八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「旧盆」の検索結果は以下のとおりです。

旧盆、各家庭でンカイ

「3日間いっしょに過ごしましょうね」と先祖を迎え入れる冨永さん一家と親類ら=23日夕、字登野城「3日間いっしょに過ごしましょうね」と先祖を迎え入れる冨永さん一家と親類ら=23日夕、字登野城
家族そろって祖先の霊供養
きょう波照間でムシャーマ
 旧暦7月13日から15日まで3日間にわたって祖先の霊を供養する旧盆(ソーロン)は23日、家々で迎え(ンカイ)の行事が行われた。仏壇に、目印となる灯籠やちょうちん、つえ(グサン)となるサトウキビのほか果物、粉菓子、ごちそうがところ狭しと並び、家族そろって手を合わせ、あの世(グショー)から先祖を迎え入れた。旧盆期間は三食とおやつを供え、盛大にもてなす。  この日から各地ではアンガマ、獅子舞、エ...
本文を読む

きょうソーロン(旧盆)入り

旧盆準備で供え物などを買い求める人たち=22日午後、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場旧盆準備で供え物などを買い求める人たち=22日午後、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場
市民、供え物準備に大忙し
   きょう23日から25日まで(旧暦7月12~14日)の3日間、八重山では祖霊を家内に招くソーロン(旧盆)を迎える。ソーロン入りを前に22日、石垣市内の量販店などでは旧盆用の飾り物、料理の材料、先祖への供え物の花や果物、お菓子などを買い求める準備に忙しそうな人たちの姿が見られた。  旧盆用の品物を多くそろえるJAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」では朝から買い物...
本文を読む

旧盆、祖先の精霊迎え

仏前に手を合わせて祖先の霊を迎え入れた宮良さんの家族ら=3日夕、石垣市石垣の宮良昌招さん宅仏前に手を合わせて祖先の霊を迎え入れた宮良さんの家族ら=3日夕、石垣市石垣の宮良昌招さん宅
各家庭で供養の祈り
きょう波照間でムシャーマ
 旧盆(ソーロン)入りの3日、仏壇のある家庭ではちょうちんや果物、花で飾り付け、ンカイ(精霊迎え)ジューシーや吸い物を供え、家族そろって祖先の霊を迎え入れた。旧盆の3日間は郡内各地でアンガマやエイサー、白保では獅子舞が行われるほか、中日の4日は波照間島では伝統のムシャーマが行われる。ことしの旧盆は新暦の9月に入っており、一部の学校ではウークイ(送り日)の5日を休校日としている。  石垣市石垣...
本文を読む

きょう、旧盆入り

仏壇へ供えるサトウキビを品定めをする買い物客=2日午前、JAおきなわファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」仏壇へ供えるサトウキビを品定めをする買い物客=2日午前、JAおきなわファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」
市場などに多くの買い物客
 3日(旧暦7月13日)からの旧盆を前に市内のスーパーや精肉店では2日、旧盆商戦がピークを迎え、店内は、仏壇に供える果物や豚肉などを買い求める客でにぎわった。  このうち、JAおきなわファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」(玉城武彦店長)では、お供え用に石垣島で収穫されたパイナップルやバナナなどの果物や煮物用の野菜が並べられ、商品が売り切れるほど盛況を博した。  みかんの袋詰め...
本文を読む

ソーロン(旧盆)アンガマ&エイサー日程

三枚肉の精進料理にみる日中交流

世代断絶すすむ法事の危機
 ■ソーロンの料理  明日からソーロン(精霊会)である。迎え火を焚き、先祖の霊を迎え、3日間供膳でもてなす。仏壇にはサトウキビ、ハスやタイをかたどった華やかな色彩のクーグヮーシィ(糕菓子)や果物、精進料理が供えられる。精進料理は普通、肉を使わないが、八重山(沖縄)では豚の三枚肉や煮物も供えられる。  これは、中国の三牲(さんせい)にならったものだ。三牲は牛、豚、ヤギなどのいけにえ供物だ。...
本文を読む

家族みんなでンカイ 郡内各地ソーロン入り

仏前で手を合わせ祖先の霊を迎えた譜久盛さんの親族ら=15日夕方、石垣市新川の譜久盛さん宅仏前で手を合わせ祖先の霊を迎えた譜久盛さんの親族ら=15日夕方、石垣市新川の譜久盛さん宅
きょう波照間でムシャーマ
 旧盆(ソーロン)入りの15日、仏壇のある家庭では、果物やンカイ(精霊迎え)ジューシー、吸い物などを供え、家族そろって仏前で手を合わせて祖先の霊を迎え入れた。旧盆の3日間は郡内各地でアンガマなどが招かれた家を回るほか、中日の16日には波照間島で伝統のムシャーマ、明石でエイサーも行われる。  各家庭では旧盆に合わせ、前日から三枚肉や中身汁などのごちそうの仕込み、仏壇の飾りつけなどに追われ、旧盆...
本文を読む

きょう旧盆入り 市場は大勢の買い物客

大量に積まれたパイン。来店者が次々と買い求めていた=14日午後、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場大量に積まれたパイン。来店者が次々と買い求めていた=14日午後、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場
 旧盆入りを翌日に控えた14日、石垣市内の大型店などは、供え物に使う食材を買い求める客でごった返した。  店内には旧盆に欠かせない豚肉やかまぼこ、サトウキビ、パインなどの果物、菓子、線香などが所狭しと並び、飛ぶように売れていた。  このうち、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場(本若展充店長)では精肉以外の品を豊富にそろえており、11日から旧盆用の品々を買い求める地元客と盆休...
本文を読む

見物人と珍問答

仏壇に手を合わせた後、踊りをみせるウシュマイ(右)とンミー=26日夜、石垣市平得の与那国和子さん宅仏壇に手を合わせた後、踊りをみせるウシュマイ(右)とンミー=26日夜、石垣市平得の与那国和子さん宅
旧盆アンガマ始まる
 旧盆入りした26日、あの世からやってきたウシュマイ(翁)とンミー(媼)がファーマー(子や孫)を引き連れて招かれた家々を回る伝統行事アンガマが始まった。28日までの3日間行われる。  石垣市平得の与那国和子さん(86)宅には同日午後7時半ごろ、平得青年会(田盛芳会長)の一行が訪れた。ウシュマイとンミーが仏壇に手を合わせ、「与那国家にいつもいいことがありますように」と方言で願うと、ファーマーが...
本文を読む

旧盆で帰省ラッシュ

旧盆をふるさとで過ごそうと帰省し、親族との再会を喜び合う黒島出身の比屋定積さん(手前左)=26日午前、南ぬ島石垣空港旧盆をふるさとで過ごそうと帰省し、親族との再会を喜び合う黒島出身の比屋定積さん(手前左)=26日午前、南ぬ島石垣空港
親族らと再会喜ぶ姿も
 旧盆入りの26日、南ぬ島石垣空港には、ふるさとで祖先の霊を供養しようという人たちが多くの観光客に混じって続々と帰省し、親族らと久しぶりの再会を喜び合う姿が見られた。  日本トランスオーシャン航空(JTA)と全日本空輸(ANA)によると、下りのピークは26日まで、上りは旧盆明けの29、30の両日がピークで、どちらも全便満席になっている。  26日、夫婦で帰省した黒島出身の比屋定積(つもる...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム