八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「川平」の検索結果は以下のとおりです。

住民総出で結願祭 川平

川平の棒10組ほか、「てんばぃ棒」でも迫力ある演舞を見せた=22日午後、群星御嶽川平の棒10組ほか、「てんばぃ棒」でも迫力ある演舞を見せた=22日午後、群星御嶽
棒術や獅子舞など奉納
 石垣市川平の群星御嶽で22日、川平村結願祭(川平公民館主催)が行われ、太鼓や棒、獅子舞、舞踊などを奉納、住民総出で農作物の収穫に感謝し、来年の豊作と住民の健康などを祈願した。住民のほか観光客も訪れ、伝統行事に触れた。  地区内4御嶽で神司と「ミットンウヤジュ」と呼ばれる65歳以上の人たちが3日間、神事祈願を行ってこの日の結願祭を迎えた。  前半は境内で行われ、弥勒神を先頭に出演者全員が...
本文を読む

川平公園 新たに駐車場を整備

暫定的な供用が始まっている新しい駐車場=1日午後暫定的な供用が始まっている新しい駐車場=1日午後
年内に本格的供用開始
乗用車45台 大型バス6台 夏場の混雑解消に期待    観光客でにぎわう景勝地、川平湾周辺の駐車場が新たに整備され、7月下旬から暫定的な供用が始まっている。石垣市が進めている川平風致公園整備の一環として、県道川平高屋線沿いに整備したもの。乗用車45台、大型バス6台が停車することができ、既存の駐車スペースの混雑解消が期待されている。市は9月定例市議会で市駐車場設置・管理に関す...
本文を読む

尖閣戦時遭難事件から70年 「川平の神様が引き寄せてくれた」

決死隊が到着した海岸で、70年前の偉業に思いを巡らせる金城珍良さん=14日午前、川平底地決死隊が到着した海岸で、70年前の偉業に思いを巡らせる金城珍良さん=14日午前、川平底地
決死隊の偉業に思い新た 小舟造り、丸2日カイをこぐ
 台湾に向かっていた疎開船2隻が尖閣諸島近海で米軍機の銃撃を受けるなどして多数の犠牲者を出した1945年7月3日の尖閣列島戦時遭難事件で、漂着した魚釣島から連絡決死隊が小舟で石垣島に向かい、川平の底地海岸に到着してから70年を迎えた14日、決死隊のメンバーだった故・金城珍吉さん(当時26)の長男、珍良さん(69)=新川=が同地を訪れ、「大変だったんだろうな」と思いを巡らせた。  同事件では、...
本文を読む

地域主導で観光誘客 川平村の観光を考える会発足

川平地域独自の観光商品創出に動き出した川平村の観光を考える会=29日夜、川平公民館川平地域独自の観光商品創出に動き出した川平村の観光を考える会=29日夜、川平公民館
法人化や案内所新設も
 地元の公民館や観光業者が主導して長期滞在型の観光メニューを創出することを目指す「川平村の観光を考える会」(仲野英則会長、会員18人)が29日、発足した。同会では今後、集落内の仲間森やウスコウス山、川平御嶽聖地などを調査し、川平ならではの景観や自然を生かした観光メニューを順次展開していく考え。  地域単位で観光客の受け入れ態勢を構築しようとする取り組みは島内で初めて。  同会では、観光客...
本文を読む

伝統の棒や太鼓披露 川平で盛大に結願祭

観客を沸かせた迫力ある三人棒=28日午後、群星御嶽観客を沸かせた迫力ある三人棒=28日午後、群星御嶽
 石垣市川平の三大祭りの一つ、「結願祭」が28日午後、群星御嶽で行われ、伝統の棒術や太鼓、獅子舞などが奉納された。会場には住民や観光客などが訪れ、伝統行事を堪能した。  結願祭は今年の農作物の収穫に感謝し、来期の豊作と住民の無病息災を祈願するもので、3日前から4御嶽の神司や「ミットンウヤジュ」と呼ばれる65歳以上の人々が集落内の御嶽にこもって祈願を済ませた後に行われる。祭りはミロクを先頭にし...
本文を読む

「ビッチュル石」を奉納 川平

川平の豊年祭で勇ましくビッチュル石を奉納する担ぎ手=10日午後、赤イロ目宮鳥御嶽川平の豊年祭で勇ましくビッチュル石を奉納する担ぎ手=10日午後、赤イロ目宮鳥御嶽
豊年祭シーズン幕開け
 石垣市川平の豊年祭が10日、浜崎、群星、山川、赤イロ目宮鳥の各御嶽であり、群星御嶽で旗頭が奉納されたほか、赤イロ目宮鳥御嶽で「ビッチュル石」を担ぎ上げて奉納する独特な儀式があった。八重山の豊年祭は川平をトップに本格化し、今年の豊作に感謝し、来夏世(クナツユー)の豊じょうを祈願する神事が8月上旬まで続く。  ビッチュル石(カーラ石)は願人(ニガイビ)の大屋広男さん(61)の祖先が漁をしていた...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム