八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「八重山高校」の検索結果は以下のとおりです。

八重高生が就業体験

石垣市立図書館で就業体験をする八重山高校1年の金嶺隼君(手前)=6日午前、石垣市立図書館石垣市立図書館で就業体験をする八重山高校1年の金嶺隼君(手前)=6日午前、石垣市立図書館
市内68事業所で仕事に励む
 社会の仕組みや勤労の厳しさを知り、今後の進路決定に役立てようと八重山高校(仲舛盛順校長)の1年生221人が6日から3日間、石垣市内の68事業所で就業体験を行っている。  このうち、石垣市立図書館(桃原直館長)では、4人の生徒が職員の指導を受けながら本などの貸し出し、返却の処理や本の修理など、図書館の仕事を体験している。  金嶺隼君(15)は「資料室が大規模なことに驚いた。読み聞かせをす...
本文を読む

八重農郷芸が全国大会へ 県高文祭・郷土芸能大会

全国大会出場を決めた八重農の多宇楓香部長(中)と優秀賞を受賞した八商工の大城希里部長(右)と八重高の花城美海部長=20日夕、沖縄市民会館大ホール全国大会出場を決めた八重農の多宇楓香部長(中)と優秀賞を受賞した八商工の大城希里部長(右)と八重高の花城美海部長=20日夕、沖縄市民会館大ホール
八商工と八重高も優秀賞
 【沖縄市】第42回県高校総合文化祭・第29回県高校郷土芸能大会(県高等学校文化連盟・同郷土芸能専門部主催)が20日、沖縄市民会館であり、「瑞穂の恵み~豊年祭より~」を演じた八重山農林高校が優秀賞に選ばれ、来年7月に佐賀で行われる全国大会への切符を手に入れた。「果報ぬ世ば給うられ」と「今日が日ば 黄金日ば」をそれぞれ披露した八重山商工と八重山高校も優秀賞に選ばれた。  八重農は、豊年祭で披露...
本文を読む

設置の必要性訴え 国立自然史博物館シンポ

プレゼンを終えた八重山高校生物部1年生の右から、山田央佳さん、田渕鈴夏さん、内原悠子さん、大浜朋笑さんと山崎仁也教諭=23日、東京都港区の笹川平和財団プレゼンを終えた八重山高校生物部1年生の右から、山田央佳さん、田渕鈴夏さん、内原悠子さん、大浜朋笑さんと山崎仁也教諭=23日、東京都港区の笹川平和財団
八重高生がプレゼン
 【東京】第154回海洋フォーラム「日本で初めての国立自然史博物館を沖縄に!」(主催:県、準備委員会等)と題したシンポジウムが23日、都内で開催され、八重山高校生物部の1年生4人が、パネリストとして登壇した。  4人は3週間前から準備したというプレゼンをリレー方式に発表。内原悠子さんは「観光開発の裏には貴重な自然破壊も起きている。自然史博物館ができれば、島の人たちが石垣の生物の多様性に目を向...
本文を読む

ヤギを石垣の観光資源に チュラアイ最終審査

「Chura☆I」のプレゼンテーション大会最終審査で独自視点の観光プロモーションを展開した地元高校生ら=28日夕、市役所会議室「Chura☆I」のプレゼンテーション大会最終審査で独自視点の観光プロモーションを展開した地元高校生ら=28日夕、市役所会議室
上位4人の高校生選出
島の観光を独自視点で発表
 石垣市が地元高校生を対象に観光人材の育成を行うプロジェクト「Chura☆I(チュラアイ)」のプレゼンテーション大会最終審査が28日夕、市役所会議室で行われ、一次審査を通過した6人が高校生独自の視点で石垣島の観光をプロモーションした。  上位4人には八重山高校の小川秀雄君(3年)、島尻紗和さん(同)、上野優祐君(同)、八重山特別支援学校の松山優輝君(同)が選ばれた。このうち3人が7月30日~...
本文を読む

455人、旅立ちの春 夢へ一歩 3高校で卒業式

八重山農林高校の第80回卒業式で、山城聡校長(右)から卒業証書を受け取る卒業生=1日午前、同校八重山農林高校の第80回卒業式で、山城聡校長(右)から卒業証書を受け取る卒業生=1日午前、同校
 県立高校の2017年度卒業式が1日、一斉に行われ、八重山高校、八重山農林高校、八重山商工高校(定時制含む)合わせて455人が学びやを巣立ち、新たな一歩を踏みだした。各校では後輩たちが花文字や壁画、舞踊などで卒業生の門出を祝福。また、保護者や在校生らが花道をつくって花束や記念品を贈り、一緒に記念撮影をする姿が見られた。  このうち八重山農林高校(山城聡校長)では、午前10時から体育館で第80...
本文を読む

八商工が最優秀賞

プレゼン部門で最優秀賞に輝いた八重山商工情報技術科の生徒ら=20日午後、豊見城市民体育館プレゼン部門で最優秀賞に輝いた八重山商工情報技術科の生徒ら=20日午後、豊見城市民体育館
八重高はロボコン優勝
IT津梁まつり
 【豊見城】県内最大級のIT体験イベント「IT津梁まつり2018」(県主催)の最終日が20日、豊見城市民体育館で行われ、8団体が出場した学生部門のプレゼンテーション大会で、八重山商工情報技術科が大学生らを抑え見事最優秀賞、自立型ロボットの国際ロボットコンテストミドル競技部門では八重山高校Cが優勝に輝いた。  八商工は「石垣島にプログラミングの風よ吹け!~2020年へ向け、専門科目で行う地域貢...
本文を読む

新村さん(八重高2年)優秀賞に輝く 全国青年弁論大会

第62回文部科学大臣杯全国青年弁論大会で優秀賞に輝き、受賞を報告した八重高2年の新村ひかりさん(右から2人目)=17日午前、市役所市長室第62回文部科学大臣杯全国青年弁論大会で優秀賞に輝き、受賞を報告した八重高2年の新村ひかりさん(右から2人目)=17日午前、市役所市長室
茨城県教育長賞も受賞
 12日に茨城県立県民文化センターで開かれた第62回文部科学大臣杯全国青年弁論大会(日本弁論連盟主催)の中高生の部で、県代表として出場した八重山高校2年の新村ひかりさん(17)が2位に当たる優秀賞と茨城県教育委員会教育長賞に輝き、17日午前、石垣市役所で中山義隆市長に受賞を報告。弁論を披露した。  新村さんは「見守る」の演題で、見守りの与える影響力の大きさや大切さを、物理学の量子論も絡めなが...
本文を読む

山口さんらが成果報告 国際協力の現場など視察

「おきなわ国際協力人材育成事業国際協力レポーター事業」での海外視察報告を行った山口晴菜さん、新城結唯さん、平得永弥君(左から)=27日午後、浦添市の国立劇場おきなわ小劇場「おきなわ国際協力人材育成事業国際協力レポーター事業」での海外視察報告を行った山口晴菜さん、新城結唯さん、平得永弥君(左から)=27日午後、浦添市の国立劇場おきなわ小劇場
海外派遣高校生
 【浦添】県の「おきなわ国際協力人材育成事業国際協力レポーター事業」の成果報告会が27日、浦添市の国立劇場おきなわで行われ、八重山高校の山口晴菜さん(3年)と新城結唯さん(同)、八重山農林高校の平得永弥君(同)など39人の高校生がスライドなどを使い、国際協力現場視察の成果を発表した。  山口さんは、モンゴルを訪問。新モンゴル中高一貫学校の学生たちと交流したほか、NPO法人ニンジンの障がい児療...
本文を読む

「自学自習ノート」配布 八重山高校

学校全体で勉強を頑張る空気をつくろうと真久田絹代校長(中央左)が直接手渡している自学自習ノートを手に、笑顔の八重高1年2組の生徒たち=25日午前、同校学校全体で勉強を頑張る空気をつくろうと真久田絹代校長(中央左)が直接手渡している自学自習ノートを手に、笑顔の八重高1年2組の生徒たち=25日午前、同校
真久田校長、前任校のノウハウ生かす
学習意欲引き出す
 学習意欲を引き出し、学校全体で勉強に向かう空気をつくろうと八重山高校の真久田絹代校長は7日から、希望者に「自学自習ノート」を直接手渡す取り組みを行っている。ノートはA4サイズの40㌻。真久田校長が前任校の浦添高校で行っていた実践を同校でも取り入れた。ノートは昨年10月に八重山興業㈱から同校に贈られた寄付金を活用している。  真久田校長によると、25日時点で全生徒705人中216人がノートを...
本文を読む

「石垣のこと学びたい」 交流へ盛岡の高校生来島

交流事業で1週間生活を共にする盛岡四高と八重高の生徒ら=14日午後、南ぬ島石垣空港交流事業で1週間生活を共にする盛岡四高と八重高の生徒ら=14日午後、南ぬ島石垣空港
 ことしで21回目を迎えた八重山高校との交流事業のため岩手県の盛岡第四高校の生徒10人が14日午後、南ぬ島石垣空港に到着。ホストとして受け入れる八重高生とその家族らが出迎えた。  盛岡第四高の生徒らは21日までの1週間、ホストファミリーと生活、八重高で授業を受けたり、離島ツアーで島の自然を満喫する。  歓迎セレモニーでは八重高の黒島直人教頭が「首を長くして待っていた。1週間楽しんで最高の...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム