八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「水難事故」の検索結果は以下のとおりです。

観光客の水難事故が多発 高年齢者の事故も急増

27257.png
水の事故防止を強化へ
 石垣市消防本部と石垣海上保安部、八重山署のまとめによると、2014年に発生した水難事故は24件28人だった。このうち、観光客ら郡外の人が事故に遭ったのは16件17人で、約6割を占めた。このなかには、リーフカレントや離岸流に巻き込まれるケースもあった。郡内では14日にも観光客の男性(60代)が川平でシュノーケリング中に溺れて死亡する事故が起きたばかり。海保は、観光客のシュノーケリング中の事故と、...
本文を読む

水難事故、今年すでに19件 前年を上回るペース

25642.png
関係機関「浅くても溺れるおそれ」
 郡内で多発している水難事故。12日には、東京から観光で訪れていた男児(8)が石垣市桴海の米原海岸で遊泳中に死亡する事故があった。市消防本部と石垣海上保安部、八重山署のまとめによると、今年発生した水難事故は14日までに19件(うち死者7人)で、前年8月末時点の17件(同6人)をすでに上回っている。2012年の年間発生件数17件(同4人)よりも多く、市消防などでは「海には危険が潜んでいることを再確...
本文を読む

観光の小2男児水死 米原海岸

シュノーケルで遊泳中
 12日午前11時45分ごろ、石垣市桴海の米原海岸でシュノーケルで遊泳していた東京都東大和市に住む小学校2年、下郡山虎輝君(しもこおりやま・こうき)(8)が水深約2㍍の海中であおむけに沈んでいるのを父親が見つけ、県立八重山病院に搬送されたが、同日午後0時53分に死亡が確認された。  八重山署によると、虎輝君は父親(39)ら家族8人で10日から観光目的で来島。12日は午前10時前から同海岸で遊...
本文を読む

水難多発、今月6件も 観光客に注意喚起

25187.png
1月以降11件、2人死亡 市消防・海保
 今月に入り、郡内で水難事故が多発している。石垣市消防本部と石垣海上保安部のまとめによると、11日時点ですでに昨年6月期と同数の6件の事故が発生。本格的なマリンレジャーシーズンとなる7月から10月にかけ例年、水難事故が多発する傾向にあることから、海保や市消防は住民や観光客へ注意を喚起している。  両部のまとめによると、水難事故は今年に入って1月から今月11日までに11件発生。昨年6月末時点を...
本文を読む

【相次ぐ水難事故(下)】 過去5年間で5人死亡

仲本海岸の離岸流について話す運道さん=16日午後、仲本海岸仲本海岸の離岸流について話す運道さん=16日午後、仲本海岸
黒島仲本海岸 離岸流、島ぐるみで注意喚起
 今月16日、黒島の仲本海岸に続く階段をゆっくりと下りる男性が口を開き、「ここの潮は見た目以上に流れが速い。陸と平行に激しく流れ、変則的なのが特徴で毎年のように人が亡くなっている。観光客が島に訪れるのはいいが僕らとしては波が高くなると泳いでほしくない」と話した。男性は運道将大さん(29)。黒島で観光業を営みながら仲本海岸をボランティアで監視するサンマリン黒島(久貝秀利代表)のメンバーだ。  ...
本文を読む

【相次ぐ水難事故(上)】 米原ビーチの離岸流に注意を

離岸流の危険性を説明する花城康志さん 左は独自に制作した看板=15日午前、石垣市米原ビーチ離岸流の危険性を説明する花城康志さん 左は独自に制作した看板=15日午前、石垣市米原ビーチ
既に8人が犠牲 花城さん事故ゼロへ声かけ運動
 今月8日と11日、石垣市米原海岸と竹富町鳩間島の立原浜で遊泳中に離岸流に巻き込まれる事故が相次いで発生した。  石垣海上保安部によると、マリンレジャーに伴う水難事故は15日現在で16件発生、8人が犠牲になっている。  これは昨年1年間の8件(3人死亡)を大きく上回る数字だ。水難事故の中では、観光客によるシュノーケリングの誤操作や離岸流に巻き込まれて命を落とすケースが目立つ。水難事故を未...
本文を読む

不明男性、遺体で発見 米原海岸

捜索を行う海保と消防の潜水士=9日午前10時40分ごろ、米原海岸沖合捜索を行う海保と消防の潜水士=9日午前10時40分ごろ、米原海岸沖合
離岸流に流される
水難死者すでに6人
 石垣市米原海岸で遊泳中に沖合に流されて行方不明になっていた男性は9日午前10時55分ごろ、現場近くの水深15㍍の海底に沈んでいるところを発見された。すでに心肺停止状態で、石垣海上保安部が死亡を確認した。  同部によると、死亡したのは石垣市石垣の調理師見習い、浦崎賢作さん(28)。死因は頸椎(けいつい)骨折と判明した。リーフの波に巻き込まれたとみられる。  水難事故は4月から12件発生し...
本文を読む

水難事故に気をつけて! 県消防協会八重山支部

注意喚起看板12基寄贈
 沖縄県消防協会八重山地区支部(田場由盛支部長)は19日午後、市消防本部で石垣市水難事故防止推進協議会(会長・大工嘉広消防長)に水難事故注意喚起看板12基を贈った。  同看板は市内25箇所に設置されているが、台風被害や老朽化のため不鮮明だったり補修が必要な物もあり、同協議会では個々の状態を確認し、随時取替えることにしている。リーフカレント注意喚起の大型看板も米原キャンプ場に設置される。  席上、...
本文を読む

4歳女児がおぼれる 小浜島

 28日午後2時ごろ、小浜島はいむるぶしビーチの沖合で、4歳の女児がおぼれたとの通報が石垣海上保安部に入った。父親が海中から引き上げ、人工蘇生(そせい)をしたところ5分後に意識を取り戻した。石垣航空基地のヘリで石垣空港まで搬送、救急車で八重山病院に搬送した。命に別条はないという。  同部によると、女児は家族とともに前橋市から観光で訪れていた。水深1メートルの海域で浮輪をつけ、父親と姉とともに...
本文を読む

人身事故で5人が死亡 昨年の船舶海難は12隻

 石垣海上保安部は13日、2011年八重山地区の船舶海難と人身事故発生状況を発表した。それによると船舶海難は12隻(前年比4件減)で、前年と同じく死亡や行方不明はゼロ。人身事故は30人(同6人減)で死亡、行方不明は6人(同10人減)だった。昨年9月には石垣市で離岸流に流され、1人が死亡、4人が16時間も漂流する事故が発生するなど、水難事故が多発し問題となった。県全体では、マリンレジャー等での事故発...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム