八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「市立図書館」の検索結果は以下のとおりです。

市立図書館へ移送開始

県立図書館八重山分館から本が入った段ボールを運び出し、トラックに積む地元業者のスタッフら=6日午後県立図書館八重山分館から本が入った段ボールを運び出し、トラックに積む地元業者のスタッフら=6日午後
県立図書館分館の蔵書
市関連の5万4000冊
 2012年3月31日の閉館以降、館内に置き去りになっていた県立図書館八重山分館の蔵書のうち、石垣市に関連する資料約5万4000冊の石垣市立図書館(野底由紀子館長)への移送作業が6日から始まった。同館では搬入後、登録して貸し出しすることも視野に入れている。与那国町、竹富町関係の蔵書は既に配送されて学校で使われているものもあり、約5年ぶりに同分館の蔵書が地元住民の手に渡り、活用が図られることになり...
本文を読む

市立図書館、利用者数前年度より増 貸出冊数は25万冊台を維持

読み聞かせを楽しむ親子連れ=2014年7月30日午後、石垣市立図書館読み聞かせを楽しむ親子連れ=2014年7月30日午後、石垣市立図書館
2014年度利用状況 蔵書総数は7千冊余増
 石垣市立図書館(野底由紀子館長)はこのほど、2014年度の利用状況をまとめた。それによると、蔵書総数は27万269冊(前年度比7053冊増)で、貸出冊数は25万3345冊(同5152冊減)、利用者人数は延べ5万5478人(同4523人増)だった。貸出冊数は前年度より減ってはいるものの、12年度から25万冊台を維持しており、同館は「図書館利用がだんだん定着してきたように思う」と分析している。 ...
本文を読む

新収蔵庫、7万冊分整備 市立図書館

蔵書数の推移蔵書数の推移
開館から24年 書庫不足を解消へ 津波・火災にも備え
 石垣市立図書館(吉見武浩館長)は、所蔵冊数が1990年の完成時に想定した25万冊を超えていることから、館内に新たな収蔵庫を整備する。同館には2、3階に書庫が設置されており、現段階では収蔵できているが、これ以上増えると厳しい状況。このため、4階に収蔵庫を設け、貴重な資料から優先的に保管していく考えだ。4階は1階から13㍍の高さにあり、津波の被害を最小限に抑えることも想定。窒素ガスを使用した自動消...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム