八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「新工場」の検索結果は以下のとおりです。

石垣島製糖、新工場建設へ 

建設から56年が経過し、施設の老朽化、処理能力の低下を招いている石垣島製糖社の工場=27日午前建設から56年が経過し、施設の老朽化、処理能力の低下を招いている石垣島製糖社の工場=27日午前
推進協議会を設立 石垣市と関係6機関
 製糖工場が1961年の建設から56年が経過し、工場の老朽化や処理能力の低下などを招いている問題で、石垣島製糖㈱(松林豊代表取締役社長)と石垣市など関係6機関は27日、新製糖工場建設推進協議会(会長・中山義隆市長)を設立し、建設に向け第一歩を踏み出した。建設には莫大(ばくだい)な費用を要することから、同社の自己資金以外の財源の確保が最大の課題となる。今後、建設までのスケジュールを含め具体的な検討...
本文を読む

新工場は順調に稼働 西表製糖

順調に操業が進み、原料ヤードにサトウキビが積み上げられている西表製糖工場=3日午後順調に操業が進み、原料ヤードにサトウキビが積み上げられている西表製糖工場=3日午後
12日間で1000㌧処理 平均糖度16度「予想以上」
 【西表】3月19日に操業が始まった竹富町西表製糖工場は1日までに12日間操業し、合わせて1000㌧を超える原料を処理した。同工場を運営する西表糖業㈱によると、操業開始から10日間の原料処理実績では、前期の旧工場(1日の処理能力80㌧)が686㌧だったのに対し新工場(同100㌧)は858㌧と1日当たり約17㌧増加し、順調に稼働している。平均糖度は3日までに16度(前期15・16度)と高い状態だが...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム