八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「新庁舎建設」の検索結果は以下のとおりです。

上水道管の耐震適合率4% 3月定例市議会

地震対策、課題浮き彫り
耐震化は長期の見通し
 3月定例石垣市議会(平良秀之議長)は12日、箕底用一、米盛初恵、前津究、石垣達也の4氏が一般質問に立った。市水道部の上水道管の耐震適合率が4%にとどまっているほか、浄水場と配水池5カ所のうち4カ所が耐震化設計になっていないことが分かり、地震対策の課題が浮き彫りになった。耐震化は長期に及ぶ見通しだ。  水道部によると、上水道管総延長50万1745㍍のうち耐震に適合しているのは1万9989㍍で...
本文を読む

着陸できない可能性 急患輸送ヘリ

33355.石垣市新庁舎駐車場.jpg
離着陸地点付近に駐車場
石垣市役所新庁舎建設
 離島からヘリコプターでの急患輸送時、離着陸帯として使用されている石垣市消防本部横のヘリポート付近に、市役所新庁舎の駐車場整備が計画されていることで「ヘリが降りられない可能性がある」と懸念されている。同ヘリポートに着陸できない場合、新石垣空港に降りて患者を救急車へ引き継ぎ市街地の病院に搬送するため、タイムロスが生じる。市は、現ヘリポートの周りに公用車・職員専用駐車場の整備を計画しているが、こうし...
本文を読む

新庁舎の建設費削除に抗議 八重山建産連

新庁舎建設費の削除について抗議する米盛博明会長(中)ら=30日午後、八重山建設会館新庁舎建設費の削除について抗議する米盛博明会長(中)ら=30日午後、八重山建設会館
予定通りの推進求める
 石垣市議会で2018年度一般会計予算から新庁舎建設費39億円余りを削除する修正案が野党の賛成多数で可決されたことに対し、八重山建設産業団体連合会(米盛博明会長、10団体、173社)の米盛会長ら役員が30日、八重山建設会館で会見し、「建築単価は日に日に値上がりしている。着手が遅れると、当初予定価格を大幅に上回ることが確実」などとして市議会に抗議、予定通り推進するよう求めた。  建産連は「現庁...
本文を読む

新庁舎建設に39億円計上

新庁舎建設が予定されている旧石垣空港跡地。右奥は建設中の新県立八重山病院=18日午前新庁舎建設が予定されている旧石垣空港跡地。右奥は建設中の新県立八重山病院=18日午前
市、20年夏開庁目指す
18年度予算案
 石垣市は、旧石垣空港跡地で計画する新庁舎建設の事業費として、2018年度一般会計予算案に39億852万円を計上している。財源は緊急防災・減災事業債で24億8770万円、一般単独事業債で9億9860万円、庁舎建設基金積立金からの繰り入れで4億2200万円。新庁舎建設推進室によると、予算案が可決されれば新年度の早い時期に入札を行い、2020年度夏ごろの開庁を目指す。  現段階での試算によると、...
本文を読む

新庁舎の設計業務本格化 全庁的な推進体制構築

新庁舎設計プロポーザルで隈研吾建築都市設計事務所が提案したエントランス新庁舎設計プロポーザルで隈研吾建築都市設計事務所が提案したエントランス
コンセプトは「集える庁舎」
 旧石垣空港跡地での新庁舎建設で石垣市は25日までに、㈱隈研吾建築都市設計事務所(東京)・洲鎌設計室㈱(石垣市)の共同企業体(JV)と委託契約を結び、設計業務を本格化させた。建設から引っ越し、開庁までを統括する部長級の検討委員会、新庁舎建設に各課の意見を反映させる課長級の連絡会も立ち上げるなど、全庁的な推進体制も構築。今後、新庁舎建設に向けた取り組みを本格化させる。  新庁舎建設室(大城智一...
本文を読む

まちづくり、大きな岐路に 今後は市長の判断に焦点

石垣市の新庁舎建設位置に関する住民投票の開票作業=7日夜、市総合体育館メインアリーナ石垣市の新庁舎建設位置に関する住民投票の開票作業=7日夜、市総合体育館メインアリーナ
新庁舎建設位置
 7日に行われた石垣市の新庁舎建設位置に関する住民投票では、有権者は大差で旧空港跡地を選択した。市民の大多数が防災面や建設コストを重視し、旧空港跡地を支持したとみられる。市役所が旧空港跡地に移転すると、港を中心としたこれまでのまちづくりは大きな転換点を迫られる。中山義隆市長がどのような決断を下すのか。市役所が移転した場合の美崎町再開発にも注目が集まっている。 ■偏り少ない位置  建設位置...
本文を読む

旧空港跡地が圧倒的多数 現地に4倍以上の大差

住民投票の結果、石垣市役所の新庁舎建設位置として圧倒的多数を占めた旧石垣空港跡地=2015年11月15日住民投票の結果、石垣市役所の新庁舎建設位置として圧倒的多数を占めた旧石垣空港跡地=2015年11月15日
市長、数日中にも位置決定へ
 石垣市の新庁舎建設位置を問う住民投票は7日、投開票が行われ、「旧空港跡地」は1万1895票、「現庁舎敷地」は2655票で4倍以上の票差がつく圧倒的な結果となった。当日有権者数は3万7848人、投票者数は1万4700人で投票率は39・05%だった。結果を受けて、中山義隆市長は同日夜、「旧空港跡地での建設が圧倒的な票数を取ったので、住民の意思はしっかり表れたと思う。新庁舎基本計画策定委員会の意見も...
本文を読む

【住民投票】「現地」か「旧空港跡地」か

左から、旧空港跡地を推す大浜公民館の當山信佳館長と現庁舎敷地を推す美崎町自治公民館の武内憲治館長左から、旧空港跡地を推す大浜公民館の當山信佳館長と現庁舎敷地を推す美崎町自治公民館の武内憲治館長
 石垣市役所の新庁舎建設位置を問う住民投票が7日に行われるのを前に、現庁舎敷地を推す美崎町自治公民館の武内憲治館長と旧空港跡地を推す要請決議を真っ先に行った大浜公民館の當山信佳館長にインタビューし、それぞれの候補地を推進する理由や住民投票の意義、理想とする新庁舎などについて聞いた。(上地矢寸志記者) 【美崎町自治公民館の武内憲治館長】 「人・物が行き交う現状が効率的」 ■現状が効率的...
本文を読む

住民投票まで3週間市新庁舎建設位置

新庁舎の建設位置をめぐって委員17人による投票を行い、ホワイトボード(奥)で集計を行う新庁舎基本計画策定委員会=2015年11月27日午後、石垣市健康福祉センター新庁舎の建設位置をめぐって委員17人による投票を行い、ホワイトボード(奥)で集計を行う新庁舎基本計画策定委員会=2015年11月27日午後、石垣市健康福祉センター
「現在地」「旧空港跡地」二者択一
「病院跡地」望む意見も
 石垣市の新庁舎建設位置に関する住民投票が行われる2月7日まで残り3週間になった。建設位置については、新庁舎基本計画策定委員会(委員長・神谷大介琉球大学工学部准教授、委員19人)が「現在地」「旧空港跡地」「八重山病院跡地」の3候補地で検討してきた経緯があるが、市議会は「病院跡地」を外し、残りの二つから一つを選ぶ条例を可決した。「病院跡地」を望む意見を有権者がどのようにくみ取って住民投票に臨むのか...
本文を読む

「現在地」か「旧空港跡地」か 2択の条例案、本会議へ

住民投票条例案の選択方法について意見を交わした市議会の新庁舎建設に関する調査特別委員会=8日午後、委員会室住民投票条例案の選択方法について意見を交わした市議会の新庁舎建設に関する調査特別委員会=8日午後、委員会室
市役所新庁舎住民投票 特別委が審議、議員提案に
 石垣市の新庁舎建設に関する住民投票条例案について、市議会の新庁舎建設に関する調査特別委員会(伊良皆高信委員長、委員8人)は8日、投票の選択方法について意見を交わした。同委員会で現在地か旧空港跡地かで選択する「2択」案と現在地、旧空港跡地、八重山病院跡地の3カ所から1カ所を選択する「3択」案で意見が分かれ、委員会としては条例案を決定せず、2択案を議員提案で11日の本会議に諮る。条例が可決されれば...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム