八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「天然記念物」の検索結果は以下のとおりです。

ヤエヤマシタンに薬剤散布

ヤエヤマシタン固有の害虫「シタンヒメヨコバイ」を駆除するため薬剤を散布するスタッフ=8月30日午前、石垣市平久保ヤエヤマシタン固有の害虫「シタンヒメヨコバイ」を駆除するため薬剤を散布するスタッフ=8月30日午前、石垣市平久保
国指定天然記念物 害虫駆除、樹勢回復へ
 樹勢が回復に向かっている国指定天然記念物「平久保のヤエヤマシタン」の保護増殖事業(石垣市教育委員会主催)として、固有の害虫「シタンヒメヨコバイ」を駆除するための薬剤散布が8月30日午前、同地区で行われた。  ヤエヤマシタンは国内では石垣島だけに自生する樹木で、シタンヒメヨコバイはヤエヤマシタンのみに寄生する害虫。葉を吸汁し、光合成を妨げる。  薬剤散布は、業務を受託している㈱トロピカル...
本文を読む

「対馬のいいところ取り入れたい」 ツアーで学んだことを報告

対馬でのヤマネコスタディーツアーについて報告した西表ヤマネコクラブの児童生徒ら=4日午後、町長室対馬でのヤマネコスタディーツアーについて報告した西表ヤマネコクラブの児童生徒ら=4日午後、町長室
ヤマネコクラブ
 「イリオモテヤマネコ発見50年記念事業」の一環として長崎県対馬市で、国の天然記念物に指定されているツシマヤマネコの生態などについて学んだヤマネコスタディーツアーのメンバーが4日午後、竹富町役場で川満栄長町長にツアーの報告を行った。  ツシマヤマネコについて学ぶことで国の特別天然記念物に指定されているイリオモテヤマネコの保全に関心を持たせることなどを目的に実施した。  メンバーは西表ヤマ...
本文を読む

文科大臣から指定書 石垣島東海岸の津波石群

観光振興に期待も
 今年3月27日に国の天然記念物に指定された「石垣島東海岸の津波石群」に対する指定書の伝達式が27日午前、石垣市教育委員会であり、指定された四つの津波石の管理者や土地所有者に玉津博克市教育長が文部科学大臣からの指定書を手渡した。  津波石群は、大浜の崎原公園にある「津波大石(つなみうふいし)」、大浜の畑地のある「高こるせ石」、伊野田に畑地にある「あまたりや潮荒(すうあれ)」、平久保半島安良の浜辺...
本文を読む

イリオモテヤマネコ3例目の野生復帰 船浮地区で放獣

発信器で行動を追跡
 【船浮】環境省西表自然保護官事務所(福田真自然保護官)は17日午後、西表島船浮集落で保護したイリオモテヤマネコ1頭を保護現場付近の林野に放獣した。ヤマネコの保護は過去10年間で5例あるが、野生復帰できたのは5年ぶり今回で3例目。放獣したヤマネコにはモニタリング用の電波発信機を装着させており、福田自然保護官は「船浮地区でヤマネコの行動パターンを計測できる機会がなかったため、今回の放獣をきっかけに調...
本文を読む

イリオモテヤマネコ今年初の輪禍 環境省が注意呼びかけ

 【西表】14日午後8時23分ごろ、西表島古見美原の県道でイリオモテヤマネコが車にはねられ、死亡した。  西表野生生物保護センターによると、ヤマネコの交通死亡事故は今年に入って初めてで統計を取り始めた1978年以降、35年間で57件目。7月からは「ヤマネコ夏の交通事故防止キャンペーン」も始まるため、同センターでは野生生物の飛び出しに注意を喚起している。  死亡したヤマネコはメスの成獣で、通...
本文を読む

イリオモテヤマネコ保護個体が順調に回復 環境省が放獣公表

近く野生復帰へ
 【西表】4月に西表島船浮集落で衰弱していたところを保護されたイリオモテヤマネコ1頭は14日までに順調に回復しており、環境省西表自然保護官事務所(福田真自然保護官)は近く野生復帰に向けて、放獣することを公表した。  このヤマネコは4月11日午後1時ごろ、船浮地区の住民が集落内の公園内にある植え込みで動けなくなっているところを発見。通報を受けた西表野生生物保護センターの職員が保護した。  成...
本文を読む

カンムリワシに注意を 今年に入り10件保護

交通事故で4羽死亡、ハイペースの増加懸念
 防鳥用のテグスに絡まり動けなくなっていたところを保護され、体力が回復したカンムリワシ幼鳥1羽の放鳥が13日午後、大本小学校(石垣俊子校長、児童14人)のグラウンドで行われた。放鳥は今年3件目。カンムリワシの保護件数(石垣島)は昨年1年間で11件だが、今年は4月末日ですでに10件とハイペースの増加傾向を見せている。  カンムリワシの幼鳥は、3月31日に石垣市大浜三和の点滅信号付近の田畑で防鳥...
本文を読む

アサヒナキマダラセセリ採集禁止呼びかけ 市教委がパトロール

 石垣市教育委員会文化財課が4月27日から、アサヒナキマダラセセリの採集禁止を呼びかけるパトロールを於茂登岳周辺で行っている。  アサヒナキマダラセセリは石垣島と西表島のみに生息する固有種。近縁種の分布の中心がヒマラヤから中国大陸の奥地などであることから、氷河期の遺存種として極めて貴重とされている。1978年に県の天然記念物に指定された。  環境省が絶滅の恐れのある生物をまとめたレッドリス...
本文を読む

ヤマネコを保護、10年間で2例のみ 野生復帰に期待

 環境省西表自然保護官事務所(福田真自然保護官)は25日、今月11日に西表島船浮集落で衰弱したイリオモテヤマネコ1頭を保護したと発表した。同事務所によると、ヤマネコの保護は過去10年間で5件あったが、野生復帰できたのは2例のみ。今回保護したヤマネコは順調に回復しており、野生復帰が期待されている。  このヤマネコは11日午後1時ごろ、船浮の住民が集落内の公園の植え込みで動けなくなっているのを発...
本文を読む

カンムリワシの事故多発 保護件数今年すでに10件

運転者に注意喚起
 2013年に入ってから交通事故などでカンムリワシの死亡・保護件数が急増しているため、環境省那覇自然環境事務所(植田明浩署長)では運転者に注意を呼びかけている。同事務所によると、交通事故や衰弱による死亡・保護件数は22日までに石垣島で6件、西表島で4件の計10件発生しており、2012年の12件(石垣島6件・西表島6件)に迫っている。  石垣島で死亡・保護された6羽のうち、5羽が死亡。1羽は骨折し...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム