八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「久宇良公民館」の検索結果は以下のとおりです。

小型バスの無償運行計画 久宇良公民館

久宇良公民館が地域活性化のため、マイクロバスの無償運行を計画していることが報告された=7日午後、石垣市健康福祉センター第1・2研修室久宇良公民館が地域活性化のため、マイクロバスの無償運行を計画していることが報告された=7日午後、石垣市健康福祉センター第1・2研修室
公共交通の空白解消へ
事業者は慎重姿勢
 公共交通空白地帯を解消し、北部地域の過疎化に歯止めを掛けようと久宇良公民館(吉田友厚館長)がマイクロバスによる旅客運送を計画している。運用開始時期は未定だが、公民館単独事業による収益で無償運行を行う方針。石垣市地域公共交通協議会(会長・漢那政弘副市長、委員35人)が7日午後、市健康福祉センターで開いた本年度第1回協議会で、同公民館の吉田館長が報告した。運行については、有償・無償で議論されたが、...
本文を読む

久宇良地区 苦難乗り越え入植60周年 地域発展に決意新た

砂川利勝県議の音頭に合わせ、集落の発展を願って乾杯する開拓者の手前右から石嶺真要さん、宮城勝さん、新垣シゲさん=29日午後、久宇良公民館広場砂川利勝県議の音頭に合わせ、集落の発展を願って乾杯する開拓者の手前右から石嶺真要さん、宮城勝さん、新垣シゲさん=29日午後、久宇良公民館広場
住民ら節目に感慨深げ 歴代館長らに感謝状
 1956年10月27日の入植から60周年の節目を迎えた石垣市久宇良地区で29日、同公民館(村山雅庸館長)主催の記念式典・祝賀会があった。当時、53世帯254人が入植したが、台風や干ばつなどの影響で離農者が相次ぐなどして8世帯まで減少したものの、約10年前から本土からの移住者が加わり、13世帯26人に回復。サバニツアー、星空ツアーが行われ、現在は民泊の動きもあるなど活性化の兆しをみせており、住民...
本文を読む

久宇良公民館の修繕完了 市の補助金300万活用

修繕後の公民館。新築同様に生まれ変わった(上)=2月12日午後、久宇良地区
修繕前の公民館。老朽化が著しかった(下)=2015年5月10日午後、久宇良地区修繕後の公民館。新築同様に生まれ変わった(上)=2月12日午後、久宇良地区 修繕前の公民館。老朽化が著しかった(下)=2015年5月10日午後、久宇良地区
10月に入植60周年記念式典
 老朽化が著しく、地域の活動拠点として機能していなかった久宇良公民館はこのほど、石垣市の補助金300万円を受けて修繕され、新築のような施設に生まれ変わった。久宇良地区は10月27日、1956年の入植から60年の節目を迎える。記念式典は同月下旬に行うことになっており、住民は「これで安心して入植記念日を迎えられる」と喜んでいる。  旧公民館は鉄筋コンクリートブロック造りで1972年の復帰以前に建...
本文を読む

「国立公園編入撤回を」 久宇良公民館

国立公園区域への編入に反発する住民ら=20日夜、久宇良公民館国立公園区域への編入に反発する住民ら=20日夜、久宇良公民館
住民ら「地域の死活問題」
市の対応が焦点
 サガリバナ群落が自生する石垣市久宇良地区の嘉良川流域28㌶を規制の厳しい第1種特別地域として西表石垣国立公園に編入する環境省案に、久宇良公民館(村山雅庸館長)が「ゴルフ場開発の可能性がなくなる」として反対している問題は、石垣市の対応が焦点となっている。同省によると、住民説明会を開催して市の同意を得るなど法令に基づく手続きを経て、案を作成したため、市から同意撤回の申し出がない限り、案の変更は困難...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム