八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「浜下り」の検索結果は以下のとおりです。

保護水面ルール守って きょう浜下り、県が注意喚起

川平・名蔵保護水面川平・名蔵保護水面
 旧暦3月3日に当たる26日の浜下りを前に沖縄県は25日、川平・名蔵保護水面に関する周知を行い、海洋生物採捕のルールを守るよう注意喚起した。名蔵保護水面はすべての水産動植物、川平保護水面は魚類、タコ、イカ、アーサを除くすべての水産動植物が保護対象とされている。いずれも通年禁漁。  県は1974年に川平湾、75年に名蔵湾を保護水面に設定。水産動植物を保護・育成している。  保護水面に限らず...
本文を読む

天候と休日に恵まれ浜下り

浜下りを迎え、家族と親戚同士で潮干狩りを楽しむ子どもら=7日午後、名蔵湾浜下りを迎え、家族と親戚同士で潮干狩りを楽しむ子どもら=7日午後、名蔵湾
波照間は真夏日
家族連れ、潮干狩り楽しむ
 旧暦3月3日に女性が海水で身を清めて健康を願う「浜下り」(サニズ)を迎えた7日、石垣市内の海岸には家族連れが潮干狩りに繰り出してにぎわった。  ことしの浜下りは天候と休日に恵まれ、潮干狩りの人気スポットの名蔵湾では午後2時39分の干潮時刻に合わせて熊手とバケツを持った人々が海に向かった。  家族と親戚で訪れた宿谷一心君(6)=平得=は、名蔵湾に生息するカニやハゼなどを観察しながら潮干狩...
本文を読む

保護水面での採捕に注意 「浜下り」で呼び掛け

保護水面に注意を保護水面に注意を
県水産海洋技術センター石垣支所
 旧暦3月3日(4月7日)の「浜下り」を前に、県水産海洋技術センター石垣支所(平手康市支所長)は、名蔵と川平の保護水面での水産動植物を採捕しないよう呼び掛けている。ことしは7日が日曜日に当たっていることから、潮干狩りを楽しむ市民が多くなると予想されるため、保護水面への立ち入りに注意する必要がありそうだ。  名蔵ではすべての水産動植物、川平では魚類、タコ、イカ、アーサを除く水産動植物が周年禁漁...
本文を読む

サニズで健康祈願 家族連れら潮干狩り楽しむ

「浜下り(サニズ)」で多くの家族連れが潮干狩りを楽しんだ=30日午後、名蔵海岸「浜下り(サニズ)」で多くの家族連れが潮干狩りを楽しんだ=30日午後、名蔵海岸
 3月30日は、旧暦3月3日の「浜下り(サニズ)」。海岸に出かけて魚や貝などをとったり、女性が手足を海水に浸して身を清め健康を祈願する伝統行事。同日午後、石垣市内の名蔵海岸では春休み期間中ということもあり、多くの家族連れなどが潮干狩りを楽しんだ。  この日、最高気温は石垣市が26・1度、西表島では5月上旬並みとなる27度を記録。好天にも恵まれ絶好の潮干狩り日和となった。  家族10人で浜...
本文を読む

禁漁保護水面に注意を あすの浜下りで呼び掛け

31395.png
 30日の旧暦3月3日「浜下り」を前に、県水産海洋技術センター石垣支所は、保護水面に気をつけるよう呼び掛けている。  石垣市には、名蔵湾と川平湾の2カ所に水産生物の保護培養を目的に県知事指定の保護水面があり、名蔵湾ではすべての水産動植物、川平では魚類、タコ、イカ、アーサ以外のすべての水産動植物が県規則によって禁漁となっている。  保護水面では標柱やブイで境界線を明示、陸地側でも立て看板で...
本文を読む

浜下り楽しむ 郡内各地で潮干狩り

サニズで潮干狩りを楽しんだ家族連れ=2日午後、名蔵湾サニズで潮干狩りを楽しんだ家族連れ=2日午後、名蔵湾
 旧暦3月3日に当たる2日は沖縄の伝統行事、浜下り(サニズ)。郡内各地では多くの家族連れが潮の引いた海岸に繰り出し、潮干狩りを楽しんだ。  この日は午後から晴れ間も広がり、石垣市伊原間で25度を超える夏日となり、広大な干潟が出現する名蔵湾には多くの家族連れがバケツやくま手を持って潮干狩りに繰り出した。  春休みを利用して南城市から石垣島の祖父母宅を訪れた馬天小学校4年の玉城優姫さんは「い...
本文を読む

伝統のサニズ楽しむ 寒い中、親子で潮干狩り

 旧暦3月3日にあたる24日は沖縄の伝統行事「浜下り(サニズ)」。八重山地方は、高気圧の張り出しに伴う寒気の影響であいにくの曇り空となったが、多くの家族連れや観光客らが海浜で潮干狩りを楽しんだ。  市内真栄里の多田浜でアーサ採りをしていた難波さよさんは、夫と子どもの家族4人で訪れた。「先週は暖かくてビーチで泳いだが、きょうは肌寒い」と言いながら、海の幸に笑顔を見せた。  母親や祖母と来てい...
本文を読む

郡内各地で浜下り 子どもら海垣漁楽しむ

 旧暦3月3日の5日は「浜下り」(サニズ)。この日、郡内各地の海岸では小中高校の春休みとも重なり、潮干狩りや水遊びを楽しむ家族連れでにぎわいをみせた。  このうち、白保魚湧く海保全協議会(平良常和会長)では、白保にある竿原(ソーバリ)の海岸で海垣(インカチ)漁を行い、地域の子どもや大人たちが昔ならではの漁を楽しんだ。  子どもたちは朝の干潮時に、海垣の中で泳ぐセッパリサギ(コーフー)やボラ...
本文を読む

見て、大きな貝採ったよ! 市民ら浜下りを楽しむ

 5日の浜下り(旧暦3月3日)を控えた2日、多くの人が海に繰り出した。干潮時に広大な干潟が出現する名蔵湾は親子連れが多く、ピクニック感覚で潮干狩りを楽しんでいた。  この日は朝から晴れ上がり、寒くもなく暑くもない絶好の日和。名蔵湾では子どもたちがくま手で貝類を探し、「あった、あった」と大喜びだった。  新本竹子さん(73)は子や孫ら6人で訪れ、「海が好きなので潮が引いたらよく来ており、孫も...
本文を読む

「保護水面に注意を」浜下りで県が呼びかけ

 旧暦3月3日の浜下りを5日に控え、県水産海洋研究センター石垣支所は、川平と名蔵の保護水面で保護対象となっている水産動植物を採取しないよう呼びかけている。  今年は浜下りの日が平日に当たっていることから、土日の2、3日に潮干狩りをする人が多くなる見通し。このため石垣支所は保護水面の監視活動を強化する。  県漁業調整規則などに基づき保護水面で採取が禁止されている水産動植物は、名蔵保護水面では...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム