八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「千葉ロッテ」の検索結果は以下のとおりです。

プロ野球 千葉ロッテが石垣入り 日本一へ「突ッパ!」

空路石垣入りした千葉ロッテマリーンズの選手や監督、スタッフら=30日午後、南ぬ島石垣空港空路石垣入りした千葉ロッテマリーンズの選手や監督、スタッフら=30日午後、南ぬ島石垣空港
1軍、来月13日までキャンプ 8、9日に台湾チームと交流戦
 2月1日から始まる石垣島キャンプを前に、千葉ロッテマリーンズの選手と監督、スタッフら総勢129人が30日、空路石垣入りした。南ぬ島石垣空港で千葉ロッテマリーンズ石垣島協力会や関係者、地元ファンらが出迎えた。ことしで13回目となる石垣島キャンプは石垣市中央運動公園で1・2軍合同で行われ、1軍は13日まで、2軍は25日まで。  石垣島キャンプは就任3年目の井口資仁監督の下、昨年同様の短期日程。...
本文を読む

施設訪問、子どもたちと交流

石垣島キャンプ中に児童養護施設を訪れ、子どもたちと交流する千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太選手(右から3人目)や井口資仁監督(同左)ら=5日午後、児童養護施設ならさ石垣島キャンプ中に児童養護施設を訪れ、子どもたちと交流する千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太選手(右から3人目)や井口資仁監督(同左)ら=5日午後、児童養護施設ならさ
ロッテ井口監督、大嶺選手ら
 石垣島でキャンプ中の千葉ロッテマリーンズの井口資仁監督や大嶺祐太選手ら6人が5日午後、児童養護施設ならさ(新本当樹施設長)を訪れ、施設の子どもたちと交流した。  ならさを訪れたのは、井口監督のほか、大嶺、岩下大輝、荻野貴司、藤岡裕大、種市篤暉の5選手。  選手らは子どもたちとキャッチボールをした後、お菓子やキャンプ用の球団キャップ、サイン、図書券をプレゼントした。  質問コーナーで...
本文を読む

ロッテ投手と交流

千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太投手とチェン・グァンユウ投手との交流を楽しんだ児童生徒=14日、富野小中学校千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太投手とチェン・グァンユウ投手との交流を楽しんだ児童生徒=14日、富野小中学校
富野小中の児童生徒ら
バレンタインデーの14日、今月1日から石垣島で春季キャンプを行っている千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太投手(29)とチェン・グァンユウ投手(27)が富野小中学校を訪れた。児童生徒16人とキャッチボールを通して親睦を深め、ロッテ(東京)のチョコレート菓子と公式キャップをプレゼントした。  大嶺投手は例年、郡内離島の小中学校を訪れているが、ことし1月中旬の自主練で同校のグラウンドを利用していたこと...
本文を読む

ロッテ1軍キャンプ終了 伊東監督「あとは実戦で調整」

鈴木大地主将(中央)の一本締めでキャンプを打ち上げた千葉ロッテマリーンズ=19日午前、市中央運動公園屋内練習場鈴木大地主将(中央)の一本締めでキャンプを打ち上げた千葉ロッテマリーンズ=19日午前、市中央運動公園屋内練習場
観客延べ2万1600人
 千葉ロッテマリーンズは19日午前、1日から行ってきた1軍の石垣島キャンプを打ち上げた。伊東勤監督は「全体的にやることはできた。あとは実戦で調整していく」と締めくくった。石垣市によると、3週間のキャンプ中に会場を訪れた観客は延べ2万1600人だった。1軍選手は午後の便で本島へ移動。20日午後1時から北谷公園野球場で中日ドラゴンズとのオープン戦に臨む。同戦は大嶺祐太の先発が予定されている。2軍は2...
本文を読む

9年目のキャンプ始動 千葉ロッテ

祐太はブルペン入り 伊東監督「日本一奪還し、水牛パレードを」
 千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプが1日、市中央運動公園野球場を主会場にスタートした。20日まで。昨シーズン3位でクライマックスシリーズにも出場したロッテは惜しくも優勝は逃しており、伊東勤監督は「ことしこそは日本一を奪還して(優勝した6年前に行った)水牛パレードを実現させたい」と意気込みを述べた。キャンプ初日は雨に見舞われたものの、投手陣は早速ブルペン入りし、昨年自己最多の8勝を挙げた大嶺祐...
本文を読む

観衆3300人が歓声 翔太、伊志嶺ら活躍

3300人の観衆がプレーを見守った千葉ロッテマリーンズの紅白戦第2戦=15日午後、市中央運動公園野球場3300人の観衆がプレーを見守った千葉ロッテマリーンズの紅白戦第2戦=15日午後、市中央運動公園野球場
千葉ロッテ紅白戦第2戦
 千葉ロッテマリーンズの紅白戦第2戦が15日午後、市中央運動公園野球場で開催され、1軍の紅組と2軍の白組が対戦、大嶺翔太と伊志嶺翔大が1軍で途中出場した。この日も14日の第1戦に引き続き晴天に恵まれ、気温も前日より1.7度高い24.3度まで上昇。会場には初戦を上回る今キャンプ最多の3300人(主催者発表)が詰めかけた。  大嶺翔は五回裏、1番加藤翔平の代打で出場、その後、今江敏晃に代わって三...
本文を読む

ボールパークを満喫 キッズチアも選手を激励

かわいらしいパフォーマンスを披露したキッズチアの子どもたち=11日午前、石垣市中央運動公園野球場かわいらしいパフォーマンスを披露したキッズチアの子どもたち=11日午前、石垣市中央運動公園野球場
千葉ロッテ
 千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプを盛り上げる「ボールパークスペシャルデー」(石垣市主催)が11日、キャンプ会場の石垣市中央運動公園で行われた。子どもたちを中心に400人以上の市民が訪れ、クイズやストラックアウトなど多彩な催しを楽しんだ。  オープニングセレモニーは、この日のために結成された小学生11人によるキッズチアがかわいらしいパフォーマンスを披露し、練習に汗を流す選手たちを激励。ウ...
本文を読む

石川ら投球をアドバイス 千葉ロッテが野球教室

毎年恒例の千葉ロッテマリーンズ少年野球教室で昨季のパリーグ新人王の石川歩から投球の指導を受ける入米蔵大和君=8日午後、市中央運動公園ブルペン毎年恒例の千葉ロッテマリーンズ少年野球教室で昨季のパリーグ新人王の石川歩から投球の指導を受ける入米蔵大和君=8日午後、市中央運動公園ブルペン
学童ら178人が参加
 春季キャンプを行っている千葉ロッテマリーンズの昨季パリーグ新人王石川歩やドラフト2位の田中英祐、今江敏晃、岡田幸文、クルーズらが8日午後、市中央運動公園で市内の学童軟式野球チームから参加した総勢178人に直接、野球技術の手ほどきを行った。  同キャンプに合わせて毎年開催している少年野球教室(市主催)で、今回で8回目。子どもたちは投手と捕手組、内外野手組に分かれ、ピッチングや打撃の指導を受け...
本文を読む

今キャンプ最高の1500人来場 プロのプレーに熱視線

陽気と曜日に恵まれ、1500人が来場した千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプ=7日午後、市中央運動公園野球場陽気と曜日に恵まれ、1500人が来場した千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプ=7日午後、市中央運動公園野球場
千葉ロッテ 大嶺祐太、翔大も練習に汗
 千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプ最初の週末となった7日、球場には今キャンプ最高の1500人(主催者発表)が足を運び、プロ選手のハツラツとしたプレーに熱い視線を送った。この日は、前日までの寒さも和らぎ最高気温が平年並みの22.3度まで上昇、雲が多かったものの午前中には晴れ間ものぞいた。  第2クールからは徐々に実戦形式の練習が取り入れられている。選手はウオーミングアップとベースランニング...
本文を読む

千葉ロッテ、8年目キャンプ始動 みんなの夢「日本一奪還」

8年目の千葉ロッテマリーンズ石垣島キャンプがスタート、1軍全員でランニングでウオーミングアップで体をほぐした選手ら=1日午前、市中央運動公園野球場8年目の千葉ロッテマリーンズ石垣島キャンプがスタート、1軍全員でランニングでウオーミングアップで体をほぐした選手ら=1日午前、市中央運動公園野球場
大嶺兄弟も軽快な動き
 5年ぶりの日本一を目指す千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプが1日、石垣市中央運動公園野球場を主会場にスタートした。8年目を迎えるキャンプは昨年同様、1、2軍合同。伊東勤監督は「今キャンプで1年間戦える力を蓄え、しっかり土台をつくりたい。秋にはいい報告したい」と意気込みを語った。キャンプ初日は、最高気温が平年より約4度低い16・2度と肌寒いコンディションとなったが、選手たちは球場に活気ある声を...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム