八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「海星小学校」の検索結果は以下のとおりです。

環境大臣賞に輝く 崎枝小中と海星小の協力マップ

第34回わたしの自然観察路コンクール団体の部で環境大臣賞に輝いた、崎枝小学校と海星小学校の児童ら=1日午後、石垣市教育委員会第34回わたしの自然観察路コンクール団体の部で環境大臣賞に輝いた、崎枝小学校と海星小学校の児童ら=1日午後、石垣市教育委員会
自然観察路コンクール
 崎枝小中学校(今伊敏郎校長)の児童9人と海星小学校(﨑山麻希校長)の児童2人が協力し、夏休みに作成した自然観察路マップがこのほど、「第34回わたしの自然観察路コンクール」(日本自然保護協会主催)の団体の部で、最高賞の環境大臣賞に輝いた。  同コンクールは、児童生徒が自然観察路を作り、絵地図と文章で表現し発信するもの。児童らは「石垣島崎枝 ここは私たちのネイチャーミュージアム」と題して、崎枝...
本文を読む

プロの演奏を堪能

児童が振るタクトに合わせて演奏する東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の奏者=16日午前、海星小学校体育館児童が振るタクトに合わせて演奏する東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の奏者=16日午前、海星小学校体育館
海星小でオーケストラ公演
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
 2017年度文化芸術による子どもの育成事業ー巡回公演事業ー(文化庁主催)のオーケストラ公演が16日午前、海星小学校(﨑山麻希校長、児童91人)で開かれ、国内外で活躍する東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(志田明子楽団長)の団員約70人が、迫力ある一流の演奏を披露した。鑑賞した児童や保護者らは、奏でられる音に魅了された。  同事業は、子どもたちが優れた舞台芸術を鑑賞し、子どもの発想力やコ...
本文を読む

新校舎の落成祝う 海星小

新校舎落成式典で校歌を斉唱する海星小学校の児童ら=3日午後、カトリック石垣教会新校舎落成式典で校歌を斉唱する海星小学校の児童ら=3日午後、カトリック石垣教会
創立50周年記念事業
在校生や卒業生ら集う
 日本最南端のミッションスクール、学校法人カトリック学園海星小学校(﨑山麻希校長)の新校舎落成式典が3日午後、カトリック石垣教会聖堂で開かれ、同校の在校生や職員、卒業生ら200人以上が真新しい学び舎の完成を祝った。  2階建ての新校舎は、2013年の創立50周年記念事業の一環として昨年11月に着工。ことし9月に完成し、10月2日から運用を開始している。  同校の教育理念である〝友愛〟をモ...
本文を読む

北海道から雪20㌔

雪に触って大喜びの海星小の児童たち=9日夕、同校運動場雪に触って大喜びの海星小の児童たち=9日夕、同校運動場
海星小児童ら大喜び
 海星小学校(﨑山麻希校長)に9日夕、北海道の雪20㌔が届き、児童が同校運動場で触ったり、雪合戦をしたりして楽しんだ。同校保護者の船倉栄(ひさし)さん(44)=北海道上士幌(かみしほろ)町出身=が児童らに楽しんでもらおうと、北海道で牧場を経営する父、重信さん(68)に送ってもらったもの。  船倉さんが雪をクーラーボックスから出すと、子どもたちは大はしゃぎ。触ったり投げ合ったりしているうちに、...
本文を読む

海星小児童が平和集会

平得美帆さんと「月桃」合唱
 海星小学校(石垣陽一郎校長)の平和集会が21日午前、カトリック石垣教会聖堂で開かれ、同校25期生の平得美帆さんが「レクイエム」「童神」を披露し、「月桃」を児童とともに合唱した。  平得さんは「命を大切にし、父母や周りの人たちへの感謝を忘れず、強く元気に生きてほしい」と呼びかけた。  平和学習の報告では、4年生が「石垣島の戦跡」、5年生が「西表島の忘勿石」、6年生が「沖縄本島の戦跡」についてそれ...
本文を読む

今年もいいXマスを 海星小児童らお年寄りと交流

 学校法人カトリック学園・海星小学校(石垣陽一郎校長、児童92人)のクリスマス訪問が16日午後、石垣市内の介護老人保健施設など3カ所で行われた。  「誰かのサンタさんになろう!」のキャッチフレーズのもと、クリスマスを迎える喜びをお年寄りたちと分かち合い、楽しいひとときを過ごす目的で、毎年行われている。  このうち、石垣市宮良にある特別養護老人ホーム「なごみの里」(譜久嶺聡施設長)には児童3...
本文を読む

「夢はきっと叶うもの」元Jリーガーの斉藤氏が指導 海星小で県内初の教室

 日本サッカー協会が全国各地で実施しているプロジェクト「夢の教室」(主催・同協会、ジェフユナイテッド市原・千葉)が3日午後、県内では初めて海星小学校(石垣陽一郎校長)で開かれた。この日は、元Jリーガーの斎藤大輔氏(36)が「夢先生」となり、5、6年生の児童28人が夢を持つことの大切さを学んだ。  同プロジェクトは、日本サッカー協会が子どもたちの心身の成長に寄与しようと2006年から始めたもの...
本文を読む

「命の重み感じた」 海星小児童ら白水の壕を見学

 海星小学校4年生が平和月間学習の取り組みとして、このほど「白水の戦跡めぐり」を行った。  同校では、平和教育カリキュラムで4年生は「石垣島の戦跡から学ぶ」をテーマに平和学習に取り組んでいる。  3年生の時に平和祈念資料館の見学で学んだ戦争マラリアについてさらに学習を深めるため、校区の大川住民が強制避難させられた白水に出かけ、当時の状況を追体験することが狙い。  白水に残るかまど跡や壕を...
本文を読む

漢字検定2級に2人 海星小

「高校卒業レベル」合格
 日本漢字能力検定で海星小学校(石垣陽一郎校長、児童95人)から高校卒業レベルの2級に照屋綾子さんと深谷明香音さん、準2級に上原援君、奥濵魁飛君(以上6年)が合格した。  同校では約10年前から、全児童の漢字検定受検を実施しており、今年は6年生全員(15人)が4級以上に合格。1年生も全員(25人)が10級に合格し、そのうち13人が満点だった。  昨年度は合格率が98%と高かったことから...
本文を読む

カンボジアの井戸完成 6年かけて児童が募金「友愛の泉」と命名

 海星小学校(石垣陽一郎校長)の児童らが6年かけて送り続けた募金で、カンボジアの「ユアティ小学校」(エーヤワディー管区)に井戸が建設され、このほど「海星小学校 友愛の泉」と名付けられた。  同校では7年前に平和学習の一環として、沖縄NPO法人アジアチャイルドサポートの池間哲郎理事を招き、アジアの子どもたちの現状などについてビデオや写真で学習した。  その際、カンボジアでは生活水の確保が困難...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム