八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「県民投票」の検索結果は以下のとおりです。

県民投票 管理費を全会一致可決

県民投票管理費を含む一般会計補正予算案に異議なしと全会一致で可決する議員(正面)=14日午前、議場県民投票管理費を含む一般会計補正予算案に異議なしと全会一致で可決する議員(正面)=14日午前、議場
竹富町議会最終本会議
賛成・反対2択に疑問も
 12月定例竹富町議会(新田長男議長)は14日、最終本会議で、「名護市辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」の県民投票管理費543万6000円などを追加する一般会計補正予算案を全会一致で可決した。「県民投票をやる意味はあるのか」と同管理費に反発する意見はあったが、補正予算の反対までには至らなかった。  討論で公明の三盛克美氏は、投票が賛成・反対の2択になっていることについて...
本文を読む

県民投票経費を削除

県民投票管理費を削除する一般会計補正予算の修正案に、起立して賛成する議員=13日午前、町議場県民投票管理費を削除する一般会計補正予算の修正案に、起立して賛成する議員=13日午前、町議場
与那国町議会、県内初めて
外間町長「原案執行権」行使も
 【与那国】開会中の12月定例町議会(前西原武三議長)は13日、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票の管理費255万円を含む一般会計補正予算案1億4482万円に対し、同費を削除した修正案を5対4の賛成多数で可決した。県内の市町村議会が県民投票予算案を否決するのは初めて。外間守吉町長は議会終了後、「再議に付す」と明言。年内に臨時議会を開き、再否決された場合でも地方自治法177...
本文を読む

義務費該当有無 明言せず 辺野古県民投票

一般会計補正予算案に盛り込まれた県民投票費について審議する委員ら=13日午後、議員協議会室一般会計補正予算案に盛り込まれた県民投票費について審議する委員ら=13日午後、議員協議会室
市、自治法解釈で
 来年2月24日に行われる「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」の県支出予算が、地方自治法第177条で定める義務費に該当するか否かの解釈について、石垣市は13日、「義務費かどうかわかりづらいところがある」(翁長致純総務課長)と明言を避けた。同予算を審議する市議会総務財政委員会(砥板芳行委員長、8人)で委員の質問に答えた。  県は、義務費に該当し、県と市町村には執行する義務...
本文を読む

県民投票費を計上 3市町

県民投票費を追加した2018年度一般会計補正予算案について説明する中山義隆市長(壇上)=7日午前、本会議場県民投票費を追加した2018年度一般会計補正予算案について説明する中山義隆市長(壇上)=7日午前、本会議場
賛否拮抗や流動的な面も
各議会の動向に注目
 八重山3市町は、7日開会した12月定例議会に、来年2月24日に行われる「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」の経費を盛り込んだ一般会計補正予算案を上程した。市議会では賛否が拮抗(きっこう)しているため、公明石垣の対応が議案の行方を左右することになりそう。竹富町議会では可決の見通しだが、保守色の強い議員がいることから流動的な側面も。与那国町議会では野党5人のうち1人が反対の意...
本文を読む

県民投票の会 投票事務処理に理解求める

「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(右奥)らから理解を求められる与党市議ら=5日午後、議員協議会室「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(右奥)らから理解を求められる与党市議ら=5日午後、議員協議会室
与党議員らと意見交換
会派「未来」は賛成の意向
 来年2月24日に行われる辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票で、「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表と安里長従副代表らが5日、9月定例石垣市議会で県民投票条例案に反対する意見書を可決した与党議員らと議員協議会室で意見交換を行った。「市町村長には投票事務を処理する義務があり、それをしなければ明確に違法となる」との法解釈を示した上で、投票にかかる補正予算の可決に理解を求めた。 ...
本文を読む

県民投票への理解を 辺野古米軍基地建設の賛否問う

中山義隆市長に県民投票の実施について理解を求める池田竹州知事公室長(正面左)ら=2日午前、庁議室中山義隆市長に県民投票の実施について理解を求める池田竹州知事公室長(正面左)ら=2日午前、庁議室
県が市に協力要請
中山市長、内容を疑問視
 地方自治法に基づく住民の直接請求による、辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例が10月31日に交付されたことを受け、県知事公室の池田竹州室長らが2日、投票事務の移譲について回答を保留している中山義隆石垣市長を市役所に訪ね、理解を求めた。中山市長は投票や条例内容に疑問を呈した上で「どこまで議員の理解を得られるか話し合ってみないと分からない」と述べるにとどめた。  県民投票...
本文を読む

事務拒否は主権の侵害

「県民投票」反対に疑問
 米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡り公有水面埋め立ての賛否を問う県民投票条例案に石垣市議会が反対の意見書を可決し、波紋を広げている。県知事選、豊見城、那覇市長選で3連勝と勢いづく「オール沖縄」勢力の上げ潮ムードに水を差したつもりだろうか。  ■10万人が署名  県民投票は特定の問題について県民自身が投票という形で直接、意思を表明し政治に反映させようという趣旨で実施される。つまり、今回に関...
本文を読む

県民投票反対を可決 「政治的主張に公費」

「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案に、起立して賛成する与党議員ら=17日午後、本会議場「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案に、起立して賛成する与党議員ら=17日午後、本会議場
「辺野古」条例案 市議会が意見書
野党は猛反発
 9月定例石垣市議会(平良秀之議長)は17日の最終本会議で、県が県議会に提案している「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」について「本来の目的から逸脱して一定の政治的主義主張を公費を使用して訴える手段になっている」として反対する意見書を与党などの賛成多数で可決した。野党は猛反発した。宛先は県知事、県議会議長ら。同条例案が県議会で可決、交付されると、投開票事務は予算とともに...
本文を読む

「議会の大きな恥、暴走だ」 石垣市議会

「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案に対し、反対意見を述べる野党議員=17日午前、本会議場「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案に対し、反対意見を述べる野党議員=17日午前、本会議場
辺野古県民投票反対意見書可決
野党、怒りと抗議の声 
「書いている通り」と与党
 ■陸自配備へ警戒感広がる  「民主主義を否定するものだ」「議会の大きな恥。議会の暴走だ」—。「辺野古米軍基地建設ための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書案が提出された9月定例石垣市議会最終本会議。野党側が相次いで抗議の声を上げた。平得大俣への陸自配備をめぐり、地元でも住民投票の動きが始まったばかり。「地元の住民投票も拒否するぞという狙いもあるのではないか」と警戒感も広がった...
本文を読む

辺野古埋め立て県民投票条例に反対 議運が意見書上程へ

「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書の上程を、賛成多数で可決する与党委員(右側)=16日午前、議員協議会室「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例」に反対する意見書の上程を、賛成多数で可決する与党委員(右側)=16日午前、議員協議会室
石垣市議会 与党の賛成多数で可決
 石垣市議会運営委員会(仲間均委員長、10人)は16日、県が県議会に提案している辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例に反対する意見書を、「一定の政治的主義主張に公費を使用して訴えるものとなっている」として、17日の9月定例市議会最終本会議に上程することを与党の賛成多数で決めた。野党側は「県民の自主的な動きを議会が押さえ込むものだ」などと反発したが、本会議でも可決される見通し...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム