党議員=17日午前、本会議場
辺野古県民投票反対意見書可決
野党、怒りと抗議の声 
「書いている通り」と与党
 ■陸自配備へ警戒感広がる  「民主主義を否定するものだ」「議会の大きな恥。議会の暴走だ」—。「辺野古米軍基地建設ための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案が提出された9月定例石垣市議会最終本会議。野党側が相次いで抗議の声を上げた。平得大俣への陸自配備をめぐり、地元でも住民投票の動きが始まったばかり。「地元の住民投票も拒否するぞという狙いもあるのではないか」と警戒感も広がった...
本文を読む

辺野古埋め立て県民投票条例に反対 議運が意見書上程へ

「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書の上程を、賛成多数で可決する与党委員(右側)=16日午前、議員協議会室「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書の上程を、賛成多数で可決する与党委員(右側)=16日午前、議員協議会室
石垣市議会 与党の賛成多数で可決
 石垣市議会運営委員会(仲間均委員長、10人)は16日、県が県議会に提案している辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例に反対する意見書を、「一定の政治的主義主張に公費を使用して訴えるものとなっている」として、17日の9月定例市議会最終本会議に上程することを与党の賛成多数で決めた。野党側は「県民の自主的な動きを議会が押さえ込むものだ」などと反発したが、本会議でも可決される見通し...
本文を読む

八重山会館、3市町共同で 石垣市議会9月定例会

専門員不足で加重負担
障がい児・者相談支援 委託料増額など検討
 9月定例石垣市議会(平良秀之議長)の一般質問は12日、友寄永三、石川勇作、砂川利勝、東内原とも子の4氏が当局の見解をただした。障がい児・者に対し全般的な相談支援を行っている相談支援専門員が不足し、過重な負担を強いられている問題で、当局側は資格取得支援や委託料増額など対策を検討する方針を明らかにした。3期目の市長公約、八重山会館については3市町共同で事業を推進したい意向を示した。八重山広域市町村...
本文を読む

平良氏を新議長選出 改選後の9月定例市議会

議長選で1票を投じる議員ら=28日午前、本会議場議長選で1票を投じる議員ら=28日午前、本会議場
公明から初、副議長は石垣氏
 石垣市議改選後初の9月定例市議会は28日、開会し、現職13、新人6、前・元職3の22人が4年の任期を開始した。与野党勢力は13対9。最大の焦点は、12月定例会にも提出される可能性のある陸上自衛隊配備予定先の市有地処分をめぐる採決となる。定例会では初めに議長選が行われ、5期目の平良秀之氏(48)が選出され、第22代議長に就任した。公明から議長が誕生するのは初めて。副議長には4期目の石垣亨氏(55...
本文を読む

市が「入島税」導入へ 石垣市議会

自然環境の保全を重要視
 石垣市は、法定外目的税である「入島税」を導入する方針を固めたことが21日、分かった。これまで観光産業に与える影響から具体的な検討をちゅうちょしていたが、観光客の大幅な増加に伴い、持続的な自然環境の保全や観光施設の維持整備を図る観点から方向転換した。本年度から専門家を加えた検討委員会を立ち上げ、具体的な取り組みを開始する。6月定例市議会で大得英信企画部長が友寄永三氏の一般質問で明らかにした。中山...
本文を読む

船越漁港を物流拠点へ 市議会一般質問

美崎町の客引き条例を検討
 6月定例石垣市議会(知念辰憲議長)の一般質問は21日、東内原とも子、友寄永三、石垣亨、長山家康の4氏が見解をただした。当局側は、船越漁港を「第2の物流拠点」とするため、本年度から調査、調整を開始する方針を示した。美崎町などで横行している客引き行為について、防止・禁止する条例の制定を検討する意向も明らかにした。  船越漁港は、水深が2~2・5㍍と浅く、3㌧未満の船舶を対象としているほか、係留...
本文を読む

国際都市、花で演出へ 石垣市議会

6月定例会一般質問
介護支援ボラの調査も
 6月定例石垣市議会(知念辰憲議長)は20日、大石行英、米盛初恵、我喜屋隆次、今村重治の4氏が一般質問を行った。国際観光都市づくりの一環として当局側は、観光地などを花で演出するためのプロジェクトチームを立ち上げ、具体的な検討を開始する考えを明らかにした。大石氏の提案を受けた対応。換金可能なポイントを与える介護支援ボランティア制度の導入に向け、調査研究する意向も示した。大石氏は「花で迎え、花で送る...
本文を読む

「受け入れ表明適切でない」 石垣市議会

陸自配備で中山市長
国の専権事項理由に
 平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、中山義隆市長は19日、6月定例市議会で「受け入れ表明は適切ではないと思っている」と述べ、これまで「しかるべき時期に」としていた受け入れ可否の最終判断を行わない可能性を示唆した。砥板芳行氏の一般質問で「国防は国の専権事項なので受け入れ表明はなじまない」との指摘を受けた発言。受け入れ表明に関係なく、諸手続き開始を了承したことを受け、防衛省は2018年度予...
本文を読む

新庁舎建設費を可決 石垣市議会臨時会

新庁舎建設費39億852万円を追加する2018年度一般会計補正予算案に起立して賛成する与党(右側)と野党の一部(左側)=9日午前、本会場新庁舎建設費39億852万円を追加する2018年度一般会計補正予算案に起立して賛成する与党(右側)と野党の一部(左側)=9日午前、本会場
野党3氏が賛成に回る 一般会計補正予算案 地元優先発注など条件
 石垣市議会(知念辰憲議長)の臨時会が9日開かれ、新庁舎建設費39億852万円を追加する総額304億5600万円の2018年度一般会計補正予算案を与党と一部野党の多数で可決した。3月定例会では、建設費を全額削除する修正案を野党の賛成多数で可決したが、野党の3氏が「予算の縮減」「地元優先発注」などを条件に賛成に回った。これで予算不成立による事業進捗(しんちょく)への影響はなくなった。当局側は今後、...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム