八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「児童虐待」の検索結果は以下のとおりです。

2017年度児童虐待相談、過去最多39件

2017年度児童虐待相談件数2017年度児童虐待相談件数
前年度を9件上回る
心理的虐待が最も多く24件
 中央児童相談所八重山分室(平美千子分室長)が2017年度に対応した児童虐待相談件数が前年度比を9件(30%)上回る39件となり、2007年4月の分室設置以降、過去最多を更新したことが11日、県八重山福祉事務所のまとめで分かった。児童相談総件数は同比53件(30・3%)減の122件で過去2番目に低く、同所担当者は「児童相談に対する市民の理解は拡大しているが、児童虐待の相談や通告が急激に増えた因果...
本文を読む

児童虐待防止へ連携強化を 民生委員研修会

研修会に参加した八重山地区民生委員・児童委員たち=18日午後、市健康福祉センター視聴覚室研修会に参加した八重山地区民生委員・児童委員たち=18日午後、市健康福祉センター視聴覚室
比嘉准教授(沖国)が講演
 八重山地区民生委員・児童委員研修会(同協議会主催)が18日午後、石垣市健康福祉センターで開かれた。沖縄国際大学人間福祉学科の比嘉昌哉准教授が児童虐待をテーマに講演し、生後間もない子どもの虐待死の多発について▽医療機関と行政の連携強化▽妊婦に対する切れ目ない行政サービス▽思春期からの性に対する正確な情報提供―などの対策を挙げた。  3市町の委員70人余りが参加。  比嘉氏は、全国の児童相...
本文を読む

「注意1秒ほめ一生」〜長田クリニック院長が強調

講演する長田クリニック院長の長田清氏講演する長田クリニック院長の長田清氏
子どもの自尊心育もう
児童虐待防止講演会
 児童虐待防止講演会「思春期の子どもとは、解決志向でうまくいく!」(沖縄県主催)が19日午後、石垣市健康福祉センターで開かれた。NPO法人おきなわCAPセンター代表理事の長田清氏(長田クリニック院長)が講師を務め、「子どもは注意してもすぐ忘れるが、ほめられたことは一生忘れない。注意1秒ほめ一生の心構えが大切」と強調した。  長田氏は、日米の10代女性について日本では「自分はモデルみたいに細く...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム