八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「安全なまちづくり推進協」の検索結果は以下のとおりです。

観光客の事件事故増 チラシ配布で注意喚起

羽田からの直行便で訪れた観光客に犯罪や水難事故の注意を呼び掛ける八重山署の女性署員(右)=10日午後、南ぬ島石垣空港羽田からの直行便で訪れた観光客に犯罪や水難事故の注意を呼び掛ける八重山署の女性署員(右)=10日午後、南ぬ島石垣空港
安全なまちづくり推進協
 夏場観光のトップシーズンを迎え、八重山地区安全なまちづくり推進協議会(会長・中山義隆石垣市長)は10日午後、南ぬ島石垣空港で八重山に訪れる観光客が事件事故に巻き込まれないためのキャンペーンを初めて展開した。  八重山署生活安全課によると、八重山の入域観光客数の増加に伴って観光客が犯罪に巻き込まれるケースが増加傾向にあると分析。2016年は年間の刑法犯認知件数は前年比3件増の337件に対して...
本文を読む

刑法犯が増加傾向 安全なまちづくり推進協

八重山署から犯罪情勢などが報告された八重山地区安全なまちづくり推進協議会=5日午後、八重山署八重山署から犯罪情勢などが報告された八重山地区安全なまちづくり推進協議会=5日午後、八重山署
地域の防犯力強化を
 八重山署の仲村智成署長は5日午後、同署で開いた八重山地区安全なまちづくり推進協議会(会長・中山義隆市長)で8月末現在の刑法犯認知件数が前年比9件増の261件となり、4月以降増加傾向にあることを報告。「観光入域客が増加している一方で、それに交じって犯罪者も入っている。警察のパトロール強化はもとより、地域の防犯力が重要だ」として、防犯カメラ設置や青色回転灯パトロールによる協力を呼びかけた。  ...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム