八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「旧空港跡地」の検索結果は以下のとおりです。

旧空港跡地 15年度以降60発の不発弾 いまだに32発が保管状態

2月1日に行われる不発弾処理の避難対象範囲(石垣市防災危機管理室提供)2月1日に行われる不発弾処理の避難対象範囲(石垣市防災危機管理室提供)
2月1日~3日間 現地で14発を安全化処理
 戦時中、旧海軍飛行場として使用されていた石垣空港跡地で、県空港アクセス道路整備事業が始まった2015年度以降にみつかった不発弾が60発に達していることが石垣市のまとめで分かった。市防災危機管理室によると、これまで3度処理を行っているが、今なお32発が現地での処理あるいは保管庫への搬送を待っている状態。このうち14発について市は2月1日から3日間、現地で安全化処理を行う予定だ。  空港跡地で...
本文を読む

市新庁舎建設位置「旧空港跡地」に決定 15日から地域説明会

「旧空港跡地」に石垣市の新庁舎を建設することを発表した中山義隆市長=10日午後、庁議室「旧空港跡地」に石垣市の新庁舎を建設することを発表した中山義隆市長=10日午後、庁議室
今月中に基本計画策定 2017年度着工へ
 石垣市の新庁舎建設位置で中山義隆市長は10日、「旧空港跡地」に建設することを発表した。2016年度内に基本設計・実施設計を終え、17年度着工、18~19年度の開庁を目指す。同日午後、市庁議室で会見した中山市長は「住民投票の結果を尊重するとともに、新庁舎建設計画策定委員会の議論もしっかりと計画に反映させていきたい」と述べ、建設位置を盛り込んだ基本計画案を発表した。市では10~23日まで同計画案の...
本文を読む

爆発物磁気探査の早期実施を 旧空港跡地

多くの不発弾が地中に埋まっているとされる旧石垣空港。医療を守る郡民の会が磁気探査の早期実施の要請を決議した=2014年7月多くの不発弾が地中に埋まっているとされる旧石垣空港。医療を守る郡民の会が磁気探査の早期実施の要請を決議した=2014年7月
医療を守る郡民の会が要請決議 かりゆし病院の早期移転も
 八重山の医療を守る郡民の会(宮平康弘会長)の第5回総会が20日夕、石垣市内の飲食店で開かれ、総会決議で「医療法人上善会かりゆし病院の旧空港跡地への早期移転」「旧空港全跡地の爆発物磁気探査の早期実施」を行政や関係機関に要請していくこと決めた。  このほか、役員改選で会長に宮平氏が再任された。  宮平会長は「この秋にも新県立八重山病院が着工する見通しでラストの第4コーナーを回ったという感じ...
本文を読む

年度内に利用計画策定 石垣市

来年3月までに利用計画が策定されることになった石垣空港跡地=7日午後来年3月までに利用計画が策定されることになった石垣空港跡地=7日午後
施設配置を具体化 区画整理事業の導入想定
 約50㌶という広大な面積を有する石垣空港跡地について石垣市は来年3月までに、利用計画をまとめることにしている。すでに跡地で業務を行っている市消防本部、建設地が決まっている県立八重山病院を組み込みながら、2012年3月策定の基本計画で示した四つの機能別エリアで施設配置などを具体化させ、実現に向けた課題も整理する。跡地全体の利用について市は、地権者から土地の一部の提供を受け、道路や公園など公共施設...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム