八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「石垣市消防本部」の検索結果は以下のとおりです。

過去最多の2592件 救急車「トリプル出動」も

35709.jpg
石垣市消防本部 18年救急出動
 石垣市消防本部(大濵安久消防長)の2018年救急出動件数は前年比99件増の2592件となり、過去最多を更新した。交通事故増加に伴い、救急車を同時に3台出す「トリプル出動」も増えている。3台目は川平か伊原間の出張所の救急車で対応するため搬送に時間を要し、一刻を争う患者には致命的なロスとなりかねない。同本部は8日から始まる救急医療週間で▽適正な救急車の利用▽応急手当ての促進—などを呼び掛けていく。...
本文を読む

市内火災 2週間に3件

何らかの原因で燃えたごみ。石垣市消防本部が消し止めた=2日夜、舟蔵公園何らかの原因で燃えたごみ。石垣市消防本部が消し止めた=2日夜、舟蔵公園
原因不明 市消防「火の取り扱い注意を」
 石垣市内で1月20日から2月2日までに3件の火災が立て続けに発生した。いずれも4日現在、出火原因は不明。石垣市消防本部は「空気が乾燥する時期なので、火の取り扱いには細心の注意を。ストーブやコンロ、たばこの消し忘れがないよう心掛けて」と呼びかけている。  1月20日午後7時15分ごろ、新川の唐真商店近くで市内の男性が倉庫として所有するプレハブ小屋が全焼した。同本部によると、小屋に電気は通って...
本文を読む

17年の救急出動2493件 市消防本部

34120.gif
10年前より395件増 人口増などで増加傾向
 石垣市消防本部(宇根規光消防長)の救急出動件数が人口や観光客の増加に伴い増加傾向にあり、2017年は2493件と、10年前より395件(18・8%)増えた。このうち消防署の救急車2台が同時に出動したダブル出動は249件。川平や伊原間出張所の救急車も出動して対応するトリプル出動は8件、4台の同時出動は1件あった。9日の救急の日を前に、宇根消防長は「今後も市民に救急車の適正利用を呼び掛けるとともに...
本文を読む

ドローンで災害活動支援

ドローンによる災害時活動支援の協定を結んだ(左から)嵩本安博代表、宇根規光消防長、十河学代表=30日午後、石垣市消防本部ドローンによる災害時活動支援の協定を結んだ(左から)嵩本安博代表、宇根規光消防長、十河学代表=30日午後、石垣市消防本部
市消防が専門2業者と協定
 石垣市消防本部(宇根規光消防長)と市内で無人航空機(ドローン)を専門に扱う合同会社パワナ(十河学代表)、空撮仕事人(嵩本安博代表)は30日、災害時にドローンで消防・人命救助などの活動を支援する協定を結んだ。ドローンを活用することで、災害時に救助や捜索活動の強化を図る。今後は、両事業者が市消防職員に対しドローンの操縦士養成を行い、災害対応の専門性を高める。  ドローン導入の背景には、人災や自...
本文を読む

地域防災に決意新た 市消防出初め式

出初め式恒例のカラフルな一斉着色放水=7日午後、石垣市消防本部出初め式恒例のカラフルな一斉着色放水=7日午後、石垣市消防本部
消防団名物「はしご乗り」披露
 2018年消防出初め式(石垣市主催)が7日午後、石垣市消防本部で開かれ、市消防職員や市消防団、女性防火クラブなどが、ことし一年の無火災、無事故、無災害を祈願し、連携して地域防災に努める決意を新たにした。消防団員による県内唯一の恒例アトラクション「はしご乗り」は、ことしも拍手喝采。多くの親子が消防車と救急車の試乗を楽しんだ。式典では火災現場や消防行政に貢献した8個人5団体が表彰された。  中...
本文を読む

消防用水確保で協定

消防用水などの確保に関する協定を締結した後、握手を交わす米盛博和理事長(左)と宇根規光消防長=25日午前、消防本部2階会議室消防用水などの確保に関する協定を締結した後、握手を交わす米盛博和理事長(左)と宇根規光消防長=25日午前、消防本部2階会議室
県内初、市消防と生コン組合
 大規模災害や山林原野火災に消防用水を確保するための協定を、石垣市消防本部(宇根規光消防長)と石垣島コンクリート協同組合(米盛博和理事長、加盟6社)が25日、締結した。市町村消防と生コン組合の協定は県内初。今後、消火活動に大量の用水を要する際に各事業者のコンクリートミキサー車(4㌧)50台が給水することになり、迅速な対応につながるものと期待されている。  消防本部によると、市内では過去に、ご...
本文を読む

16年の救急出動2492件 石垣市消防本部

全国版救急受診アプリQ助のQRコード全国版救急受診アプリQ助のQRコード
前年比で254件増 1日平均で6・8件活動
アプリQ助で適正な利用を
 石垣市消防本部(宇根規光消防長)がまとめた2016年救急活動状況は、救急出動件数が2492件(前年比254件増)、救急搬送件数が2168件(同172件増)で、1日平均6.8件の出動、市民の22.7人に1人が搬送されたことになる。症状に緊急性がなく搬送されなかった件数が280件あった。宇根消防長は「高齢化の進展などで救急出動件数が増えている」とし、適正な利用に向け、救急車の要請に迷った場合は、全...
本文を読む

救急搬送 過去20年で最多の2168人 前年を172人上回る

16年、救急車を利用した搬送人員が過去最多となった(資料写真)16年、救急車を利用した搬送人員が過去最多となった(資料写真)
16年市消防本部 「転院搬送」など要因
 石垣市消防本部管内の2016年の救急車による搬送人員が前年を172人(7.9%)上回る2168人と過去20年間で最多となった。市消防は、救急を含めた搬送人員の増加について、観光客などによる交通事故の増加と、医療機関から別の医療機関に患者を搬送する「転院搬送」が要因、としている。転院搬送の中には、緊急性の低い搬送もあり、医療、消防両機関による救急車の適正利用のルールづくりが求められる。  転...
本文を読む

2015年救急出動2238件 前年比で72件減少

出動要請を受け、現場へ到着する救急車両=5日、県道208号線出動要請を受け、現場へ到着する救急車両=5日、県道208号線
市民24人に1人の搬送割合 ことし8月末では1690件
石垣市消防本部
 石垣市消防本部(慶田城用允消防長)がまとめた2015年救急活動状況は救急出動件数が前年比72件減の2238件、搬送人数が1996人(前年比29人増)で、市民24人に1人が搬送されたことになる。出動件数は1日平均6.1件。現場到達時間は平均7・7分となっている。ことしは8月末時点で出動件数1690件、搬送人数1484人となっている。出動件数はここ5年間は年間2300件前後で推移している。  ...
本文を読む

高校生が一日救急隊長 AED普及を市民にPR

慶田城消防長から一日救急隊長の交付を受けるAED48isgのメンバー17人=5日夕、市消防本部第2倉庫前慶田城消防長から一日救急隊長の交付を受けるAED48isgのメンバー17人=5日夕、市消防本部第2倉庫前
救急医療週間スタート
 「救急医療週間」が5日、スタートした。市消防本部(慶田城用允消防長)は同日夕、同本部で出発式を行い、ダンスボーカルユニット「AED48isg」メンバー17人に一日救急隊長の辞令を交付し、AED(自動体外式除細動器)の普及をPRした。  慶田城消防長は「救急業務も多様なニーズが求められている。市民の信頼に応えるべく研さん努力し、質の高い救急業務を推進していく」とあいさつした。  また、A...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム