八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「世界自然遺産登録」の検索結果は以下のとおりです。

フォーラム 自然と共生、地域づくり確認

西表島の世界自然遺産登録への課題や展望を共有する登壇者ら=12日夜、中野わいわいホール西表島の世界自然遺産登録への課題や展望を共有する登壇者ら=12日夜、中野わいわいホール
西表島の世界自然遺産登録
有識者らが対策討議
 【西表】ことし夏に控える西表島を含む「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録に向けて、沖縄県のフォーラム「西表島らしい世界自然遺産のあり方」が12日夜、中野わいわいホールで開催された。有識者や地元自然保護・観光団体の代表者ら8人が自然保全対策などを討議。島独自の自然価値や課題を知ることがスタートラインとなり、自然と人間が共生できる地域づくりにつながることを確認した。  ...
本文を読む

ガイド届け出制を検討 竹富町議会一般質問

世界自然遺産登録に向け整備
三盛、渡久山、上盛、仲里の4氏が登壇
 竹富町は約半年後に迫った西表島の世界自然遺産登録に向けて、町内の観光ガイド事業者らに届け出を義務付ける「竹富町観光案内人条例(仮称)」の制定作業を進めている。政策推進課によると、西表島内の観光関連業者数は86業者。あくまで簡易調査に基づく数字として、条例制定での実態把握とともに自然環境の適正利用につなげたい考えだ。来年3月の制定を目指す。14日の12月定例竹富町議会(新博文議長)一般質問で三盛...
本文を読む

自然遺産登録へ手応え

来年夏の世界自然遺産登録を目指す推薦候補地のIUCNの現地調査終了を報告する関係者ら=20日午後、石垣市の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター来年夏の世界自然遺産登録を目指す推薦候補地のIUCNの現地調査終了を報告する関係者ら=20日午後、石垣市の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
IUCN調査終え関係機関
観光利用ルール策定課題
 政府が2018年夏の世界自然遺産登録を目指す西表島などの推薦候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の国際自然保護連合(IUCN)による現地調査が20日、終了した。環境省と林野庁などは同日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで記者会見し、林野庁九州森林管理局の林視(のぞむ)部長は「国有林の価値や保護管理の取り組みに対して一定の理解を得られたと考えている」と手応えを示した。今回の...
本文を読む

IUCN、西表を調査

マングローブの原生林に覆われた後良川上流をカヌーで上り視察を行う調査団=18日午前、西表島マングローブの原生林に覆われた後良川上流をカヌーで上り視察を行う調査団=18日午前、西表島
自然遺産登録向け
後良流域を観察
 【西表】「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島県、沖縄県)の世界自然遺産登録に向け現地調査を行っている国際自然保護連合(IUCN)の専門家2人は18日、自然遺産推薦地の竹富町西表島を調査した。2人は、島東部の古見集落北側にある後良(しいら)川をカヌーで上流に上り、マングローブの原生林やそこに生息する生物を観察した。19日は、地元の観光業や自然保護団体らと意見交換会を予定している。調...
本文を読む

西表島の世界自然遺産登録 合意形成を呼び掛け

2018年夏の西表島の世界自然遺産登録に向けて、竹富町は初の地元説明会を開催=7日夜、祖納公民館2018年夏の西表島の世界自然遺産登録に向けて、竹富町は初の地元説明会を開催=7日夜、祖納公民館
初めての地元説明会 登録後の明暗を不安視
 【西表】竹富町は7日、2018年夏の西表島の世界自然遺産登録に向けて、地域住民との合意形成を目的に初めての地元説明会を開催した。町政策推進課の通事太一郎課長が住民20人を前に「登録を契機に、改めて島の自然環境の保全と利用の仕組みを築く機会、島の将来を考え直す機会としたい」と協力を呼び掛けた。町は31日までに順次、島内の全14公民館で説明会を開く予定。  ことし秋には登録可否につながる国際自...
本文を読む

西表島の外来種対策を WG会合

世界自然遺産登録に向けた取り組みで、西表島を含む各候補地の管理計画案などについて意見を交わした科学委員会琉球ワーキンググループの会合=2日午後、中野わいわいホール世界自然遺産登録に向けた取り組みで、西表島を含む各候補地の管理計画案などについて意見を交わした科学委員会琉球ワーキンググループの会合=2日午後、中野わいわいホール
世界遺産登録に向けて 環境省に助言
 【西表】国が目指している世界自然遺産登録に向けた取り組みで、西表島を含む各候補地の管理計画案などに助言を行う科学委員会の琉球ワーキンググループ(WG)会合が2日午後、中野わいわいホールで開かれた。竹富町で初めて開かれ、大学教授らで構成する委員8人が意見を交わした。委員たちは、外来種対策や各候補地で実施するモニタリングの手法を同案の中で具体化するよう環境省に求めた。  世界自然遺産登録に関し...
本文を読む

7月に動植物の名簿作成 竹富町

特定希少野生動植物の選定基準などについて意見を交わした第3回竹富町自然保護審議会=24日午後、大浜信泉記念館特定希少野生動植物の選定基準などについて意見を交わした第3回竹富町自然保護審議会=24日午後、大浜信泉記念館
7月に動植物の名簿作成
 世界自然遺産登録に向けて、竹富町の野生動植物の保護規制を強化する町自然環境保護条例の改正について話し合っている町自然保護審議会(会長・横田昌嗣琉球大学理学部教授、委員15人)の第3回審議会が24日午後、大浜信泉記念館多目的ホールで開かれ、特定希少野生動植物や指定外来生物の選定基準などについて意見を交わした。審議会では7月上旬ごろまでに選定種のリストと条例改正案をまとめることにしており、町は7月...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム