八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「市長選」の検索結果は以下のとおりです。

市長選めぐり不協和音 今後の態勢構築に課題

現職の予定候補者決定に異論
教育委人事で一部退席 職務強要事件も懸念材料に
 来年3月11日の石垣市長選をめぐり、自民党石垣市支部(石垣亨支部長)内に不協和音が生じている。中山義隆市長が12月定例市議会に提出した教育委員の人事案件で、与党から3人が退席するという異例の事態に陥ったほか、支部常任総務会が現職を予定候補者として決定したことに一部から「総括もしていない」と異論が出るなど、足並みが乱れており、今後の選挙態勢の構築が課題に。さらに、自民党と公明党との間に対応の違い...
本文を読む

野党、上原氏の擁立決定 市長選

来年3月11日投開票の石垣市長選に向け、野党側の候補者選考委員会は上原秀政氏を擁立した来年3月11日投開票の石垣市長選に向け、野党側の候補者選考委員会は上原秀政氏を擁立した
陸自反対のリーダー
「基地のない平和な島」に決意
 来年3月11日投開票の石垣市長選に向け、野党側の候補者選考委員会(入嵩西整委員長)は23日夜、官公労共済会館で会議を開き、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の共同代表で八重山地区医師会会長の上原秀政氏(63)=宮良=を擁立することを全会一致で決めた。21日の会議で上原氏のほか新たに推薦された2人のうち、社大党八重山支部は30代前半の男性について「出馬の意思が確認できなかった」として取り下...
本文を読む

【石垣市長選】きょう投開票、有権者の審判 

最後の訴えで支持を呼びかける大浜長照氏(左)と中山義隆氏(右)最後の訴えで支持を呼びかける大浜長照氏(左)と中山義隆氏(右)
今夜遅く当落判明 期日前投票過去最高
 現職の中山義隆氏(46)=自民・公明推薦=と前職の大浜長照氏(66)が争っている石垣市長選は2日、市内21カ所で投票が行われる。即日開票され、同日夜遅く当落が判明する見通しだ。両氏は2月23日の告示以降、島内各地を駆け回って支持を訴え、1日夕の打ち上げ式で1週間の運動を締めくくった。中山氏の再選か、大浜氏の返り咲きか。有権者3万7000人余の審判が注目される。  投票は2日、各地区の小、中...
本文を読む

【石垣市長選】きょう最後の訴え

ドライバーに支持を呼びかける両候補=2月28日午後6時すぎドライバーに支持を呼びかける両候補=2月28日午後6時すぎ
 現市長の中山義隆氏(46)=自民・公明推薦=、前市長の大浜長照氏(66)が争っている石垣市長選は2日、投開票される。中山氏が保守最大の課題となっている2期目の鬼門を突破できるか、大浜氏が返り咲きを果たすかが焦点。告示以降、両陣営の運動は日に日に熱を帯び、期日前に投票する有権者が増加している。運動最終日の1日もフル回転し、同日夕には打ち上げ式を行い、1週間の戦いを締めくくる。   ...
本文を読む

中山氏9人、大浜氏7人

市議の石垣市長選支持状況
留保5氏は政策等で判断
 現職の中山義隆氏(46)と前職の大浜長照氏(66)が立候補を予定している石垣市長選(2月23日告示、3月2日投開票)では、市議会議員21人の動きも注目されている。現段階で与党は12人のうち9人が中山氏、野党と中立系は9人のうち7人が大浜氏をそれぞれ支持している。  与党は自民党石垣市支部に所属する仲間均、伊良皆高信、上門孝子、仲嶺忠師、石垣亨、内野篤、砥板芳行、我喜屋隆次、箕底用一の9氏が...
本文を読む

3月2日に投開票〜石垣市長選

中山氏と大浜氏が出馬へ
一騎打ちの公算 両陣営、組織づくり急ぐ
 石垣市長選は2月23日に告示され、3月2日に投開票される。2期目を目指す現職の中山義隆氏(46)と、前市長で国頭村立東部へき地診療所医師の大浜長照氏(66)が昨年末に出馬を表明しており、一騎打ちの公算が大きい。今後、前哨戦が活発化する。4年前と同じ顔ぶれだが、今回は立場を逆にして戦うことになる。  予定候補者の出馬表明が年末にずれ込むのは過去に例がない。  中山氏は2012年12月、支...
本文を読む

午のごとく駆ける年に

選挙イヤーに合併50年の節目
■さらなる観光振興を  2014年が明けた。昨年は南ぬ島石垣空港開港効果で入域観光客の大幅増があり、観光関連業界を中心に八重山の経済が活気にあふれた年だった。今年は開港から1年が経過する。昨年の観光客増が一過性のブームだったのか、昨年に増して観光入域が伸び、しっかりと定着するのかを見極める重要な年となろう。  2月1日には千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプが始まる。初の1・2軍合同キャ...
本文を読む

市長選の動き、大詰め

野党・対立候補は? 与党・挙党一致は?
 現職の中山義隆氏(46)が2期目に意欲を示す石垣市長選は、来年2月23日告示、3月2日投開票まで4カ月を切り、市議会与野党の動きが慌ただしくなっている。現段階では野党側は対立候補を擁立できるか、与党側は挙党一致の体制を構築できるか、が焦点。野党側は6日、大詰めの人選作業を行い、与党側は10日、自民党の議員で現職の総括を行った。  野党側は、各団体を幅広く網らした「笑顔かがやく石垣市民の会」...
本文を読む

市長選まで半年切る 野党、人選難航

現職、波乱含み
 来年2月23日告示、同3月2日投開票の石垣市長選まで半年を切った。現職の中山義隆氏(46)は2期目に意欲を示しているが、市議会与党との調整が進んでおらず、いまだ出馬を表明する環境にない。対抗する野党側は、高嶺善伸県議らを中心に人選作業を進めているが、擁立には至っていない。市議会9月定例会終了後、双方の動きが活発化しそうだ。  中山氏は昨年12月、支持団体に続投の意向を伝えたが、与党との調整...
本文を読む

革新陣営が始動 石垣市長選

幅広い組織目指す
近く人選作業にも着手
 来春行われる石垣市長選で、市政奪還を目指す革新陣営は28日までに、候補者選定作業などの取り組みを幅広く網羅した組織で行っていくことを確認した。近く人選作業に着手する。関係者によると、次期市長選では従来の革新という枠にとらわれない新しい組織体制をつくるという。関係者は「旧態依然とした組織ではなく、幅広い層を結集させることができるかどうかがポイントだ」と指摘している。  政党、市議団、労組、市...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム